大阪「海遊館」の見どころはジンベエザメだけじゃない!

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「海遊館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層「海遊館」を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「海遊館」の基本情報

大阪府大阪市にある「海遊館」日本で最も有名と言っても過言じゃないです。

日本の水族館と言えば「海遊館」です。「美ら海水族館」も有名ですが、海遊館の方がUSJも近くてアクセスが良いですね。

入場料は大人2,300円と少しお高めですが、お得なセットチケットも色々ありますし、展示が豊富なので存分に楽しめます。

海遊館には「生物をより自然に近い姿で観察してもらいたい」という考えがあります。

そのため、海遊館にはよく水族館にあるようなショーがありません。イルカショーもアシカショーもありません。

しかしそのおかげで、自然のままの動物の姿をたくさん観察することができます。海遊館独自の良さをぜひ感じてみてください。

デートスポットとして非常にオススメです!

Sponsored

見どころ①「太平洋の大水槽」

最初の見どころは「太平洋の大水槽」です。海遊館と言えばこの水槽ですね。

都市型水族館であるにも関わらず、世界で最も大きい魚「ジンベエザメ」が観れる、非常に大きな水槽となっています。

海遊館の特徴として、一つの水槽を表層から海底までグルグル回っていく構造があります。

そのおかげで、巨大なジンベエザメを上から見下ろすことも出来ますし、下から見上げることも出来るようになっています。

お気に入りの角度を見つけて癒されたり、シャッターチャンスを狙ったり、自分だけの楽しみ方を見つけましょう

ジンベエザメだけではなく「シュモクザメ」や「マンタ」「シノノメサカタザメ」など、様々な魚たちが観られます。

Sponsored

見どころ②「上下方向に延びた展示」

続いての見どころは「上下方向に延びた展示」です。海遊館の展示方法の大きな特徴です。

海遊館の展示を観ていて抱きがちなのが「あれ、この展示さっきも観たかも?」という感情です。

これは正しい感情です。

なぜかと言うと一部、同じ水槽を上から下に回りながら観察するという構造になっているからです。

この構造になっているのは、ジンベエザメがいる巨大な水槽と、その周りに設置されている水槽です。

これに関して「同じ水槽をずっと観るのか…」ではなく「一つの海の表層から海底まで観察できる」と考えてみてください。

同じ海でも表層で生活する生物と海底で生活する生物は異なります。

この自然界における事実を、存分に体感できるのが海遊館の展示です。

ぜひ、細かい部分まで注目して水槽を観察してみてください。

見どころ③「新体感エリア」

続いての見どころは「新体感エリア」です。可愛いアザラシが話題のエリアです。

このエリアは生き物との距離を近づけ、温度・音・においなどをリアルに感じることのできる展示となっています。

生き物の世界を感じることで、より「自然や環境の大切さ」を考える。そのきっかけとなるような場所です。

ここで観られる展示はこんな感じです。

  • 天井に設置された水槽(ワモンアザラシ)
  • 柵の低いペンギン展示(イワトビペンギン)
  • サメに触れるタッチプール など

いつもより身近に動物たちを感じて、自然を味わってみてください。

一人で行くとより自然の世界に没頭できます。

見どころ④「海月銀河ゾーン」

続いての見どころは「海月銀河ゾーン」です。宇宙のような空間の展示エリアです。

宇宙空間にクラゲが漂うような新しいタイプの展示で、とても綺麗な空間となっています。

海遊館は増築やリニューアルにも積極的で、こういった新しい展示をしっかり取り入れています。

クラゲの種類は少ないですが、クラゲの浮遊感や透明感を感じて癒されることのできる空間です

見どころ⑤「タスマン海水槽」

最後の見どころは「タスマン海水槽」です。カマイルカが泳ぎ回る水槽です。

先ほども話しましたが、海遊館にはイルカショーがありません。

しかし、イルカがいないわけではありません。海遊館には元気に泳ぐ「カマイルカ」がいます。

戯れながら泳いでいる姿は、まるでショーを観ているような気分です。彼らを観ているとこちらまで元気になれます。

そして、この水槽は晴れの日が最高です。太陽の光が水槽に差し込んできて、キラキラとした水槽に変わります。

自然の光はやっぱり落ち着きますね!

ショップ・レストランの見どころ

海遊館には「ショップ」が2ヶ所 と「カフェ」「ドリンクスタンド」があります。

  • オフィシャルショップ
  • オフィシャルミュージアムショップ
  • カフェ「マーメイド」
  • ドリンクスタンド「SEA SAW」

がっつりご飯を食べたい人は、そばにある「天保山マーケットプレース」に行った方がベター。

オフィシャルショップ(3F)

入館者だけが入れるショップです。

海遊館オリジナルのグッズが盛りだくさんで、コラボ商品も揃っています。

  • ジンベエザメぬいぐるみ(オス・メス)
  • 風呂敷(ジンベエ、クラゲ)
  • ジンベエザメピンバッジ
  • ジンベエトートバック など

思わず買いたくなるものが多いです。僕はクリアファイルとピンバッジ買いました。

オフィシャルミュージアムショップ(2F)

こちらでも様々なお土産が手に入ります。

オリジナルグッズはもちろん、海や川をテーマにしたグッズまであります。

  • 海遊館ミニゴーフル
  • 海の塩飴
  • オリジナルクリアファイル
  • オリジナルボールペン など

レストランプラザ(A棟)の1Fにあります。

カフェ「マーメイド」

日本海溝水槽の奥にある、海が見えるカフェです。オリジナルの可愛いメニューが多いです。

  • チンアナゴドッグ
  • ととかまドッグ
  • ジンベエソフト
  • ジンベエラテ など

面白いメニューがたくさんあります。

ドリンクスタンド「SEA SAW」

ドリンク、デザート、軽食が売っています。カフェ「マーメイド」とラインナップは似てますが、少し違います。

  • ジンベエパン
  • ホットドッグ
  • フライドチキン
  • コーヒー、紅茶 など

青いジンベエパンが気になりますね。

気になる細かい情報たち

海遊館に関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

有料ですが天保山駐車場があります。平日が30分200円、休日は30分250円です。

公共交通機関で行くのもオススメです。

授乳室はある?

授乳室は館内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーの貸し出しは行なっていません。

海遊館はベビーカーを預けての観覧をオススメしています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました