プランクトンで生きるサメを徹底解説!ジンベエザメだけじゃない…

水族館の生き物
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は「プランクトンを食べるサメ」について
詳しく解説していきたいと思います。

サメと聞くと「危険で怖い」という
イメージを持っている人が多いかと思います。
(映画『ジョーズ』のせい?)

ですが人を襲ったことのあるサメはかなり少なく
基本的に人食いザメなんてのは存在しません。

それどころかプランクトンを食べて生活するサメ
も世の中にはいるんです。

ということで今回は、プランクトンを食べて
生きる種類のサメを全て紹介します。

スポンサーリンク

プランクトンを食べるサメがいる?

プランクトンを食べて生活するサメは3種類のみ。
全て大型で、餌を捕獲する際の消費エネルギーを
節約するためだと言われています。

  • ウバザメ
  • メガマウスザメ
  • ジンベエザメ

ジンベエザメは水族館で大人気の魚ですが
他の2種類は聞いたことがない人も多いかも。
一種類ずつ解説していきます。

スポンサーリンク

プランクトンを食べる①「ウバザメ」

和名:ウバザメ
分類:ネズミザメ目ウバザメ科
体長:最大11m

こちらは「ウバザメ」漢字で書くと「姥鮫」
名前の通りお婆さんのような
顔をしている巨大なサメです。

ジンベエザメに次いで2番目に大きい魚。
その巨大さから、海で見ると恐ろしいですが
性格自体はとても穏やかです。

大きな口を開けてプランクトンを濾しとる姿や
漁船に自ら寄ってきて捕まる姿から
「バカザメ」と呼ばれることもあります。

世界の海に広く生息しており
日本で発見されることもあります。

スコットランドには
「ウバザメのシュノーケリングツアー」
があります。行ってみたいです。

スポンサーリンク

プランクトンを食べる②「メガマウス」

和名:メガマウスザメ
分類:ネズミザメ目メガマウスザメ科
体長:最大7.1m

その名の通り大きな口を持つ「メガマウスザメ」
「メガマウス」とよく呼ばれます。
ニュースにもよく取り上げられます。

鼻先が短くオタマジャクシのような頭を持つサメ。
見た目のユニークさから深海魚の本にも
よく特集されています。

普段は深い海にいますが
夜になると浅い海に上がってきます。

顎(あご)の内側が銀色になっており
それを使ってプランクトンを
集めているとも言われています。

世界で発見された個体のうち
約30%が日本で見つかっているという
日本と馴染みの深い深海ザメ

プランクトンを食べる③「ジンベエザメ」

和名:ジンベエザメ
分類:テンジクザメ目ジンベエザメ科
体長:最大17m

「知らない人はいない」
と言っても過言ではない「ジンベエザメ」

世界で最も大きな魚です。

その巨大さとは裏腹に
性格はとてもおとなしいです。

プランクトンの他に小魚やイカを食べて
生活しています。

水深1,000mまで移動することもあり
深海魚としての側面も持っています。

実は最高で2,000mを記録。

体内から300体もの子供が見つかっており
多産なサメとしても有名です。

3種類のサメは水族館で見られる?

プランクトンを食べるサメ3種を紹介しました。
やっぱり皆さん生で見たいですよね…?

実際に泳いでいる姿とか
プランクトンを食べてる姿が見たいですよね。

ということで「ウバザメ」「メガマウス」
「ジンベエザメ」は水族館で見れるのか?
結論から言うとこんな感じになります。

  • ウバザメ:見れない…
  • メガマウス:見れない…
  • ジンベエザメ:見れる!

悲しいですが、ウバザメとメガマウスは
まだ飼育されたことがありません。
これには色々な影響が考えられます。

  • 飼育のための費用が高いこと
  • 保護種となっていること

「ジンベエザメ」も飼育にかかる費用は高いですが
集客効果も高いので飼育が実現しています。

一般認知度が低い「ウバザメ」や「メガマウス」
の飼育に乗り出す水族館は
しばらく現れないと思われます。

残念ですが仕方ありません。
技術が発達していくことを願います。

ジンベエザメに会える水族館は?

希少な「ジンベエザメ」に会いたい方へ。
どこの水族館に行けば観れるのか。
全て紹介します。

のとじま水族館(石川)

石川県の能登島にある「のとじま水族館
全国各地で人気の展示をアグレッシブに取り入れる
魅力たっぷりの水族館です。

この水族館は日本海側で唯一
ジンベエザメを展示しています。

ジンベエザメ水槽としては
美ら海水族館に次ぐ大きさで見ごたえバツグン。
ぜひ訪れておきたい水族館の一つです。

海遊館(大阪)

日本が世界に誇る水族館「海遊館
日本人なら知らない人がいない水族館です。
そして海遊館といえばやっぱり「ジンベエザメ」

ジンベエザメがいる水槽は
「8階の高さからゆっくりと下り
海の表層から深層へと潜っていく感覚が味わえる」
という作りになっています。

そのため、同じ水槽でも
様々な顔を見ることができます。

外国人観光客の急増で混んでいることが多いですが
それでも存分に楽しめる水族館です。

いおワールドかごしま水族館(鹿児島)

鹿児島の海をベースに展示された
いおワールドかごしま水族館

館内で最初に出会う水槽
そこに悠然と泳ぐ「ジンベエザメ」

この水族館は目玉の「ジンベエザメ」が
5.5mを超える前に海に放流するといいます。

この行動は
「幅25mの水槽は、20mほどに成長する
ジンベエザメを飼育するには小さい。」
という考え方から来ています。

生物のことまで考えた素晴らしい試みです。

美ら海水族館(沖縄)

海遊館と並び大人気の「美ら海水族館
沖縄に行ったら外せない施設です。

有名な「黒潮の大水槽」では
悠然と泳ぐジンベエザメ2頭を
見ることができます。

あれほど出会った時の感動が大きい水槽は
なかなか無いです。

絶対に行っておくべき水族館。

こちらも観光客が増加中です。
混んでいることが多いですね。

まとめ:ジンベエザメだけ水族館で観れる

プランクトンを食べて生活するサメは3種です。

  • ウバザメ
  • メガマウスザメ
  • ジンベエザメ

そして水族館で見られるのは
今のところ「ジンベエザメ」のみ。

ですがこれから先技術の進歩や
「ウバザメ」「メガマウス」の知名度向上により
実現する可能性ももちろんあります。

期待しながら気長に待ちましょう。

にほんブログ村 その他趣味ブログ 動物園・水族館へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従