沖縄「美ら海水族館」の見どころはジンベエザメだけじゃない!

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が「沖縄美ら海水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層美ら海水族館を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「沖縄美ら海水族館」の基本情報

沖縄県国頭群にある「沖縄美ら海水族館」沖縄に行ったら絶対に行っておきたいです。

入場料金は大人1880円と水族館としては少し高いですが、それ以上の価値があります。

日本で一番を争うほど有名な「美ら海水族館」ジンベエザメのいる水槽は、ご存知の人がかなり多いと思います。

ですが、もちろん美ら海水族館の魅力はそれだけではありません。沖縄の綺麗な海を、ビーチに行かずとも味わえます。

デートスポットとして非常にオススメです。

那覇空港から意外と遠い場所にあるので、予定を立てる際は注意してください。僕はスケジュールをミスりました。

Sponsored

見どころ①「黒潮の大水槽」

最初の見どころは「黒潮の海大水槽」です。皆さんご存知の水槽です。

視界を埋め尽くすような巨大水槽で悠々と泳ぎ回る「ジンベエザメ」は、世界で最も大きい魚として知られています。

さらに美ら海水族館が世界一の飼育実績を誇るのが「ナンヨウマンタ」です。

沖縄の美しい海を凝縮したようなこの展示に、目を奪われること間違い無しです。

ちなみに、僕が今まで見た水槽の中で一番感動したのがこの水槽です。

Sponsored

見どころ②「サンゴの海」

続いての見どころは「サンゴの海」です。非常に大規模なサンゴの飼育展示です。

サンゴ礁に潜ったような気分が味わえるこの展示ですが、この水槽には屋根がありません。

沖縄の強い日差しを直接取り込む構造になっていて、約70種のサンゴが立派に育っています。

水族館に行ってサンゴをじーっと観る人はなかなかいないかもしれません。

飼育員が地元の海に潜った景色を元にしたこの展示を、ゆっくり観察してみてください

見どころ③「深海生物展示」

続いての見どころは「深海展示」です。実は美ら海水族館は、深海生物も豊富なんです。

深海生物の展示エリアだけで水族館が一つ完成しそうなほどの規模感です。

深海生物専用の大水槽もあります。

  • 深海への旅 個水槽
  • 深海探検の部屋
  • 深海の小さな生き物
  • 深層の海
  • 海のプラネタリウム など

「ナガタチカマス」や「ヒカリキンメダイ」「オオグソクムシ」などなど。

まだまだ謎の多い深海生物に会って、生命の神秘を感じてみてください。

「もっと深海魚が見たい!」という人はこちらの記事をどうぞ。

見どころ④「無料のイルカショー」

続いての見どころは「オキちゃん劇場」です。沖縄の海を背景にイルカショーが観れます。

美ら海水族館のショープールは綺麗な青い海が背景になっていて、「オキゴンドウ」と「ミナミバンドウイルカ」のパフォーマンスが楽しめます。

天気の良い日に観られれば最高です。しかもこのショープールのすごいところは「無料エリアである」ということです。

美ら海水族館への入場料を支払わずに、このショーを楽しむことができます。

イルカの生き生きとした姿を観ると力をもらえるはずです。

見どころ⑤「美しい遊歩道と海」

最後の見どころは「海岸遊歩道」です。こちらも無料のエリアです。

水族館の周辺にある施設で、沖縄の自然を感じながら散歩が楽しめる遊歩道です。

コバルトブルーの海に浮かぶ島々を眺めながら、ゆったりと過ごすことができます。階段で砂浜に降りることもできます。

水族館を楽しんだ後は、本当の自然にも触れてみましょう。

水族館には水族館の、自然には自然のそれぞれの良さがあります。

ショップ・レストランの見どころ

美ら海水族館にはなんと「レストラン」「カフェ」「ショップ」が1ヶ所ずつあります。

海洋博公園内にも飲食店やお土産ショップがあります。

  • ショップ「ブルーマンタ」
  • レストラン「イノー」
  • カフェ「オーシャンブルー」

ショップ「ブルーマンタ」

美ら海水族館オリジナルグッズが盛りだくさん。沖縄のお土産も揃っている大きなショップです。

  • ジンベエザメ ぬいぐるみ
  • おきなわシークヮーサーフィナンシェ
  • 沖縄美ら海水族館シリコーンボトル
  • サメのふしぎとびだすサメ肌図鑑 など

オリジナルグッズがいっぱいあります。

レストラン「イノー」

東シナ海を一望できるレストランです。

沖縄の食材を生かしたランチビュッフェが非常にオススメです。

  • ラフテー煮込み
  • もずく酢
  • 紅芋天ぷら
  • 沖縄そば など

夜はアラカルトメニューとなっています。

カフェ「オーシャンブルー」

「黒潮の海」大水槽を眺めながら軽食が楽しめる、ロケーション抜群のカフェです。

水族館の1階にあります。

  • タコライス
  • タコスボール
  • ピタサンド(豚角煮)
  • ハイビスカスソーダ など

結構メニューは豊富です。

気になる細かい情報たち

美ら海水族館に関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って3時間〜4時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

海洋博公園の駐車場が無料で利用できます。

公共交通機関を利用する場合はバスに乗ることになります。

長時間楽しみたい場合は車で行くのが便利です。

授乳室はある?

授乳室は館内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

島内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました