福岡「マリンワールド海の中道」の見どころを詳しく解説

・九州、沖縄
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
「マリンワールド海の中道の見どころ」を紹介。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
マリンワールドを楽しむことができます。

スポンサーリンク

「マリンワールド海の中道」の基本情報

福岡県福岡市にある「マリンワールド海の中道」
「九州の海」をテーマとした九州最大の水族館です。

入場料金は大人2,350円と結構お高め。
その分規模が大きく、大型の水槽も多いので
ゆったり楽しむことをオススメします。

マリンワールドは2017年にリニューアルを行い
水族館プロデューサーの中村元さんも携わりました。

そのおかげで、水の浮遊感や癒しを感じられる展示が
増えるとともに「九州の海」というテーマを持って
大きく生まれ変わりました。

デートスポットとして非常にオススメ。

スポンサーリンク

見どころ①「玄界灘の展示」

最初の見どころは「玄界灘の展示」
一番最初に出迎えてくれる展示です。

マリンワールド海の中道で一番最初に
あなたを出迎えてくれる展示が
「玄界灘の展示」です。

ここでは大きく水しぶきをあげる白波を
水中から覗くことができます。

波が立てる轟音、そこに差し込む光
波に揺れ動く魚たちが合わさって

他の水族館には無い空間を作り出しています

「魚を観るのが楽しみで水族館に行く」
という人も多いかもしれませんが
ここでは展示自体を楽しむことができます。

「魚が観たいのにー」という方は
ぜひ、今までとは違う視点を持って
色々な展示を見てみてください。

スポンサーリンク

見どころ②「阿蘇の湧水池」

続いての見どころは「阿蘇の湧水池」
これは個人的に好きな展示です。

県内に1,000カ所を超える湧水源がある熊本県。
その自然を強く感じられる展示です。

僕は自然を感じる展示が大好きです。
特に「緑」が多くてリラックスできる展示。

水族館は基本的に「青い色」の展示が多いですが
淡水展示では「緑」が加わった展示も見られます。

この「阿蘇の湧水池」の展示では
そんな自然と「緑」を感じることができます。

ぜひゆっくり観察してみてください。

見どころ③「九州の外洋大水槽」

続いての見どころは「九州の外洋大水槽」
水族館の中央にある巨大水槽です。

大きな水槽は私たちを包み込んでくれ
浮遊感と癒しを与えてくれます。

「九州の外洋大水槽」はその
役目を果たしてくれる展示です。

「イワシの群れ」を始め、多くの
「サメ」や「エイ」が泳いでいます。
ゆったり眺めるのが楽しいと思います。

ここで泳ぐ「シロワニ」は
マリンワールドが初めて展示を開始しました。

こういう展示を一人で楽しむのは最高です。

見どころ④「かいじゅうアイランド」

続いての見どころは「かいじゅうアイランド」
「アシカ」「アザラシ」「ペンギン」が住んでます。

本館を出たところにある海獣の施設が
「かいじゅうアイランド」です。

ここには、透明のアクリルチューブがあり
アザラシたちがそこを通り抜けていきます。
とても水中を感じられる空間で大人も楽しめます

また、見逃せないのが「ケープペンギン」
芝生の上ではしゃぐペンギンは
少し不思議な感覚かもしれません。

可愛い姿が見れるはずなので
ここで癒されてみてください。

見どころ⑤「希少なラッコ」

最後の見どころは「今では希少なラッコ」
実は珍しいラッコが観られます。

ラッコが実は希少だって知ってましたか?

ピーク時には国内で120頭ほどが飼育されてましたが
絶滅危惧種に指定されてからというもの
その数は減少の一途をたどっている状況です。

現在国内では、ラッコを展示している水族館は
5施設のみなんです

そんな珍しいラッコが飼育されています。
ゆったりとラッコを眺めるのもいいですね。

ショップ・レストランの見どころ

マリンワールド海の中道には
「ショップ」「カフェ」「レストラン」があります。

  • ショップ「シーフォレスト」
  • カフェ「M-cafe」
  • レストラン「Reilly」

ショップ「シーフォレスト」

マリンワールドのオリジナルグッズが盛りだくさん。
可愛くておしゃれなグッズも多いです。

  • マスキングテープ
  • オリジナルTシャツ
  • ベビーペンギン缶(クッキー入り)
  • チンアナゴの抱き枕 など

個人的にトートバッグがイチオシ。
僕は買ってしまいました。

カフェ「M-cafe」

マリンワールドの2階にあるカフェです。
多彩なドリンクが揃っています。

  • クリームソーダ
  • タピオカチョコミルク
  • アイスティー
  • ジンジャーエール など

近くにベンチがあるのでそこで休めます。

レストラン「Reilly」

1階にあるレストランで、イルカの泳ぎを眺めながら
ゆったり楽しむことができます。

  • ドルフィンハンバーグプレート
  • ペンギン天うどん
  • 鉄板ハンバーグ・グリルセット(ライス付)
  • 海鮮ネギトロ丼 など

メニューはかなり豊富です。
値段は結構しますがご愛嬌ということで…。

気になる細かい情報たち

マリンワールド海の中道に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間程度で
全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

水族館専用の駐車場はありませんが
海の中道海浜公園の駐車場があります。
普通車は530円かかります。

最寄駅から徒歩で5分ほどなので
電車で行くのも便利です。

授乳室はある?

授乳室は館内に1ヶ所あります。

コインロッカーはある?

館内にコインロッカーが設置されています。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーは無料でレンタルを行なっています。
(デポジットとして500円必要です)

車イスのレンタルはしている?

車椅子は無料でレンタルを行なっています。
(デポジットとして500円必要です)

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従