美味しい深海魚20選:知らないうちに食べている?

深海生物まとめ
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は「美味しい深海魚が知りたい!」
というあなたに、美味しい深海魚を
厳選して紹介していきます。

深海魚は気持ち悪いイメージもありますが
実は非常に美味しい種類がたくさんいます。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

美味しい深海魚①「オニヒゲ」

和名:オニヒゲ
分類:脊索動物門タラ目ソコダラ科
大きさ:約 60 cm
生息水深:約 260〜930 m

まず紹介するのは「オニヒゲ」
仲間である「トウジン」は
沼津などで食べられており結構人気。

見た目は少し気持ち悪いかもしれませんが
捌いてしまえば綺麗な白身で最高。
肝も美味しいので捨てないように!

なかなか手に入りませんが
一度食べて欲しい深海魚です。

すり身の原料に使われることがあるので
もしかしたら既に食べているかも?

岩手県や宮城県の遠洋漁業で水揚げされ
漁港とかで安く売っている可能性も。

スポンサーリンク

美味しい深海魚②「イバラヒゲ」

和名:イバラヒゲ
分類:脊索動物門タラ目ソコダラ科
大きさ:約 60 cm
生息水深:約 300〜3,700 m

続いて紹介するのは「イバラヒゲ」
見た目からも分かる通りオニヒゲの仲間です。

オニヒゲよりも深いところに住んでいるので
「イバラヒゲ」の方がレアかもしれません。

深海魚釣りで割と釣れる魚ですが
市場で見かけることはほぼ無いので
自分で釣るのが近道だと思います…。笑

相模湾で釣れるそうです。
大変ですが頑張ってください!

スポンサーリンク

美味しい深海魚③「アオメエソ」

和名:アオメエソ
分類:脊索動物門ヒメ目アオメエソ科
生息水深:約 200〜600 m

続いて紹介するのは「アオメエソ」
「メヒカリ」という名前で流通する魚で
脂が乗って美味しいです。

後々紹介するマルアオメエソとは
見た目が非常に似ており
区別するのは難しいです。

ただ、生息域がアオメエソは日本の南
マルアオメエソは北よりなので
獲れた場所によって大まかに区別できます。

新鮮なものは刺身でいけます。
他には天ぷらか唐揚げにしても最高の魚!

美味しい深海魚④「マルアオメエソ」

和名:マルアオメエソ
分類:脊索動物門ヒメ目アオメエソ科
大きさ:約60cm
生息水深:100〜300 m

続いて紹介するのは「マルアオメエソ」
こちらも「メヒカリ」の名で流通しています。

先ほど紹介したアオメエソと
見た目はほぼ同じですが、マルアオメエソは
福島県や宮崎県沖での漁獲が盛んです。

特に福島県のいわき市では市の魚に選ばれており
様々な加工品が名物となっています。

深海魚なので鮮度落ちが早いですが
可能であるなら刺身で食べたいところ!

美味しい深海魚⑤「ヒウチダイ」

和名:ヒウチダイ
分類:脊索動物門キンメダイ目ヒウチダイ科
大きさ:約 20 cm
生息水深:約 350〜950 m

続いて紹介するのは「ヒウチダイ」
種類的に言うとキンメダイに近く
めちゃくちゃ美味しい魚です。

茨城県より南の地域の太平洋に分布しており
底曳き網漁などで捕獲されますが
大量に獲れるような魚ではありません。

昔は産地でもあまり知られていませんでしたが
美味しすぎて少しずつ知名度が上がっています。
見かけたらぜひ食べたい魚です!

脂が乗っているので、煮物にするのもOK
刺身でそのまま食べるのもOKです。

美味しい深海魚⑥「ノロゲンゲ」

名前:ノロゲンゲ
分類:脊索動物門スズキ目ゲンゲ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:200〜1800 m

続いて紹介するのは「ノロゲンゲ」
日本海側で結構食べられています。

かつては甘エビ漁に混ざる利用価値の無い魚
「下の下(ゲンゲ)」と揶揄されていました。

それが今では「幻魚(ゲンゲ)」となったほど。
鮮度落ちが早いので新鮮なものを食べたいですね。

コラーゲンを多く含んでいるので
機能性の面でも注目されています。
日本海側で見かけたらご賞味ください!

