静岡「伊豆・三津シーパラダイス」の見どころを詳しく解説

・東海
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「伊豆・三津シーパラダイスの見どころ」
を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
伊豆・三津シーパラダイスを
楽しむことができるはず。

スポンサーリンク

「伊豆・三津シーパラダイス」の基本情報

静岡県沼津市にある「伊豆・三津シーパラダイス」
深海魚で有名な沼津市にある水族館です。

入場料金は大人2,200円と結構お高め。
その分規模は大きくなっており、充実した
海獣展示や深海魚展示が楽しめます。

深海魚で有名な「沼津港深海水族館
と同じ市にある水族館。

一度に2館訪れつつ沼津市観光するのが
個人的にオススメです。
深海魚を食べて帰りましょう。

スポンサーリンク

見どころ①「充実の海獣展示」

最初の見どころは「充実の海獣展示」
自然の入り江を取り入れた展示もあります。

実は伊豆・三津シーパラダイスは
古くから海獣の展示で有名な水族館です。

日本に初めて「ラッコ」を取り入れたのも
「セイウチ」を取り入れたのもココ。

自然の海で飼育された「キタオットセイ」や
「ゴマフアザラシ」「カリフォルニアアシカ」
などなど。

特に「キタオットセイ」が展示されている
水族館は珍しく、自然に近い形で飼育されている
姿が観られるのはここだけです。

様々な海獣たちの生き生きした姿を
目の当たりにすることができます。

スポンサーリンク

見どころ②「深海生物の展示」

続いての見どころは「深海生物の展示」
沼津市にあるということで深海展示も充実。

伊豆・三津シーパラダイスがある沼津市は
深海魚で有名な町です。
深海魚を食べることもできます。

ということで伊豆・三津シーパラダイスでも
「深海魚と戯れたい」という願いが叶います。

駿河湾に住んでいる様々な見た目や生態の
変わった深海魚たちに出会えます。

変な形や生態の生き物は観ていて飽きません。
「もっと深海魚…」という方はこちらの記事を。

見どころ③「イルカ・アシカショー」

続いての見どころは「イルカ・アシカショー」
多彩なショーが繰り広げられています。

伊豆・三津シーパラダイスは鯨類の
歴史も長い水族館です。

前身の水族館は「バンドウイルカ」を初めて飼育し
「ミンククジラ」まで飼育した実績があります。

スタジアムでは「カマイルカ」の高〜いジャンプや
バブルリングを楽しむことができます。

アシカショーではお絵かきアシカなど
ユーモアのあるショーが待っています。
ショーは見逃さないように。

ショップ・レストランの見どころ

伊豆・三津シーパラダイスには
「ショップ」「軽食コーナー」
「テイクアウトコーナー」が1 つずつあります。

「ミュージアムショップ」

伊豆・三津シーパラダイスの
オリジナルグッズが盛りだくさん。
お土産用のお菓子も充実してます。

  • うちっちー(オリジナルキャラ)のグッズ
  • セイウチのふん
  • オリジナルプリントクッキー など

思わず買いたくなるお土産が多くて困ります。

「軽食コーナー」

ゆっくり休憩できる軽食コーナーです。
駿河湾を眺められるテラス席もあります。

  • ラーメン
  • うどん
  • あじペペロンチーノ など

海辺でのんびりできる場所です。

「テイクアウトコーナー」

ショーを観ながら何か食べたいときや
小腹が空いた時にオススメです。

  • フライドポテト
  • チキンナゲット
  • クラゲアイス など

ショーを観ながら食べるの最高です。

気になる細かい情報たち

伊豆・三津シーパラダイスに関する
細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間程度は
楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

水族館専用の駐車場があります。
駐車料金は500円です。

公共交通機関を利用する場合は
バスに乗ることになります。

授乳室はある?

授乳室は施設内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従