東京「井の頭自然文化園 水生物館」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「井の頭自然文化園 水生物館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層「井の頭自然文化園」を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「井の頭自然文化園 水生物館」の基本情報

東京都武蔵野市にある「井の頭自然文化園 水生物館」動物園の中にある建物です。

入場料金は大人400円。水族館としては破格の値段ですが、それでも十分楽しめます。

動物園の中に水の生物の展示館がある形なので、水族館としての規模は小さめです。ただ、全体としての規模はとても大きいです。

「水生物館」に住んでいる動物だけではなく、陸上動物たちの姿も存分に楽しむことをオススメします。

動物園要素が強いので、デートスポットとしては微妙かも?

Sponsored

見どころ①「水草の茂った水槽」

最初の見どころは「水草の茂った水槽」和を感じる落ち着いた展示が魅力的です。

井の頭自然文化園の水生物館の展示は、色で言うと「緑色」が豊富です。この緑色は水槽の中の潤沢な水草の色です。

・透明な水の中で揺れる鮮やかな水草
・その横でゆったり泳ぐ魚たち
このコンビは最高の癒しです。

人を包み込むような巨大な水槽はありませんが、落ち着きを与えてくれる素敵な水槽に満足できるはずです。

こう言う展示を一人で眺めるのは最高です。

Sponsored

見どころ②「人気のカイツブリ」

続いての見どころは「人気のカイツブリ」です。水に潜って狩りをする水鳥です。

「カイツブリ」は普段は水面に浮いています。同じ水槽にはモツゴが飼育されていて、それを餌として食べます。

その時の狩りの姿は、他の水族館ではなかなか見られません

ここに来たら潜って魚を追いかけ回す姿をぜひ見ておきたいところです。自然の摂理を感じることができます。

見どころ③「関東周辺の淡水生物」

続いての見どころは「関東周辺の淡水生物」安心感を与えるような生物たちが充実しています。

井の頭自然文化園に展示されている水生生物は「関東周辺の淡水生物」がほとんど。

「トウキョウダルマガエル」や「カワムツ」他にも身近な「昆虫」など、探し回れば見つけられそうな生き物が豊富です。

こういった安心感と親近感を感じる、そしてどこか懐かしいような展示は大人にとって特に魅力的だと思います。

見どころ④「動物園の生き物たち」

続いての見どころは「動物園の生き物たち」施設としてはここがメインです。笑

井の頭自然文化園は基本的に動物園です。陸上動物が多数飼育されています。

せっかくなので水の生き物だけではなく、陸上動物にも癒されてみてください!

「リスの小径」では放し飼いのリスに会えます。癒されたい人は行くべき。可愛すぎます。

ショップ・レストランの見どころ

井の頭自然文化園には「フード&ギフトショップ」と「ファストフード店」が1つあります。

フード&ギフトショップ「こもれび」

園の正門を入った広場にあるショップです。

井の頭自然文化園のオリジナルグッズやフードが販売されています。

  • 十八穀ごはんの薬膳カレー
  • 焼きおにぎり弁当
  • ぞうさん弁当
  • ソフトクリーム など

動物園のお土産がメインですが、可愛いのが多いのでついつい買ってしまいます。

ファストフード店「はな子カフェ」

アジアゾウ「はな子」の運動場前にあるお店です。

こちらでも「こもれび」と同じメニューが販売されています。

気になる細かい情報たち

井の頭自然文化園 水生物館に関する、細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2〜3時間程度は楽しめるぐらいの大きさです。

水生物館のみであれば30分ほどです。

駐車場はある?

専用の駐車場はありません。周辺の民間駐車場を利用することになります。

最寄駅から10分ほどなので、電車で行くのが便利です。

授乳室はある?

授乳室は園内に1ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーが設置されていないようです。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーのレンタルは行なっていません。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました