ミドリフサアンコウ:味は美味しい?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、可愛らしい見た目と美味しさで知られる「ミドリフサアンコウ」について、詳しく解説していきます。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「ミドリフサアンコウ」とは?

「ミドリフサアンコウ」はアンコウの仲間で、フサアンコウ科に属する深海魚の一種です。

和名:ミドリフサアンコウ
分類:脊索動物門アンコウ目フサアンコウ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:90〜500 m

深海のアンコウは見た目がよろしくない…という種類が多いですが、ミドリフサアンコウはかなり可愛らしい姿形をしています!

どこに住んでいる?

ミドリフサアンコウは日本近海に生息し、駿河湾以南での底引き網漁でときどき混ざってくるような魚です。

生息水深は約90〜500 mと比較的浅い場所でも確認されていますが、基本的に海底に住んでいて動きません。

どんな生態をしている?

ミドリフサアンコウはアンコウ鍋によく使う、キアンコウなどと同じように底生の魚です。そのため、基本的に海底でじーっとしています。

かなり小さいですが、ミドリフサアンコウにも「イリシウム」と呼ばれる釣り竿のような器官と「エスカ」と呼ばれる擬似餌のような器官があります。チョウチンアンコウのものが大きくて有名ですね。

これを利用して獲物を待ち伏せしていると考えられています!

近づいてきた餌は大きい口で、一気にバクッと食べてしまいます。(下記動画)

ミドリフサアンコウのお食事(沼津港深海水族館)

ミドリフサアンコウの特徴

ミドリフサアンコウの持つ特徴は以下の通りです。見た目通り、可愛らしい特徴もあります。

  • 水を吸って大きく膨らむ
  • 赤色に緑色の模様

まずは「水を吸って膨らむことができる」ことです。

ミドリフサアンコウはフグのようにプクーっと膨らむことができます。この膨らんだ様子がなんとも可愛らしく、いつまででも観ていることができます!(以下動画ではしぼむ様子もみられます。)

ミドリフサアンコウ、しぼむ。

続いて「赤い体に緑色の模様」を持つことです。深海では赤い色は目立ちにくい色ですが、なぜ緑色の模様も持っているのか…。

その理由ははっきりとは分かっていません!これからの研究で明らかになることを期待しましょう。

Sponsored

「ミドリフサアンコウ」は食べると美味しい?

結論から言うと「ミドリフサアンコウ」の味は美味しいと評判です!

味としてはアンコウというよりもカサゴなどの魚に近く、しっかりと歯ごたえもあります。

実際に潮汁にして食べたぼうずコンニャクさんは、以下のように述べています。

白身らしい上品な味で、ほんのりと甘味がある。みそ汁、すまし汁に、鍋材料としてもいい。

出典:ミドリフサアンコウ(アカアンコウ)|市場魚貝類図鑑

流通量は少ないですが、愛知県や三重県では「アカアンコウ」として出回っておりその美味しさが知られています!

有名なYouTuberであるきまぐれクックさんが調理している動画もあるので、興味があればこちらをご覧ください。

これ、食えるの?『流通しない魚』ミドリフサアンコウ食べてみた
Sponsored

ミドリフサアンコウに会える水族館は?

ミドリフサアンコウは結構レアな深海魚ですが、展示実績のある水族館も多いです。

以下のような水族館で観れる可能性が高いです。

ただ、深海生物は長期飼育が難しいため、必ず出会えるというわけではありません。

確実にお目当ての深海魚に出会いたい場合は、事前に水族館に確認を取ることをオススメします!

とにかく生きた深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「ミドリフサアンコウ」について、詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ面白い深海魚がたくさんいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました