鹿児島「奄美海洋展示館」の見どころを詳しく解説

・九州、沖縄
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「奄美海洋展示館」の見どころを紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
奄美海洋展示館を楽しめるはず。

スポンサーリンク

「奄美海洋展示館」の基本情報

鹿児島県奄美市にある「奄美海洋展示館」
鹿児島の諸島唯一の水族館です。

入場料金は大人500円と水族館としては
かなり安いですが、存分に奄美を満喫できる
充実の施設となっています。

奄美海洋展示館は「奄美の海を知る」ための施設。
奄美の生物を楽しむだけではなく
奄美の人々と、奄美の海のつながりを学べます。

美しい海と人の繋がりを感じましょう。
デートスポットとしても楽しめます。

スポンサーリンク

見どころ①「奄美生物の魅力」

最初の見どころは「奄美生物の魅力」
奄美の変わった生き物に出会えます。

奄美海洋展示館にいる生物は
奄美の海に住んでいる生物です。

  • 優雅に泳ぐウミガメ
  • 綺麗な熱帯魚
  • 奄美のエビやカニ など

奄美の海を形作る生物たちと触れ合い
その魅力を存分に感じてください。

そして実際に海に入って
様々な生き物に出会いましょう〜。

スポンサーリンク

見どころ②「ウミガメの餌やり」

続いての見どころは「ウミガメの餌やり」
ウミガメと触れ合うこともできます。

奄美海洋展示館には大水槽「美しい奄美の海」
があります。水深は5m、水量約150tの大きさ。

2階には浜辺があり、ウミガメたちが
間近まで寄ってきてくれます。
そこでカメ達にエサをあげることができます。

開館時間内であればいつでも餌やりができるので
スタッフに声をかけてみてください。

見どころ③「奄美の人と海」

続いての見どころは「奄美の人と海」
2階では奄美の人と海の繋がりを感じられます。

奄美海洋展示館のテーマは「海と人との共生」
生物の展示だけでなく、奄美の海と人が
どのような歴史を辿ってきたか学んでみてください。

  • 海辺の動植物について
  • 奄美の人々がサンゴ礁の海をどう利用してきたか
  • 漁の様子や漁具の展示
  • 映像体験ホール など

館内にある展示を存分に使って
知的好奇心を満たしてください。

見どころ④「ハンドクラフト体験」

続いての見どころは「ハンドクラフト体験」
ハンドメイド雑貨を作ってみましょう。

奄美大島まで来た思い出づくりということで
様々なハンドクラフト体験ができます。
追加でお金がかかりますが、オススメ。

  • 海のクラフト作り体験(400円)
  • 砂絵作り体験(300円)
  • 海藻しおり作り体験(400円)
  • 海のキーホルダー体験(400円)
  • おえかきすいぞくかん(550円)

自分たちの好みにあった
雑貨を手作りして、思い出を持ち帰ってください。

ショップ・レストランの見どころ

奄美海洋展示館には「ショップ」があります。
館内にはレストランがないので
食事は周辺施設でとりましょう。

奄美海洋展示館ショップ

海洋展示館のグッズが盛りだくさん。
カメのぬいぐるみがイチオシです。

  • マスコットウミガメ
  • アマミホシゾラフグぬいぐるみ など

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

気になる細かい情報たち

奄美海洋展示館に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間半〜2時間ほど
楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

専用の駐車場があります。
無料で利用できます。

授乳室はある?

館内に授乳室はありません。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーはありません。

ベビーカーのレンタルはしている?

レンタルは行なっていないようです。
ベビーカーでの入場は可能です。

車イスのレンタルはしている?

無料でレンタルを行っています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従