福井「越前松島水族館」の見どころを詳しく解説

・北信越
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「越前松島水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
越前松島水族館を楽しむことができるはず。

スポンサーリンク

「越前松島水族館」の基本情報

福井県坂井市にある「越前松島水族館」
レトロ感が特徴的な水族館です。

入場料金は大人2,000円と少しお高め。
最近増設された施設もあって
規模的にも大きな水族館です。

越前松島水族館は1959年に開館した
超レトロな水族館です。当時の水槽もあり
新しい展示もあり、その融合が面白い。

昭和の懐かしさと新しさを
両方感じられる水族館と言えます。
レトロな雰囲気でデートスポットとしても。

スポンサーリンク

見どころ①「日本最古の展示」

最初の見どころは「日本最古の展示」
開館当時の水槽が残されています。

越前松島水族館の開館は1959年。
その当時の水槽はまだ展示されています。
この展示は日本最古の水槽です。

汽車の窓の形をした、昭和を感じる水槽に
「地味だなー」と感じる人も多いかもしれませんが
こういうレトロなものも逆に楽しめます。

現代的で華やかな展示を持つ水族館が増えていますが
個人的にはこういう水槽も残して欲しいですね。

スポンサーリンク

見どころ②「新設の展示たち」

続いての見どころは「新設の展示たち」
実は古い展示ばかりではありません。

先ほどは、日本最古の展示を紹介しましたが
越前松島水族館には新設の展示も増えています。

最古の水槽と比べることで
日本の水族館の歴史を実感することができます。

  • 「イルカのショープール」
  • 大型水槽のある「海洋館」
  • ハート型の「ペンギン水槽」 など

ぜひぜひ、古さと新しさを
同時に感じてみてください。

ペンギン水槽は「サンシャイン水族館」を
彷彿とさせる綺麗な展示です。

見どころ③「海水プール」

続いての見どころは
「じゃぶじゃぶ海水プール」
動物とふれあえる子供向けプールです。

越前松島水族館にはドーナツ型の
流れるプールのような場所があります。
水の量はかなり少なく、子供が遊べる場所。

ここには20種類もの生物が生活しており
子供たちが元気にはしゃいでいるエリアです。

野生の生物と遊べるこの場所は
「自分も子供だったら入りたい」
と感じるような魅力的な場所です。

子供たちがわいわいしている中で
一人で入るのには正直勇気がいります。

ショップ・レストランの見どころ

越前松島水族館には「ショップ」と
「レストラン」が1つずつあり
「海岸バーベキュー」をすることもできます。

  • 「ギフトショップ」
  • 「展望レストラン」
  • 「海岸バーベキュー」

「ギフトショップ」

越前松島水族館のグッズが盛りだくさん。
2017年に親切オープンしたショップです。

  • ガラスこんぺいとう
  • オリジナルクリアーファイル
  • 今治ハンカチ など

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

「展望レストラン」

日本海を眺めながら食事ができるレストラン。
疲れたらこちらで休憩しましょう。

  • ダイオウグソクムシオムライス
  • ソースカツ丼
  • カニピラフ
  • ハンバーグランチ など

特別メニューのダイオウグソクムシオムライス
食べてみたいですね。

「海岸バーベキュー」

越前海岸を目の前にバーベキューできます。
準備も片付けも必要ありません。

  • レギュラーセット
  • シーフードセット
  • キッズセット など

冬季はできないので要注意です。
また、夏休み期間以外は土日祝日のみです。

気になる細かい情報たち

越前松島水族館に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間半〜2時間程度は
楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

水族館専用の駐車場があります。
無料で利用することができます。

公共交通機関を利用する場合は
バスに乗ることになります。

授乳室はある?

授乳室は水族館内に4ヶ所あります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従