広島「マリホ水族館」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「マリホ水族館アクアスの見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層「マリホ水族館」を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「マリホ水族館」の基本情報

広島県広島市にある「マリホ水族館」商業施設内にある都市型水族館です。

入場料金は大人950円と水族館としては安めで、小規模ですが都市型水族館として楽しめます。

水族館プロデューサーである中村元さんがプロデュースした水族館なので、癒しや水中感をたっぷり感じられるはずです。

マリホ水族館のテーマは「生きている水塊」です。海や川自体を、生き物として魅せるのが理念となっています。それをたっぷり感じられる展示がたくさんあります。

デートスポットとしても非常にオススメです!

Sponsored

見どころ①「砕ける波の展示」

最初の見どころは「波の向こうへ」サンゴに砕ける波を表現した展示です。

マリホ水族館には世界初の展示が2つあります。1つ目がこちらの展示「波の向こうへ」

サンゴ礁に砕ける波とそこに泳ぐ魚たちを展示しています。砕けた波がイソギンチャクを揺らす様子が、なぜか安らぎを与えてくれます。

その波に翻弄されながらも力強く泳ぐ魚たちからは、生きる力も感じられる展示となっています。

ぜひじっくりと水槽を眺めてみてください。

Sponsored

見どころ②「うねる渓流の展示」

続いての見どころは「うねる渓流の森」2つ目の世界初展示です。

うねる広島の渓流を再現したこの展示も世界初の展示です。激しい中にも美しさを感じられ、清涼感も伝わってきます。

ここには、広島の天然記念物であるゴギ(イワナの一種)が流れをものともせず泳ぎます。

季節ごとに風景も変わっていきます。自然を感じたい大人には特に魅力的な展示となっています。

見どころ③「輝くサンゴの海」

続いての見どころは「輝くサンゴの海」マリホ水族館の大水槽です。

小規模なマリホ水族館ですが、ちゃんと大水槽が用意されています。この「輝くサンゴの海」では、白い海底が奥まで続いていきます。

エメラルドグリーンの空間は、他の展示とちょっと雰囲気が変わります。細かい部分まで感じてみてください。

ダイバーによるパフォーマンスもあり、しっかり楽しめる工夫がされています。

全体的に没入感や癒しを感じられる展示が多く、一人で楽しむのも最高です。

ショップ・レストランの見どころ

マリホ水族館には「ショップ」がありますがレストランはありません。

ですが、マリホ水族館は「広島マリーナホップ」という商業施設のなかにある施設です。マリーナホップにはレストランがたくさんあります。

ショップ「空海館」

マリホ水族館のオリジナルグッズが盛りだくさん。癒された後はグッズも買っておきましょう。

思わず買いたくなるお土産がたくさんです。

気になる細かい情報たち

マリホ水族館に関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜1時間半程度楽しめるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

商業施設「マリーナホップ」用の駐車場があります。無料で利用することができます。

公共交通機関を利用する場合は、バスに乗ることになります。

授乳室はある?

授乳室はマリーナホップ内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

マリーナホップ内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました