三重「鳥羽水族館」の見どころを詳しく解説

・東海
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「鳥羽水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
鳥羽水族館を楽しむことができるはず。

スポンサーリンク

「鳥羽水族館」の基本情報

三重県鳥羽市にある「鳥羽水族館」
実は飼育種数「約1,200」は日本一です。

この水族館は僕の地元三重県にあるんですが
贔屓とか無しに、とても良い水族館です。

三重県は全然目立たない県なんですが
「伊勢神宮」や「ナガシマリゾート」など
素晴らしい観光地が結構あります。

ぜひ一度観光に来てみてください。

三重県の話はこれぐらいにして、鳥羽水族館で
飼育されている生き物の種類は「約1,200」
実はこれは日本では一番多いんです。

ということは、もちろん規模もでかい。
展示の種類もかなり豊富です。
デートスポットとして非常にオススメ。

スポンサーリンク

見どころ①「ジュゴンとマナティ」

最初の見どころは「ジュゴンとマナティ」
2種類の海牛類が見られるのは世界でここだけ。

鳥羽水族館は海獣の展示がとても豊富です。
他の水族館にはいない海獣に出会えるのが
鳥羽水族館の魅力となっています。

「ジュゴン」と「アフリカマナティ」は
鳥羽水族館が世界で初めて長期飼育に成功しました。

どちらも日本では鳥羽水族館でしか観られません。

「マナティ」は人魚伝説のモデルともされており
その泳ぎを観察してみるのも楽しいかも。

寝ている場合もあるかもしれませんが
鳥羽水族館に来たら忘れずに見ておきましょう。

スポンサーリンク

見どころ②「イロワケイルカ」

続いての見どころは「イロワケイルカ」
白と黒の可愛らしいイルカです。

パンダのような色をしていることから
「パンダイルカ」と呼ばれることもあります。

僕は個人的にこのイルカが大好きです。
色合いが最高です。好奇心も旺盛で
ずっと泳ぎ回ってる姿が可愛い。

日本で今イロワケイルカに出会えるのは
仙台うみの杜水族館」と鳥羽水族館だけ。

ぜひ鳥羽水族館に来たらイロワケイルカと
戯れてみてください。

こんな風に推しの生き物がいると
水族館巡りが楽しくなります

皆さんもお気に入りの生き物を探してみてください。

見どころ③「サンゴ礁の水槽」

続いての見どころは「コーラルリーフ・ダイビング」
天井・正面・左右がアクリルガラスで覆われた水槽。

この展示は、全面ガラスの観覧ギャラリーから
サンゴ礁の海を眺めることができます。自分が
サンゴ礁の海に潜ったような感覚になれます。

水族館で癒しを得るためには浮遊感や没入感が大切。
この展示では大量の水塊と、水に囲まれたギャラリー
のおかげでそのどちらも得ることができます。

カラフルな熱帯魚や、ゆったり泳ぐウミガメ
そしてリアルなサンゴ礁をダイビング気分で
のぞいてみてください。

見どころ④「へんな生きもの研究所」

続いての見どころは「へんな生きもの研究所」
多種多様なへんないきものに出会えます。

「サバ」や「アジ」のようによく見かける魚よりも
「なにこれ?」と思うようなへんないきものに
興味を示す人も多いと思います。

そんな人にオススメなのが
「へんな生きもの研究所」

変わった生きものが住んでいる水槽を
たっぷりと楽しむことができます。

「ダイオウグソクムシ」や「ウミグモ」
「ウミケムシ」や「ウミサボテン」など
約55種類の生きものが展示されています。

大きな水槽もいいですが
こういった展示も好奇心がくすぐられて
いいですね。

見どころ⑤「セイウチショー」

最後の見どころは「セイウチふれあいタイム」
間近でセイウチに触れ合えるショーです。

鳥羽水族館にイルカショーはありませんが
その代わりセイウチショーがあります。
(他にもアシカショーとペンギン散歩)

このセイウチショーではセイウチの
大きな体を触ったり、ヒゲに触れたり
間近で観察することができます。

都市化が進んで生き物と触れ合う機会が
なくなって来ていますが
「実際に触れ合ってみるとやっぱり楽しい」

そんな気持ちを思い出させてくれるショーです。

近くにある「伊勢シーパラダイス」の方が
ふれあい体験はより濃密にできます。

ショップ・レストランの見どころ

鳥羽水族館には「ショップ」が2ヶ所+1
「カフェ」が2ヶ所あります。

  • メインショップ
  • プラザショップ
  • サテライトショップ
  • レストラン「花さんご」
  • レストラン「ベイサイド」

メインショップ

鳥羽水族館オリジナルのグッズが盛りだくさん。
伊勢志摩の名産品もここで買うことができます。
中央出入り口の近くにあるので帰りによれます。

プラザショップ

こちらでもオリジナルグッズが買えます。
横にレストランもあるので
休憩がてら寄ってみるのがオススメ。

サテライトショップ

鳥羽水族館から歩いて1分の場所にある
サテライトショップです。
水族館の外にあるので誰でも行けます。

こちらでもオリジナルグッズや伊勢志摩の
お土産を買うことができます。

レストラン「花さんご」

サンゴ礁の海の水槽の向かい側にある
落ち着いた雰囲気のレストラン。
地元の食材を活かした料理が楽しめます。

  • てこね寿司
  • 海藻トロトロうどん
  • ちりめん丼
  • カニのトマトクリームパスタ など

てこね寿しは地元の漁師飯です。

レストラン「ベイサイド」

鳥羽湾を眺めながら食事ができるレストランです。
明るい雰囲気で、気軽に食事が楽しめます。

  • めかぶうどん
  • 伊勢うどん
  • カツカレー
  • ソフトクリーム など

こちらは軽食が多いレストランです。

気になる細かい情報たち

鳥羽水族館に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

鳥羽水族館専用の駐車場があります。
1日800円で利用できます。
公共交通機関でも行きやすい場所にあります。

授乳室はある?

授乳室は館内に3ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーは水族館内に2ヶ所あります。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従