神奈川「新江ノ島水族館」の見どころは「深海・クラゲ・シラス?」

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「新江ノ島水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層新江ノ島水族館を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「新江ノ島水族館」の基本情報

神奈川県藤沢市にある「新江ノ島水族館」観光地である江ノ島から徒歩10分の距離にあります。

入場料金は大人2,500円と水族館らしい値段ですが、その分規模も大きい水族館です。

総合的に非常に満足できる水族館で、大人でも子供でも楽しめます。

展示に関しては、海の生き物の展示が浅瀬から深海まで豊富です。淡水生物の展示は少なめです。

デートスポットとしても非常にオススメできます!

Sponsored

見どころ①「相模の海大水槽」

最初の見どころは「相模の海大水槽」です。館内では最大規模の展示水槽です。

できる限り自然の環境を再現できるよう造波装置が設置され、絶えず波が発生しています。

岩場にぶつかる波から視線を下げていくと、強く泳ぎまわる魚たちや揺れ動く海藻に引き込まれていくような感覚になります。

また、相模湾は国内でも有数のイワシの漁場です。そんなイワシが約8,000匹もの大群で泳ぐ姿を観ると、生きる強さが感じられます。

こういった大きくて壮大な水槽は絶好の癒しポイントです。

Sponsored

見どころ②「深海コーナー」

続いての見どころは「深海コーナー」です。

近くにあるJAMSTECという研究施設との研究の賜物を楽しむことができます。

まず注目したいのが「化学合成生態系水槽」です。化学合成生態系とは、化学物質の合成の際に生まれるエネルギーを使って生きている生き物たちの集まりです。

非常に珍しく、地上での再現が難しいこの展示を世界で初めて成功させたのが新江ノ島水族館です。

「ゴエモンコシオリエビ」「ユノハナガニ」など聞き馴染みのない生物がたくさん見られます。

また、通常の深海魚ももちろん豊富です。その変わった姿を見て楽しんでください。

相模湾の深海調査で活躍した日本初の有人潜水調査船「しんかい2000」も常設展示されているのでお見逃しなく。

見どころ③「クラゲファンタジーホール」

続いての見どころは「クラゲファンタジーホール」です。

クラゲ研究の第一人者である水族館の本気を、ここで観ることができます。

新江ノ島水族館は、旧江ノ島水族館時代に本格的なクラゲの周年展示を成功させました。

その頃から培ってきた技術を駆使し、クラゲを美しくかつダイナミックに魅せるのがこのクラゲファンタジーホールです。

プロジェクションマッピングも駆使して、その完成度はどんどん上がっています。

クラゲは近年非常に人気が高まってきた生き物です。そのクラゲの良さを存分に味わってください。

見どころ④「シラスの常設展示」

続いての見どころは「シラスの常設展示」です。イワシの子「シラス」の泳いでいる姿が見られます。

江ノ島の特産品として有名なシラス。そんなシラスの常設展示は世界初です。

スーパーでも安く手に入る身近な魚ですが、実はシラスの状態の生態は分かっていないこともたくさんあります。

展示を通じて分かったことや研究内容も解説されてるので、ゆっくり読んでみるのもいいですね。

見どころ⑤「イルカショー」

最後の見どころは「イルカショー」です。ロケーションバッチリのショープールです。

新江ノ島水族館のショープールは、富士山と江の島と相模湾が背景になるように設計されており、美しい景色と動物のコラボが楽しめます。

ショー自体の完成度も高く「ドルフェリア」ではトレーナー、パフォーマー、イルカの意思疎通したパフォーマンスが見られます。

新江ノ島水族館に来たら、普通のイルカショーとは一線を画したショーをぜひ楽しんでいってください。

ショップ・レストランの見どころ

新江ノ島水族館には「ショップ」が2ヶ所と「カフェ」が3ヶ所あります。

  • メインショップ
  • オッターショップ
  • オーシャンカフェ
  • 湘南カフェ
  • スタジアムカフェ

メインショップ

新江ノ島水族館オリジナルのグッズが盛りだくさん。

海岸に通り抜けできる「湘南お祭り広場」から出入り可能なショップです。

  • えのすい いわし節チップス
  • さばチップ/しらすチップ
  • えのすいオリジナル文房具
  • えのすいスマホカバー など

思わず買いたくなるものが多いです。

オッターショップ

コツメカワウソのグッズが豊富なショップです。もちろん通常のグッズもあります。

  • ぬいぐるみクジ
  • えのすいカワウソまんじゅう
  • カワウソクジ
  • トートバッグ ゆるーいカワウソ など

カワウソグッズが欲しい場合はこちらへ。

オーシャンカフェ

パンやデザートなど軽食が取れるカフェです。海を見ながら食事・休憩ができます。

  • しらすドッグ
  • グソクムシパン
  • カワウソパン
  • アザラシソフト など

面白いメニューがたくさんあります。

湘南カフェ

海岸に通り抜けできる「湘南お祭り広場」から出入り可能なカフェです。
しっかりとした食事が取れます。

  • 生しらす丼
  • たっぷりいくら丼
  • イルカカレーセット
  • クラゲカレー など

美味しそうなメニューがたくさん。お腹が減ってきます。

スタジアムカフェ

イルカショースタジアムの2階にある飲食店です。ショーを見ながらつまめるものが豊富です。

  • くらげまん
  • えのすいたこ焼き
  • チュリトス
  • アクアンサンデー など

温かいスープもあるので寒くても平気。

気になる細かい情報たち

新江ノ島水族館に関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

新江ノ島水族館用の駐車場はありません。公共交通機関を使うのがオススメです。

授乳室はある?

授乳室は館内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーは水族館内に設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは有料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

  1. Trip-Partner スカウトチーム より:

    はじめまして。 弊社はTrip-Partner(https://trip-partner.jp/ )という新しい旅行情報メディアを運営しております。 弊社はタキ様のような内容に富んだ日本国内情報の記事を扱い、読者に読んで納得感あるメディアにしたいと思っています。是非タキ様に弊社のサイトでも記事を執筆頂きたいと思いまして、ご連絡差し上げました。報酬は1記事3000円~5000円を考えています。 もしご興味ありましたら範國(ノリクニ)宛(japan-director@trip-partner.jp)にメールを頂けますでしょうか? その際メールにブログのURLを記載頂ければ幸いです。 宜しくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました