神奈川「アクアリウム さがみはら」の見どころを詳しく解説

・関東
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「アクアリウム さがみはら」
の見どころを紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
アクアリウム さがみはらを楽しめるはず。

スポンサーリンク

「アクアリウム さがみはら」の基本情報

神奈川県相模原市にある「アクアリウム さがみはら」
地元の自然が詰まった水族館です。

入場料金は大人390円と水族館としては
かなり安めですが、値段以上に楽しめます。

アクアリウム さがみはらは
相模川の自然を展示している水族館。
想像以上に多くの生物が相模川に生きています。

生命をふれあって
相模川をどんどん知っていきましょう。
デートスポットとしても楽しめるはず。

スポンサーリンク

見どころ①「相模の魅力」

最初の見どころは「相模の魅力」
相模川を体験できる施設です。

アクアリウム さがみはらの魅力は
やっぱり相模川の自然。
存分に感じられるつくりになっています

水族館の魅力の一つとして
地元の自然を感じられることがあります。

「その地域ごとの自然」を
じっくり観察してみるのがオススメ。

他地域の自然と比較してみてください。

スポンサーリンク

見どころ②「多様な環境と生物」

続いての見どころは「多様な環境と生物」
相模川では約130種の魚が見つかっています。

相模川は山中湖から約113キロの長さ
9つもの環境に区分することができます。

これだけ多様な環境があるということで
生息する生き物も多様になっています。

これを約40mの長さで表したのが
「流れのアクアリウム」
環境の違いを観察してみてください。

見どころ③「餌付け体験」

続いての見どころは「餌付け体験」
川魚にエサをあげてみましょう。

アクアリウムさがみはらの餌付けは
他とは一味違う体験ができます。

ただエサを撒くだけではなく
自分の手を水槽の中につけて餌付けします。

餌を握った手を水槽につけると
警戒心が強い川魚たちが
手の周りに集まってきます。

追加で200円かかりますが
ぜひチャレンジしてみてください。

ショップ・レストランの見どころ

アクアリウム さがみはらには
「ショップ」があります。

レストランはないので
食事は周辺施設へどうぞ。

ミュージアムショップ

アクアリウム さがみはらのグッズが盛りだくさん。
可愛いお土産が充実しています。

  • オリジナル耳かき
  • オリジナル革製品
  • オリジナルクッキー など

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

気になる細かい情報たち

アクアリウム さがみはらに関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜1時間半ほど
楽しめるぐらいの大きさ。

駐車場はある?

専用の駐車場があります。
無料で利用できます。

授乳室はある?

館内に授乳室があります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーがあります。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーのレンタルは行なっていません。

車イスのレンタルはしている?

無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従