「サギフエ」:水槽の上の方によくいる人気者を解説!

深海生物図鑑

今回は、水族館の水槽の上の方で
漂っていることの多い「サギフエ」について
詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海魚「サギフエ」とは?

「サギフエ」はヨウジウオ科に属する
深海魚の一種で、プロフィールはこんな感じ。

名前:サギフエ
分類:節足動物門トゲウオ目ヨウジウオ科
大きさ:約 15-20 cm
生息水深:25〜600 m

細長い口先が特徴的で、斜め下を向きながら
漂っている姿が人気の魚です。「なにこの魚!」と
叫んでいる人をよく見かけます。

どこに住んでいる?

サギフエは様々な海域の沿岸地域に住む深海魚。
ヨーロッパやアフリカ、アジアなど
様々な場所で確認されています!

生息水深は約25〜600mなので
浅い場所から深い場所にまで
広く分布しています。

特に幼魚は浅い場所で生活しており
その体はなんと銀色。
親と見た目は
ほぼ同じですが色が違います!

どんな生態をしている?

サギフエは大陸棚と呼ばれる
沿岸地域の緩やかな傾斜が広がる場所を
好んで生活しています。

昼間は深い場所にいることが多いですが
夜になるとエサを求めて海面付近に浮上して
細長い口を使いながら小型の動物を食べます。

普段は体を斜め下に向けながら
漂っていますが、長距離を移動するときは
しっかり体を水平にして泳ぎます。

サギフエの特徴

サギフエ / 男鹿水族館GAO

サギフエの特徴は以下の通りです。
やはり見た目が大きな特徴です。

  • 細長くて可愛らしい口先
  • なぜか水面近くで立ち泳ぎ

まずは「細長くて可愛い口先」です。
これはサギフエのチャームポイント。

この可愛らしいフォルムが
水族館で地味に人気がある理由です!
この口で小さい動物を食べています。

続いては「水面付近での立ち泳ぎ」です。
その変わった泳ぎ方は水族館に訪れた
多くの人の心を掴んでいます。

この泳ぎ方にどんなメリットがあるのか
はっきりとはまだ分かっていません!

スポンサーリンク

「サギフエ」は食べると美味しい?

結論から言うと「サギフエ」の味は
結構美味しいです!
ただ、食用としての
流通はほとんどしていません。

その理由は比較的体が小さくて身も少ないから。
漁港などで手に入ることはあまりない
と言っていいと思います。

しかし、身には脂も乗っており
しっかりした味わいがあります。
機会があればぜひ食べてみてください!

ぼうずコンニャクさんのHPでも
「非常に美味」と紹介されています。

サギフエ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑
「サギフエ」の生息域や生態などの基本情報から地方名・食べ方・料理方法・料理例・加工品などを写真付きで解説。「市場魚貝類図鑑」は水産物関連著書多数のぼうずコンニャク主宰。掲載種は2500種以上。
スポンサーリンク

サギフエに会える水族館は?

サギフエを飼育している水族館は
結構あります。深海魚とはいえ浅いところにも
上がってくるので飼育は難しくないです。

どの水槽でも上の方で体を傾けながら
ゆらゆらと漂っているはず。

ぜひ実際に水族館に行って
彼らのユニークな姿を観てみてください!

深海魚が観られる水族館は
こちらで詳しく解説しています。

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「サギフエ」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従