「オオグチボヤ」:口を開けてエサを待つ深海生物を解説!

深海生物図鑑

今回は、口を開けてエサを待っている
「オオグチボヤ」について
詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海生物「オオグチボヤ」とは?

「オオグチボヤ」はホヤの仲間
オオグチボヤ科に属する深海生物の一種です。
プロフィールはこんな感じ。

名前:オオグチボヤ
分類:節足動物門マメボヤ目オオグチボヤ科
大きさ:約 15〜25 cm
生息水深:300〜1,000 m

オオグチボヤは口を大きく開けたような
見た目が特徴で非常に可愛い生き物。
深海生物好きには人気のあるホヤの仲間です!

どこに住んでいる?

オオグチボヤは世界中の深海に住んでおり
富山県では巨大なコロニーが
発見・報告されています。

もしかしたら他にもまだ見つかっていない
オオグチボヤの群体が、どこかに
生息しているかもしれません…。

生息水深は約300〜1,000 mで
深海の中では浅いところに住んでいます。

しかし、同じオオグチボヤ科の仲間には
約8,000mもの深海に住んでいるものもいます!

どんな生態をしている?

オオグチボヤは大きな口(入水孔)を開け
プランクトンや小型の甲殻類を
食べながら生活しています。

しっかりと海流の動きと逆になって
たくさんのエサを食べられるように
自分の口の部分の向きを操作します。

刺激を受けると口の部分を閉じて
小さく、丸くなるような仕草を見せます!

砂に刺さっているように見えることもありますが
海底にある岩などの固体にくっついています。

オオグチボヤの特徴

オオグチボヤの特徴は以下の通りです。
やっぱり見た目が大きな特徴です!

  • 口を開けたような見た目
  • オレンジ色した「ホヤ」の仲間
  • 幼生はオタマジャクシ?

まずは「口を開けたような見た目」です。
これがオオグチボヤの一番の特徴。
この見た目で人気が出ていると言えます!

続いて「オレンジ色のホヤ」の仲間。
マボヤというオオグチボヤの仲間は
東北地方でよく食べられている水産物。

オオグチボヤとは全く見た目が違いますが
彼らは同じ仲間です。機会があれば
マボヤをぜひ食べてみてください!

最後は「小さい頃はオタマジャクシ」のような
見た目をしているという特徴です。
(写真はオタマボヤというホヤ)

ホヤの仲間の幼生は「オタマジャクシ幼生」
と呼ばれ、泳ぎ回ることができます。
成長すると見た目が大きく変わるのはとても不思議。

スポンサーリンク

「オオグチボヤ」は食べると美味しい?

出典:JAMSTEC

結論から言うと「オオグチボヤ」
味は未だ謎のままです!食べてみた、という
報告がないので味は分かりません…。

仲間であるマボヤは酒のつまみとして
親しまれていますが、オオグチボヤは
水分が多くて美味しくなさそうです…。

まず基本的に水揚げされることがないので
オオグチボヤを食べてみるチャンスは
なかなかないと思います。笑

じゃあ逆に美味しい深海生物っているの?
と気になる方は以下の記事をご覧ください!

スポンサーリンク

オオグチボヤに会える水族館は?

オオグチボヤの生息水深は
約300〜1,000mとかなり深いです。

そのため、水族館で飼育することはかなり困難。
水族館で観られるのはとても珍しいことですが
展示された実績のある水族館があります。

最近展示されたのは「魚津水族館」と
アクアマリンふくしま」です。

特にアクアマリンふくしまの個体は
非常に綺麗でオススメ!
ただ、深海生物は
飼育が難しいので観れない可能性も高いです。

技術が進歩して、オオグチボヤが常に
水族館で観れるようになることを願いましょう。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海生物「オオグチボヤ」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従