青森「浅虫水族館」の見どころを詳しく解説

・東北
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「浅虫水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
浅虫水族館を楽しむことができるはずです。

スポンサーリンク

「浅虫水族館」の基本情報

青森県青森市にある「浅虫水族館」
本州最北に位置する総合水族館です。

入場料金は大人1,030円と水族館としては
少し安め。
ですがそれ以上に楽しめます。

浅虫水族館は総合水族館として
様々な展示が揃っています。
浅虫観光と一緒に訪れるのがオススメ。

デートスポットとしてオススメです。

スポンサーリンク

見どころ①「地元青森の展示」

最初の見どころは「地元青森の展示」
しっかり地元の良さが展示されています。

立地を活かした展示は
水族館に来たら見逃せない展示です。
その水族館の特色が感じられます。

  • 陸奥湾を再現した展示
  • 白神山地の淡水魚展示
  • ホタテ養殖の展示

周囲の観光施設を楽しむとともに
地元青森をしっかりと感じてください。

スポンサーリンク

見どころ②「地元以外の展示も充実」

続いての見どころは「地元以外の展示」

「浅虫水族館」の近くには浅虫温泉があり
この水族館は観光集客施設として建設されました。

それを裏付けるようにこの水族館では
総合水族館として様々な展示がなされています。

  • サンゴ礁の海を模した展示
  • 熱帯淡水魚の展示
  • イルカのパフォーマンス など

美しい地元の海や川はもちろんのこと
暖かさを感じる熱帯や暖流に住む魚たちに
出会うこともできます。

また、イルカのパフォーマンスにも力が。
映像や光を使ったダイナミックで
爽快なショーは忘れずに見ておきましょう。

季節ごとにテーマが変わったりもするので
その違いを楽しむのもいいです。

見どころ③「歴史あるトンネル水槽」

続いての見どころは「トンネル水槽」
浅虫水族館には今ではメジャーになった
「トンネル水槽」があります。

実は日本で二番目に作られたもので
オープンした当時は象徴的に扱われていました。

他の水族館のトンネル水槽と見比べてみると
面白いかもしれません。

アクリルのつなぎ目に太い金属の柱が
使われています。

かつては海洋大水槽として展示されていましたが
現在では陸奥湾が再現されています。
ホタテ養殖の姿が見られます。

ショップ・レストランの見どころ

浅虫水族館には
レストラン2つとショップがあります。

  • ここる食堂
  • カフェ マリンテリア
  • ギフトショップ デルフィーノ

ギフトショップ デルフィーノ

水族館関連グッズやオリジナル商品が
豊富に揃っています。

  • オリジナルぬいぐるみ
  • オリジナルキーホルダー など

ぜひオリジナルグッズを集めましょう。

ここる食堂

カレーやラーメンなど人気の食事が
たくさん用意されています。
ゆったりできる食堂です。

  • 豚骨醤油ラーメン
  • 和風シーフードパスタ
  • エビフライカレー
  • かき揚げうどん など

ザ・食堂といったメニューが豊富です。

カフェ マリンテリア

「あおい森の牛乳」を使用した
オリジナルブレンドのソフトクリームが人気の軽食店。
コーヒーやお菓子も販売しています。

  • ソフトクリーム
  • いちごマリン
  • 焙煎コーヒー など

年間パスポートを見せると割引されます。

細かい情報たち

浅虫水族館の細かい情報も
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1〜2時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

無料の駐車場(400台)があります。

授乳室はある?

授乳室は館内に1ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーはあります。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーのレンタルは無料で行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車イスのレンタルは無料で行っています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従