美味しい深海魚⑦「エゾイソアイナメ(ドンコ)」

名前:エゾイソアイナメ
分類:脊索動物門タラ目チゴダラ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:10〜300 m

続いて紹介するのは「エゾイソアイナメ」
三陸中心に水揚げされるこの魚。
和名よりも「ドンコ」という名前のほうが
聞き馴染みがあるかもしれません。

見た目が少し深海魚っぽいですが
結構普通に食べられています。

宮城県などでは普通にスーパーで見かける魚。
この魚は肝が大切です!
煮付けで肝と一緒に食べるのが旨い。

旬は秋から冬なので
その時期に三陸に行けば食べられます。

美味しい深海魚⑧「バケムツ」

和名:バケムツ
分類:脊索動物門スズキ目ホタルジャコ科
大きさ:約 35 cm
生息水深:約 100〜500 m

続いて紹介するのは「バケムツ」
ほとんど獲れないので知られていませんが
とても美味しく、ムツとして流通することも。

見た目がクロムツと似ている「バケムツ」
味もムツと同じぐらい良い魚ですが
滅多に獲れないですし、流通もしません。

そして生態についても
ほとんど分かっていない状態です。

身の中に脂がたっぷりで、煮物にすると最高。
刺身にしても非常に美味しい魚です。

美味しい深海魚⑨「ツボダイ」

和名:ツボダイ
分類:脊索動物門スズキ目カワビシャ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:約 100〜950 m

続いて紹介するのは「ツボダイ」
近縁種の「クサカリツボダイ」と並んで
「ツボダイ」として流通することがあります。

まず鮮魚で見かけることはありません。
もし見つけられたらとてもレアです。
すぐに購入することをオススメします。

しっかり旨味のある身を持っており
煮物にしても刺身にしても、塩焼きにしても
どうやっても美味しい魚です。

「クサカリツボダイ」も
とても美味しい深海魚です。
見つけたら即買い必須。

美味しい深海魚⑩「ソコアマダイ」

和名:ソコアマダイ
分類:脊索動物門スズキ目アカタチ科
大きさ:約 50 cm
生息水深:約 200 m以下

続いて紹介するのは「ソコアマダイ」
アマダイの仲間ではありませんが
美味しい深海魚です。

駿河湾や土佐湾などの底引き網漁で
稀に捕獲される魚で、あまり流通しません。
しかし、産地では味の良さが知られています。

少し水分が多めですが
しっかりと旨味があるので
煮付けや汁物に利用するのがオススメ!

皮に甘みがあって美味しいので
皮目を取らないように気をつけましょう。

顔が似ている「ソコアマダイモドキ」
も非常に美味しい深海魚です!

美味しい深海魚11「ナガタチカマス」

【過去最高希少種】10年に1度の幻の魚がきまぐれクックに届いた

和名:ナガタチカマス
分類:脊索動物門スズキ目クロタチカマス科
大きさ:約 1 m
生息水深:約 400 m以深

続いて紹介するのは「ナガタチカマス」
サバの仲間ですが、見た目は全く
サバではありません。しかし美味い!

クロタチカマス科の魚は昼間は深海で過ごし
夜になると餌を求めて表層に上がってきます。
歯が非常に鋭いので扱いに注意。

また、身の中にも固めの骨が伸びており
食べる際にはこちらも注意。これらをしっかり
処理することで安心して食べられます。

味はクセのない白身で脂もあります。
煮付けでも、塩焼きでも、刺身でもGOOD。

同じクロタチカマス科の「クロタチカマス」
「クロシビカマス」は神奈川県で「すみやき」
という名前で親しまれており、とても美味!

美味しい深海魚12「ユメタチモドキ」

和名:ユメタチモドキ
分類:脊索動物門スズキ目タチウオ科
大きさ:約 2 m
生息水深:約 200 m

続いて紹介するのは「ユメタチモドキ」
よくスーパーなどに並んでいる「タチウオ」
とは近縁ですが、味はそれ以上。

顔はタチウオと結構違います。
ユメタチモドキの方がいかつい顔です。

ユメタチモドキの生態はほぼ分かっておらず
生息地もはっきりとしていません

たまに長崎や千葉県などで水揚げされます。

小骨が多く、少し食べずらいですが味は絶品。
体全体に脂があり、甘みが感じられます。
見つけたらぜひ食べて欲しい魚!

美味しい深海魚13「ヒシダイ」

和名:ヒシダイ
分類:脊索動物門スズキ目ヒシダイ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:約 40〜900 m

続いて紹介するのは「ヒシダイ」
地球上の広い場所に分布していますが
まとまって獲れるような魚ではないです。

ヒシダイは底引き網漁や釣りなどで
ポツポツと獲れる程度のマイナーな魚。

薄くて身がほとんどないため
普通の人は食べようと思わないはず
ですが、味は最高です。

そのまま塩焼きにするのもいいですし
少ない身をさばいて刺身にするのもよし!

