北海道「おたる水族館」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「おたる水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層おたる水族館を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「おたる水族館」の基本情報

北海道小樽市にある「おたる水族館」豪快な北海道が凝縮された水族館です。

入場料金は大人1,500円と、水族館としては普通の値段ですがそれ以上に楽しめる施設です。

自然の海岸地形を利用した「海獣公園」がとても魅力的で、大人も楽しめます。

落ち着いた展示もあり、もちろんデートスポットとしてもGOOD!

Sponsored

見どころ①「海獣公園の豪快さ」

最初の見どころは「豪快さを詰め込んだ海獣公園」です。

ここでは荒れ狂う日本海に隣接する海岸を、そのまま水族館の一部として取り込んでいます。

そこに飼育されているトドのメスにアタックするため、堤防を乗り越えてきたオスもいるらしいです…。

また、海獣公園では豪快なトドのダイブパフォーマンスが見られます。

他にもセイウチやアザラシなど、北国の海獣たちに一気に出会える最高の空間になっています。

愛想の良い生物が多いので、存分に楽しめるはず。

Sponsored

見どころ②「秘密基地のような空間」

続いての見どころは「秘密基地のような空間」です。

巨大迷路のような導線がとても楽しく、展示も北国だけに留まりません。

地元で漁獲される冷たい海の魚たち、熱帯を思わせる魚たち、アマゾンに生息する魚たち、北海道を代表する淡水魚イトウの展示もあります。

さらに世界的にも珍しいネズミイルカの展示もあります。

素速く動き回る彼らの姿は、なんとも愉快です。

見どころ③「冬季営業中の動物」

続いての見どころは「冬季営業中の動物たち」です。

冬の北海道は厳しいです。海獣公園もその寒さに包まれます。

しかし、おたる水族館は冬季営業を行なっています。個人的には、ぜひ夏季だけでなく冬季に訪れることをオススメします。

冬季に行われる、ジェンツーペンギンの雪上散歩は大人気です。

コースアウトしたり、いきなり止まったり、とても可愛い姿が見られます。寒い地域に生息する動物たちの
生き生きとした姿を見ていると、こちらまで元気になってきます!

ショップ・レストランの見どころ

おたる水族館にはショップが1つと、レストランが2つあります。

  • おたる水族館ショップ
  • レストランニュー三幸
  • 浜の屋食堂

おたる水族館ショップ

おたる水族館のオリジナルグッズがいっぱいです。

  • フウセンウオのまことくん
  • アクリルカットストラップ
  • ネズミイルカのぬいぐるみ
  • オリジナルビール など

思わず買いたくなるものが多いです。

レストランニュー三幸

オーシャンビューが楽しめるレストランです。水族館ならではのメニューもあります。

  • 亀の太郎くんランチ
  • セイウチのツララちゃんランチ
  • ハンバーグプレート など

浜の屋食堂

海獣公園にある食堂です。日本海を眺めながら北海道の幸を楽しめます。

  • ニシン焼き
  • ニシン蕎麦
  • ホタテ焼き、ツブ焼き
  • イカ焼き など

気になる細かい情報たち

おたる水族館に関する細かい情報もこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

イルカショーや海獣ショーを含めて、2〜3時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

専用の駐車場がありますが、乗用車は入場料と別に600円かかります。冬季営業中は無料になります。

授乳室はある?

館内に1カ所(個室2つ、エアコン・給湯設備あり)設置されています。

コインロッカーはある?

館内に1カ所あります。

ベビーカーのレンタルはしている?

無料で行なっています。

車イスのレンタルはしている?

無料で行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いるはずです。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました