青森「もぐらんぴあ水族館」の見どころを詳しく解説

・東北
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「もぐらんぴあ水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
もぐらんぴあ水族館を楽しむことができるはずです。

スポンサーリンク

「もぐらんぴあ水族館」の基本情報

岩手県久慈市にある「もぐらんぴあ水族館」
「あまちゃん」の舞台となった街にあります。

入場料金は大人700円と水族館としては安め。
その分規模も小さいですが楽しめる施設です。

もぐらんぴあ水族館は地下に作られた水族館
そんな珍しい水族館を体感してみてください。
デートスポットとしても楽しめます。

スポンサーリンク

見どころ①「地下にある水族館」

最初の見どころは「地下に作られた展示たち」
「もぐらんぴあ水族館」は地下に建設された
非常に珍しい水族館です。

なかなかこういった水族館は無いので
その雰囲気をじっくり感じることを
オススメします。

また、この水族館は
もともと石油備蓄基地だった場所にあります。

そのこともあり、石油関連の科学館も
同じ建物に入っています。

以下のように様々な展示が行われているので
見逃さずに楽しみましょう。

  • 地下:もぐらんぴあ水族館、石油文化ホール
  • 1階:グッズや水産物の販売コーナー
  • 2階:石油シアター、展示室
  • 3階:防災展示室(震災学習コーナー)
  • 4階:さかなクンコーナー魚の展示
  • 屋上:展望コーナー
スポンサーリンク

見どころ②「北限の海女と南部潜り」

続いての見どころは「北限の海女と南部潜り」

もぐらんぴあ水族館は
東日本大震災の津波で全壊しましたが
平成28年の4月に再建されました。

その際に、復興の柱とするために
ドラマで有名になった「北限の海女」と

「南部潜り」を展示に導入しました。

これを機に展示は刷新され
三陸の魚たちや漁業を紹介する展示を
たくさん楽しむことができるように。

三陸の海や暮らしを存分に感じられるように
生まれ変わりました。

潜水の実演は土日限定なので
週末に行くことをオススメします。
実演の時間のチェックは忘れずに。

ショップ・レストランの見どころ

もぐらんぴあ水族館には
ショップはありますがレストランはありません。

ミュージアムショップ

もぐらんぴあ水族館がある施設は4階建て。
その中の1階にショップがあります。

  • マスコット「もぐちゃん」「カメキチ」の商品
  • 応援団長さかなクングッズ
  • オリジナルイラストせんべいセット
  • ワカメ、コンブなど地元の海産物 など

さかなクングッズもあって面白いです。

細かい情報たち

もぐらんぴあ水族館の細かい情報も
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜1時間半程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場があります。

授乳室はある?

授乳室は館内にあります。

コインロッカーはある?

コインロッカーはありません。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーのレンタルは無料で行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車イスのレンタルは無料で行っています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従