美味しい深海魚14「マジェランアイナメ(メロ)」

名前:マジェランアイナメ
分類:脊索動物門スズキ目ノトテニア科
大きさ:約1m
生息水深:水深 約200〜400m

続いては「マジェランアイナメ」
「なんだよこの魚。」という方が
多いかもしれませんが知っている人もいるかも。

実はかつての「銀ムツ」
銀ムツという名前は現在は使えないため
最近は「メロ」という名前で親しまれています。

この魚は脂が乗りまくってて身が甘いです。
個人的に大好きな魚です。
ちょっと高いですがよく食べます。

南半球で取れる深海魚なので魚屋に行けばあるかも?
最近は通販でも買えるのでトライしてみて下さい!

美味しい深海魚15「メルルーサ」

名前:メルルーサ
分類:脊索動物門タラ目メルルーサ科
大きさ:約1m
生息水深:水深 約50〜800m

続いては「メルルーサ」これはいくつかの
同じ仲間の魚を総称した呼び名なんですが
これまた変な名前の魚ですね。

ですが恐らく
ほとんどの人が食べたことがあります…
その理由は「白身魚」として流通しているから。

マダラも白身魚として多く利用されますが
こういった変な名前の魚も
私たちは知らない間に食べています。

ご存知の通り(?)
クセもなく使い勝手のいい深海魚です。

ちなみに こちらがメルルーサの仲間「ホキ」
こいつも恐らく、皆さん食べてます。

有名な美味しい深海魚①「マダラ」

【奇跡】市場のはしっこに売ってたkg300円の激安マダラ。エサを食べてぱんぱんに膨れ上がってると思ったお腹の中からまさかの!!!

名前:マダラ
分類:脊索動物門タラ目タラ科
大きさ:約1.2m
生息水深:水深 約150〜1280m

ここからは皆さんが普段から
よく食べている深海生物の紹介。
まずは「マダラ」です。

本体よりも白子に高値がつきます。
深海魚なので鮮度落ちがはやいんですが
実は刺身で食うと美味いんです。

なかなか刺身用で流通はしませんが
機会があれば刺身でいきましょう…。

ちなみに、たらこは「マダラ」ではなく
「スケトウダラ」の卵です。

有名な美味しい深海魚②「ホタルイカ」

名前:ホタルイカ
分類:軟体動物門ツツイカ目ホタルイカモドキ科
大きさ:約5cm
生息水深:水深 約30〜600m

「ホタルイカ」も深海生物。
普段は深海に住んでおり
産卵の時期になると浅瀬にやってきます。

富山県の名産ですね。旬は春です。
富山湾は急斜面になっており
近場で深海魚が獲れる良い漁場です!

有名な美味しい深海魚③「キンメダイ」

【深海のルビー】深海500メートルから高級食材がめちゃ釣れた!!

名前:キンメダイ
分類:脊索動物門キンメダイ目キンメダイ科
大きさ:約60m
生息水深:水深 約100〜800m

「キンメダイ」も立派な深海魚。
目が大きいのは暗い場所に住んでいるから。
立派な深海魚的特徴を持っています。

「キンメダイ」がおいしいのは
もう誰でも知ってますよね。
国産のものは高級品です。

刺身でも、煮付けでも、しゃぶしゃぶでも
どうやったって美味い魚です。

有名な美味しい深海魚④「キアンコウ」

名前: キアンコウ
分類:脊索動物門アンコウ目アンコウ科
大きさ:約1.5m
生息水深:水深 約25〜560m

皆さんご存知の「アンコウ」も深海魚です。
一般的に「アンコウ」と呼ばれるのは「キアンコウ」
身がプルプルしてて美味しいですよね。

身はあんこう鍋、肝はあん肝ポン酢
これでいくらでも酒が飲めます。

最近は肝が大人気で
旬の冬の時期は需要が足りないため
アメリカや中国から輸入もされています

美味しいけど流通禁止の深海魚「バラムツ 」

【無修正】流通禁止の違法深海魚がついに俺の手に。さばいていく。ほんとのさばき方はこれ。Deep-sea fish of poison

名前:バラムツ
分類:脊索動物門スズキ目クロタチカマス科
大きさ:約2m
生息水深:水深 約400〜850m

最後は美味しいですが流通が禁止されている
「バラムツ」です。
載せるか迷いましたが美味い…。

人が消化できないワックスエステルという脂を
体に蓄えている深海魚で、「アブラソコムツ」と
ともに市場流通は禁止されています。

そのため、食べたければ釣るしかありません。
めっちゃうまいんです。この深海魚。
僕も食べたことがありますがほとんど大トロ。

食べすぎるとワックスエステルが消化されず
そのまま出て来るので、食べ過ぎた翌日は
オムツを履いて過ごさないといけません…。

僕は2切れだったので大丈夫でした。
食べる場合は自己責任です!

美味しい深海魚に出会えるオススメの水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
美味しい深海魚に出会える水族館もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることができます。
メニューも豊富なのでぜひ!

もっと深海魚を知りたい人にオススメの記事

今回は「美味しい?深海魚」というテーマで
深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従