福島「アクアマリンふくしま」の見どころを詳しく解説

・東北
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「アクアマリンふくしまの見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
アクアマリンふくしまを楽しむことができるはず。

スポンサーリンク

「アクアマリンふくしま」の見どころ

福島県いわき市にある「アクアマリンふくしま」
人と地球の未来を考えている「環境水族館」です。

入場料金は大人1800円と水族館らしい値段。
その分規模も大きく、しっかり楽しめる施設です。
展示も非常に凝っています。

アクアマリンふくしまの魅力は
生き物の生態を展示しており
「ショーがないこと」です。

落ち着いた雰囲気で
生き物の自然の姿を楽しむことができます。
デートスポットとしてもオススメです。

スポンサーリンク

見どころ①「環境水族館としての展示」

最初の見どころは「環境水族館としての展示」
「アクアマリンふくしま」は環境水族館として
環境学習のシステム作りに力を注いでいます。

「海を通して『人と地球の未来』を考える」
ということを大切にしており
この姿勢は様々な展示から感じ取れます。

「ワクワク里山・縄文の里」や
「アクアマリンえっぐ」がその例です。

「ワクワク里山・縄文の里」では
日本人が自然とどう向き合ってきたのか
その世界観を示しています。

「アクアマリンえっぐ」には釣り場があり
釣った魚はその場で食べることができます。

命の大切さや生物多様性について
様々な実体験を通して学べる場所です。

こういった展示を通して
アクアマリンふくしまが伝えようとしていることを
感じながら楽しんでみてください。

スポンサーリンク

見どころ②「潮目の海とお寿司」

続いての見どころは「潮目の海とお寿司」
水族館でお寿司が楽しめます。

アクアマリンふくしまで有名なのが
「潮目の海」の水槽です。

暖流と寒流がぶつかりあう潮目を
三角形のアクリルトンネルを挟んで
右に黒潮水槽、左に親潮水槽を
配置することで再現しています。

黒潮の海の方では
私たちにおなじみ魚である「カツオ」や
「マイワシ」の群れを楽しむことができます。

親潮の海ではホヤが養殖の様子など
三陸の海が再現されており
実は非常に珍しい「サンマ」も展示されてます。

サンマは庶民の魚ですが
水族館で展示されるのは結構珍しいです。

また、「潮目の海」の水槽の前では
お寿司を楽しむことができます。

命をいただくことを意識することで
自然環境と人とのつながりを
感じることができます。

見どころ③「魚を釣って、食べられる」

続いての見どころは「魚を釣って、食べられること」
自分で釣って食べる魚ほど美味しいものは無いです。

体験型施設である「アクアマリンえっぐ」では
ユニークな形の水槽が並んでいます。

また、ここには釣り場が用意されており
その場で魚釣りをすることができます。

さらにその釣った魚を調理して
食べることもできます。

これは、命をいただくということを実感できる
「命の教育」プログラムの一つです。

釣りが初めての人でも
安心して釣りを楽しむことができるよう
しっかりと工夫されています。

屋内では生物の生存戦略が学べたり
陸の生物も一緒に観察できたり
様々な楽しみが詰め込まれています。

ショップ・レストランの見どころ

アクアマリンふくしまには
レストランが2つ、ショップが3つあります。
とても充実しています。

  • アクアマリンショップ「JOHMONじょうもん」
  • ミュージアムショップ「uminosウミノス」
  • ミュージアムショップ「GOMBESSAゴンベッサ」
  • おいしい水族館「アクアクロス」
  • 寿司処「潮目の海」

アクアマリンショップ「JOHMONじょうもん」

2015年にオープンした新しいショップです。
アクアマリンふくしまに入館しなくても利用可能。
このショップ限定のグッズもあります。

ミュージアムショップ「uminosウミノス」

「アクアマリンふくしま」という愛称は
公募で選ばれたものです。その時の優秀賞が
『UMINOS(ウミノス)』です。

家族向けのカラフルなグッズが多いです。

ミュージアムショップ「GOMBESSAゴンベッサ」

シーラカンスの世界コーナーの中にあるショップ。
ショップ名は、シーラカンスのアフリカでの呼び名
に由来します。シーラカンスグッズが揃っています。

おいしい水族館「アクアクロス」

小名浜の海が一望できるレストランです。
魚介類を中心としたメニューが豊富。

  • さんまポーポー焼き
  • カラマリカレー
  • 海の幸(クジラフライ)フライ
  • ベニズワイガニドリア など

サイドメニューもたくさんあります。

寿司処「潮目の海」

「潮目の大水槽」前に寿司処「潮目の海」
があります。水槽を優雅に泳ぐ魚たちを眺めながら
お寿司を堪能できます。

環境水族館ということで、資源量の安定した
「ねた」を中心として提供しています。

  • 潮目の寿司(マグロ、ヒラメ、イカなど)
  • なみのり寿司(イクラ、シラス、小どんぶり)
  • 海竜丸(近海磯)(カニ、タイの炙り、ウニ)
  • 地球一号(鮪づくし)(キハダ、ビンチョウなど)
  • お子様寿司(蒸しエビ、サーモン、玉子など)

※ねたは仕入れ状況により変動します。

細かい情報たち

アクアマリンふくしまの細かい情報も
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場(1500台)があります。
周辺施設と共用の駐車場です。

授乳室はある?

授乳室は館内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーは館内に2ヶ所あります。
100円必要ですが、返金されます。

ベビーカーのレンタルはしている?

無料で行っています。

車イスのレンタルはしている?

無料で行っています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従