東京「グリーンドームねったいかん」の見どころを詳しく解説

・関東
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「グリーンドームねったいかん」
の見どころを紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
グリーンドームねったいかんを楽しめるはず。

スポンサーリンク

「グリーンドームねったいかん」の基本情報

東京都板橋区にある
「グリーンドームねったいかん」
熱帯以外の魚もたくさんいます。

入場料金は大人260円と水族館としては
かなり安めですが、値段以上に楽しめます。
熱帯雨林が再現されており、満足感あり。

グリーンドームねったいかんは
熱帯環境植物園で、熱帯の環境を
海から山の順に学べる施設です。

植物園ですが水槽数は意外と多く
様々な生物に出会えます。
デートスポットとしても楽しめるかも。

スポンサーリンク

見どころ①「熱帯の大型水槽」

最初の見どころは「熱帯の大型水槽」
熱帯の環境が再現されています。

この水槽は水族館ゾーンの最後
温室のエントランスゾーンにあります。

植物も含めて熱帯の環境が表現されており
熱帯の生き物が泳ぎまわっている姿を観ると
自分も熱帯にいるような気持ちになれます。

特に目立つのは大型のエイ
淡水の巨大なエイは迫力が凄い。

スポンサーリンク

見どころ②「ミニ水族館」

続いての見どころは「ミニ水族館」
意外?と多様な生物が住んでいます。

グリーンドームねったいかんの地下には
「ミニ水族館」というエリアがあります。

名前とは裏腹に立派な水槽が並んでおり
東南アジアを中心とした生物を
約150種も展示しています。

深海展示も含めた多様な展示を
ゆったりと観察してみてください。

見どころ③「植物園としての魅力」

続いての見どころは「植物園としての魅力」
グリーンドームねったいかんは植物館。

本来は植物館ということで
植物館としての魅力も感じないと損。

熱帯の特徴的な展示が充実しています。
僕は植物については詳しくないですが
ゆったりみて回るだけで結構面白いです。

  • 潮間帯植生(マングローブなど)
  • 熱帯の低地林
  • 熱帯の高山植物 など

一言で熱帯の植物といっても
場所や高度によって植生は違います。

その違いを順々に学べるのが
グリーンドームねったいかんの魅力です。

ショップ・レストランの見どころ

グリーンドームねったいかんには
「ショップ」「喫茶店」があります。

  • お土産売り場
  • 喫茶室クレア

お土産売り場

グリーンドームねったいかん
のグッズが盛りだくさん。
規模は小さいですがお土産も買えます。

喫茶室クレア

2018年の1月にリニューアルした喫茶店。
美味しそうなアジア料理が揃っています。

  • マレーシアカレー
  • ナシゴレン
  • ガパオライス など

営業しているのは土日祝日のみなので
しっかりチェックしてから行きましょう。

気になる細かい情報たち

グリーンドームねったいかん
に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間半〜2時間ほど
楽しめるぐらいの大きさ。

駐車場はある?

専用の駐車場はありません。
周囲の有料駐車場を利用することになります。

授乳室はある?

館内に授乳室があります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーがあります。

ベビーカーのレンタルはしている?

100円でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従