東京「足立区生物園」の見どころを詳しく解説

・関東
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「足立区生物園」の見どころを紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
足立区生物園を楽しめるはず。

スポンサーリンク

「足立区生物園」の基本情報

東京都足立区にある「足立区生物園」
鳥類や昆虫も飼育されています。

入場料金は大人300円と、水族館としては
かなり安いですが
、値段以上に楽しめます。

足立区生物園には様々な生物がいます。
水棲生物はもちろんいますが
温室植物園もあることで、鳥類や昆虫類も。

特に蝶々は有名で
時には頭に止まってくることも。
デートスポットとしても楽しめるはず。

スポンサーリンク

見どころ①「出会いの広場」

最初の見どころは「出会いの広場」
足立区生物園の大型水槽があります。

足立区生物園に入ってすぐのところ
「出会いの広場」と呼ばれるこのエリアに
幅7mの大型水槽があります。

ここには多くの金魚が泳ぎまわります。
和を感じられる展示で癒しは十分。

水槽の前には椅子が用意されているので
ゆっくり眺めてリラックスするのがオススメ。

スポンサーリンク

見どころ②「あだちの生き物観察室」

続いての見どころは「あだちの生き物観察室」
足立区に住む・住んでいた生物に出会えます。

水族館の魅力の一つに
「地元の生物とふれあえる」
というものがあります。

単純に生き物を観るだけではなく
この地域にはこんな生物がいるのか、と
感じながら観察する方がより楽しめます。

あだちの生き物観察室には
足立区にいた・あるいは今もいる生き物を
複数種展示しています。

彼らを観て、足立区の自然を
思い浮かべてみるのもいいと思います。

見どころ③「大温室の魅力」

続いての見どころは「大温室の魅力」
蝶々が飛び回る温室です。

足立区生物園には大温室があります。
何といってもここの名物は「蝶々」

1年中飛び回る蝶々に
心が安らぐこと間違いなし。

緑も生い茂っているので
その空気を全身で感じてみてください。

ショップ・レストランの見どころ

足立区生物園には「ショップ」はありますが
「レストラン」はありません。
食事は周辺施設へどうぞ。

ミュージアムショップ

足立区生物園のグッズが盛りだくさん。
お菓子もしっかり揃います。

気になる細かい情報たち

足立区生物園に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間半〜2時間ほど
楽しめるぐらいの大きさ。

駐車場はある?

専用の駐車場があります。
利用には30分100円かかります。
最大料金は600円です。

授乳室はある?

館内に授乳室があります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーがあります。

ベビーカーのレンタルはしている?

無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従