三重「志摩マリンランド」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「志摩マリンランドの見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層「志摩マリンランド」を楽しむことができるはず。

志摩マリンランドは、2021年3月31日に閉館することとなりました。飼育されている動物は他の水族館に譲っていくようです。

Sponsored

「志摩マリンランド」の基本情報

三重県志摩市にある「志摩マリンランド」マンボウに会える水族館です。

入場料金は大人1,500円と水族館らしい値段ですが、その分規模も大きめなレトロ水族館です。

伊勢志摩で遊ぶなら交通費も入った「まわりゃんせ」や「あそばんせ」がお得です。一気に周辺施設を楽しむのがベターです。

さて、この水族館はマンボウが特徴です。HPを見ると名前の頭に「マンボウの泳ぐ水族館」と付いてます。

デートスポットとしても楽しめます。

Sponsored

見どころ①「マンボウ展示」

最初の見どころは「マンボウ展示」です。意外と珍しいマンボウが常設展示されてます。

先ほども触れましたが、志摩マリンランドといえばやはりマンボウの展示です。ここの1番の人気者です。

広い水槽に大小のマンボウがゆったりと泳いでいる姿に癒されます。

知っている人も多いかもしれませんが、マンボウは比較的体の弱い魚であり、未だに飼育は慎重に行われています。

マンボウが観られる水族館は、時期によって変わりますがだいたいこの辺りです。

珍しい展示を存分に楽しんでください。

Sponsored

見どころ②「海女の餌付け」

続いての見どころは「海女の餌付け」です。本物の海女さんの泳ぎが観れます。

志摩マリンランドには「大回遊水槽」という水槽があり、海女の餌付けはここで行われます。

酸素ボンベも足ひれもつけず、素潜りの海女さんが約2,500匹の魚たちに餌をあげる様子は結構迫力があります。

文化をライブとして活かしている展示で、本場の海女さんの踊りが見られるのは全国でここだけです。

志摩マリンランドに来たらお見逃しなく。

見どころ③「化石と生きた展示」

最後の見どころは「化石と生きた展示」です。博物館テイストのある展示です。

志摩マリンランドには、動物の化石と生きた化石動物を展示する「化石水族館」というエリアがあります。

ここでは、地球誕生から新生代までの海の姿と、生物の歴史を解説しています。化石類の展示もあり、博物館のような雰囲気です。

博物館と違うのは、生きた生物もいることです。日本で初めて繁殖に成功した「オウムガイ」など、長い間姿を変えていない動物に出会えます。

ショップ・レストランの見どころ

志摩マリンランドには「ショップ」と「レストラン」があります。

志摩マリンランド「ショップ」

志摩マリンランドのグッズが盛りだくさんです。伊勢志摩の名産品も販売しています。

  • マンボウぬいぐるみ
  • ペンギンのぬいぐるみ
  • マンボウの気持ち(クッキー)
  • 伊勢茶のラングドシャ など

思わず買いたくなるものもあります。

志摩マリンランド「レストラン」

ペンギン島が見下ろせるレストラン。伊勢志摩ならではのメニューもあります。

  • カキフライ定食
  • 手こね寿し
  • 伊勢うどん
  • とろろうどん など

ぜひ伊勢志摩名物を堪能してください。

気になる細かい情報たち

志摩マリンランドに関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間半〜2時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

水族館専用の駐車場が無料で利用できます。

最寄駅「賢島駅」から徒歩で2分なので、電車で行くのもオススメです。

授乳室はある?

授乳室は館内にあります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました