キホウボウ:海底を歩く?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、海底をちょこちょこと歩く可愛い深海魚「キホウボウ」について、詳しく解説していきます。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「キホウボウ」とは?

「キホウボウ」はホウボウの仲間で、キホウボウ科に属する深海魚の一種です。

和名:キホウボウ
分類:節足動物門カサゴ目キホウボウ科
大きさ:約 10 cm
生息水深:110〜500 m

食用にも利用される「ホウボウ」と近縁種であるキホウボウ。どちらも海底を歩き回ってエサを探しています。

キホウボウの方が体が小さくてスリムな分、可愛らしい見た目をしています!

どこに住んでいる?

キホウボウは日本周辺に広く分布しており、中国や朝鮮半島の沿岸でも確認されています。

駿河湾や熊野灘、土佐湾などの底引き網漁で混ざって獲れることがありますが、殻が固く身も少ないためほぼ利用されません…。

生息水深は約110〜500mほどなので、割と浅いところにも移動してくる深海魚です。

どんな生態をしている?

キホウボウは一生のほとんどを海底近くで生活し、産卵を行います。もちろん泳げますが、泳ぐことは少ないです。

なんだこいつ?!歩く魚-深海のキホウボウ【葛西臨海水族園】

歩くのに利用しているのはヒレが発達したものです。先っちょに味を感じ取る器官(味蕾)があるため、エサを探す能力はとても優れています!

これを利用してエサを探し、海底にいる小エビや多毛類を見つけることで生きていく、という戦略の魚です。

キホウボウの特徴

キホウボウの持つ特徴は以下の通りです。歩くのにも利用する「ヒレ」が大きな特徴です。

  • エサを探せるヒレ
  • 口の周りに伸びた2つの突起
  • 硬くてトゲのある体

まずは「エサを探せるヒレ」です。

先述した通り、キホウボウはヒレの一部でエサを探すことができます。そして、海底を歩き回ることもできます。一石二鳥のこのヒレは、キホウボウになくてはならないものです!

続いては「口の周りの2つの突起」です。キホウボウ科にはたくさんの種類がいますが、この突起で種類を判別できます。

最後は「硬くてトゲのある体」です。キホウボウの体は非常に硬くてトゲもあります。そのため、食用などに利用するには結構手間がかかります。怪我をしてしまうこともしばしば…。

Sponsored

「キホウボウ」は食べると美味しい?

結論から言うと「キホウボウ」はかなり美味しいことが知られています!

キホウボウの身は旨味がありますが、クセは少なくて食べやすいです。

しかし、身の少なさと体の硬さから流通することはほぼありません。さばくのも結構大変です。

ただ、機会があればぜひ食べていただきたい魚の一種なので、ぜひ覚えておいてください。

詳しい味について知りたい人は以下の記事をどうぞ!

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
Sponsored

キホウボウに会える水族館は?

キホウボウは浅いところにも上がってくるので、水族館でも比較的簡単に出会うことができる深海魚です!

以下の水族館で展示実績があります。

ですが、深海生物の飼育にはまだまだ問題が山積みなので、長期飼育は簡単ではありません。

常に観られるというわけではないということをご了承ください…。

確実にお目当ての深海魚に出会いたい場合は、事前に水族館に連絡を取ることをオススメします!

とにかく生きた深海魚を観てみたい、という方はぜひこちらの記事もご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「キホウボウ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだユニークな深海魚がたくさんいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました