青森「八戸水産科学館マリエント」の見どころを詳しく解説

・東北
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「八戸水産科学館マリエント」
の見どころを紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
マリエントを楽しむことができるはずです。

スポンサーリンク

「八戸水産科学館マリエント」の基本情報

青森県八戸市にある「八戸水産科学館マリエント」
淡水の生物が充実した、山の麓の水族館です。

入場料金は大人300円と水族館としてかなり安い。
その分規模も小さいですが楽しめる施設です。

マリエントは科学館として楽しめる施設。
その展示の中に生きた生物も含まれています。
デートスポットとしては微妙かも?

スポンサーリンク

見どころ①「水産の科学館」

最初の見どころは「水産科学館としての展示」
「八戸水産科学館マリエント」は
水産をテーマにした科学館です。

様々な生物に関する知識をたくさん
得ることができる施設になっています。

「イカパラダイス」では
イカを模した部屋の中にイカが展示されており
カラストンビの説明もされています。

「ちきゅう情報館」では
私たちが住む地球の話に加えて
深海の話も知ることができます。

せっかくなので科学館としても
楽しむことをオススメします。

スポンサーリンク

見どころ②「アオウミガメの水槽」

続いての見どころは「アオウミガメの水槽」
マリエントのメイン水槽がこちら。

八戸市水産科学館マリエントのメインは
アオウミガメが展示されている中規模水槽です。

水族館から見える海は三陸海岸の最北端ですが
そこにも南洋に生息するアオウミガメが
迷い込むことがあるそうです。

そうやって迷い込んできたアオウミガメが
この水槽ではゆったりと泳いでいます。

アロワナ、クリオネ、デンキウナギなど
おなじみの魚ももちろんいます。

基本的には水族館でよく見られるような
魚たちが飼育されています。

ショップ・レストランの見どころ

マリエントには
ショップ、レストランがあります。

  • ショップ「海風」
  • 夕日絶景食堂「イヌワラウ」

ショップ「海風」

4階にあるショップ「海風」では
マリエントオリジナルグッズはもちろん
八戸ならではのお土産品も販売されています。

  • 三島サイダーと八戸の水
  • オリジナルポストカード
  • すき昆布の缶詰 など

八戸のお土産も楽しめて一石二鳥です。

夕日絶景食堂「イヌワラウ」

八戸港を一望できるレストランです。
ゆっくりと食事ができます。

  • ウニいくら丼
  • バラ焼き定食
  • シーフードトマトパスタ
  • 海老塩あんかけチャーハン など

しっかり豪華な食事が目白押しです。

細かい情報たち

マリエントの細かい情報も
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って40分〜1時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場があります。

授乳室はある?

授乳室は館内に1ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーはありません。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルできます。

車イスのレンタルはしている?

車イスは無料でレンタルできます。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従