兵庫「神戸市立 須磨海浜水族園」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「須磨海浜水族園の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層「須磨海浜水族園」を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「須磨海浜水族園」の基本情報

兵庫県神戸市にある「須磨海浜水族園」「スマスイ」として親しまれています。

入場料金は大人1,300円と、水族館としては普通ですが、規模が大きいのでしっかり元が取れると思います。

須磨海浜水族園は「生きざま水族館」として、生物の生きざまを魅せる工夫を凝らしています。

展示の規模もかなり大きく、海の生き物も、淡水の生き物も、ショーも、総合的に充実した水族館となっています。

「ショーも含めて、全部ゆっくり見たい!」という場合は、半日ほど時間を空けた方がいいかもしれません。

デートスポットとして非常にオススメです。

Sponsored

見どころ①「さかなライブ劇場」

最初の見どころは「さかなライブ劇場」です。生きざまを強く感じられる展示です。

先ほど、須磨海浜水族園は生きざまを観られる水族館と紹介しました。それを強く感じられるのが「さかなライブ劇場」です。

進化の中で手に入れたユニークな行動を観察することができます。

現在展示されているのはこちらの6種です。

  • テッポウウオ
  • ハリセンボン
  • デンキウナギ
  • ピラニア
  • イリエワニ
  • マダコ

ワニがエサに飛びつく様子、ハリセンボンが膨らむ様子など普段観られない「生きざま」がたっぷり。

須磨海浜水族園に来たら見逃すことのできない展示です。

Sponsored

見どころ②「エントランスの大水槽」

続いての見どころは「エントランスの大水槽」入り口を入ってすぐ見える大水槽です。

この水槽は水量が1,200 t もあり、少し横長になっています。

中には岩場も再現されていて、波が起こる水槽の中で「シロワニ」や「イワシ、アジの群れ」が泳いでいます。

水族館の醍醐味の一つに「海を感じる」というのがあると思います。広大で果てしない海を感じてリラックスするというものです。

水族館自体の雰囲気も合わさって、それが可能な展示になっていると思います。

個人的にはこういう展示は一人で楽しみたいものです。

見どころ③「充実のアマゾン展示」

続いての見どころは「アマゾン館」淡水魚だけでも水族館ができてしまうほどの種数です。

須磨海浜水族園の淡水魚展示は実は非常に充実しています。

淡水魚水族館と言えば「アクア・トト ぎふ」が有名ですが、こちらも負けていません。

アマゾン館」には日本一の数のピラニアが展示されていますが、これは実際の川にいるピラニアの数を再現しています。

また、「アマゾン館」には淡水魚水槽で初めてトンネルを使った水槽があります。

ピラルクやナマズの巨大さが分かる珍しい展示なので、こちらも体験しておきましょう。

見どころ④「希少なラッコ展示」

続いての見どころは「今では希少なラッコ」実は珍しいラッコが泳いでいます。

ラッコが実は希少だって知ってましたか?

ピーク時には国内で120頭ほどが飼育されてましたが、絶滅危惧種に指定されてからというものその数は減少の一途をたどっている状況です。

現在国内でラッコを展示している水族館は4施設のみです

そんな珍しいラッコが飼育されているのが「ラッコ館」です。

ゆったりとラッコを眺めるのもいいですね。

ショップ・レストランの見どころ

須磨海浜水族園には「ショップ」が2つ「レストラン」が1つ、「軽食販売店」が4つあります。

非常に充実していますね。

  • ミュージアムショップ「コーラル」
  • スーベニアショップ
  • カフェ&レストラン「和楽園」
  • 軽食販売店「マリンショップ1号 & 2号店」
  • 軽食販売店「ドルフィンショップ」
  • 軽食販売店「うみがめのお店」

ミュージアムショップ「コーラル」

須磨海浜水族園のグッズが盛りだくさん。

こちらがメインのショップとなっています。

  • 公式キャラグッズ
  • スマスイの機関紙
  • 亀崎博士の著書 など

思わず買いたくなるものが多いです。

スーベニアショップ

さかなライブ館の前にあるショップです。

こちらでもお土産が手に入ります。

  • スマイルカぬいぐるみ
  • ペンギンぬいぐるみ
  • カメぬいぐるみ など

可愛いグッズがたくさんあります。

カフェ&レストラン「和楽園」

海の見えるレストランとなっています。メニューは洋食から軽食、デザートまで。

  • スマスイパスタ
  • 国産豚のとんかつ
  • うみがめのメロンパン
  • 和楽御前 など

スマスイにきたらここでご飯を食べましょう!

軽食販売店「マリンショップ1号&2号店

1号店はおにぎりやお茶など和風のものが、2号店はホットドッグやジェラートが売ってます。

  • 釜炊おにぎり
  • スマスイうどん
  • ホットドッグ
  • スマイルカ焼き など

軽食を食べるのに便利です。

軽食販売店「ドルフィンショップ

イルカライブ館の隣にあるお店です。イルカショーを見ながら軽食が食べられます。

  • 須磨のたこせんべい
  • シャークナゲット
  • フライドポテト など

何かをつまみながら観るイルカショーは最高。

軽食販売店「うみがめのお店

可愛いうみがめのメロンパンが人気のお店。

  • うみがめのメロンパン
  • チョコチップのメロンパン など

デザートにオススメです。

気になる細かい情報たち

須磨海浜水族園に関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間程度で全て回れるぐらいの大きさです。

ショーなどをゆっくり観る場合は、3〜4時間はあった方がいいです。

駐車場はある?

水族館専用の駐車場はありませんが、須磨海浜公園の駐車場があります。

駐車場は有料となっています。

最寄駅のJR「須磨海浜公園駅」から徒歩5分なので、公共交通機関で行くのもオススメです。

授乳室はある?

授乳室は館内に1ヶ所あります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました