北海道「くしろ水族館ぷくぷく」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「くしろ水族館ぷくぷくの見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層くしろ水族館ぷくぷくを楽しむことができるはず。

Sponsored

「くしろ水族館ぷくぷく」の見どころ

北海道釧路郡にある「くしろ水族館ぷくぷく」複合施設「釧之助(せんのすけ)」にあります。

入場料金は大人800円と水族館としては安めです。その分規模もコンパクトな施設です。

くしろ水族館ぷくぷくは複合施設の中にあるので、そちらも一緒に楽しむのがオススメです。

デートで施設全体を楽しむのもいいですね。

Sponsored

見どころ①「旨い!が集まってる」

最初の見どころは「旨いが集まった施設」です。

「くしろ水族館ぷくぷく」は複合施設「釧之助」の中に作られた水族館です。

釧之助には水族館だけでなく「食べて楽しめるお食事コーナー」があります。

  • 海鮮バーベキュー 大漁丸
  • くしろ港町 釧ちゃん食堂
  • 揚げ天コーナー
  • お寿司コーナー

美味しい魚介類を楽しめます。詳しいメニューなどは後半で紹介してます。

さらに買って楽しめる「大規模な販売コーナー」も併設されています。

新鮮なイクラ、タラコ、低温熟成されたサバ・イカの塩辛など、様々な水産物を買ってお家で堪能することができます。

水族館だけでなく、こういった施設も同時に楽しみたいです。

Sponsored

見どころ②「変わった形の水槽」

続いての見どころは「変わった形の水槽」です。

一風変わった形の水槽が多く展示されています。生物展示というよりも奇抜な水槽で楽しんでもらうというイメージです。多くの人がイメージする水族館というよりもアートアクアリウムのような施設です。

注目は「巨大な円柱水槽」館内最大の水槽で、施設の2階を貫いた非常に大きな水槽です。

ナポレオンフィッシュや大きなサメを楽しむことができます。

他にもフウセンウオ、チンアナゴやマイワシなどの魚が出迎えてくれます。北国の魚ばかりではなく南国の魚もいます。

ショップ・レストランの見どころ

くしろ水族館ぷくぷくにはショップ・レストランはありません。

ですが水族館がある「釧之助」には食事コーナー・販売コーナーがあります。

  • 海鮮バーベキュー 大漁丸
  • くしろ港町 釧ちゃん食堂
  • 販売コーナー

海鮮バーベキュー 大漁丸

全天候型のバーベキューコーナーです。魚だけでなくお肉や野菜も楽しめます。

  • カキのガンガン焼き
  • ジンギスカン食べ放題
  • 焼肉ランチ など

くしろ港町 釧ちゃん食堂

毎日市場から仕入れる新鮮な魚介類が魅力の食堂です。

  • 特上海鮮丼
  • 焼き釧サバ定食
  • あんかけ焼きそば など

販売コーナー

フロアのいたるところに様々な魚介類が所狭しと並んでいます。

「揚げ天コーナー」や「お寿司コーナー」も併設されており、その場で楽しむこともできます。

代表的な販売商品はこちらです。

  • イクラ醤油漬け
  • 釧之助のタラコ
  • いか塩辛釧路港
  • 釧鯖低温熟成 など

地方発送コーナーも完備されています。

細かい情報たち

くしろ水族館ぷくぷくの細かい情報もこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場があります。店舗前に50台、第2駐車場に150台の収容できます。

授乳室はある?

確認中です。

コインロッカーはある?

確認中です。

ベビーカーのレンタルはしている?

確認中です。

車イスのレンタルはしている?

確認中です。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました