神奈川「ヨコハマおもしろ水族館」の見どころを詳しく解説

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は水族館大好きの僕が「ヨコハマおもしろ水族館の見どころ」を紹介します。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層ヨコハマおもしろ水族館を楽しむことができるはずです。

Sponsored

「ヨコハマおもしろ水族館」の基本情報

神奈川県横浜市にある「ヨコハマおもしろ水族館」横浜中華街の中にある水族館です。

入場料金は大人1,500円と水族館らしい値段で、その割に規模は小さめですがユニークで非常に楽しめます。

中は「おもしろ水族館」と「赤ちゃん水族館」のエリアに分かれています。

この水族館はあなたが想像するいわゆる「水族館」とはちょっと、いやかなり違います。しかし、そこがこの水族館のいいところです。

水族館とアミューズメント施設が混ざっていて、笑いのネタがあちこちに散らばっている場所です。

中華街の中にあるのでデートスポットとしてもオススメです。

ネタ的な要素が多い水族館ですが、好奇心をくすぐる展示が多くて僕は好きです!

Sponsored

見どころ①「大量のオオグソクムシ」

最初の見どころは「オオグソクムシ」です。

この水族館にはオオグソクムシがいっぱいいます。深海魚の中でも結構好きな人が多いはず。深海にいるダンゴムシです。裏返すとちょっと気持ち悪いですが、それもいい。

さらにヨコハマおもしろ水族館にはとても珍しい「アルビノのオオグソクムシ」がいます。(写真のものは普通の個体です)ここに来たら見ておきたいですね。

また、ここではオオグソクムシに触ることも可能。

僕も触ってきましたが、結構動いていて気持ち悪かったです。笑

Sponsored

見どころ②「親子の魚ゾーン」

続いての見どころは「家族でも似てないゾーン」です。結構面白い展示だと僕は思います。

魚には、子供の頃と大人で見た目が全然違うという種類がたくさんいます。(特に稚魚は変な奴が多いです。)

ここでは「本当に親子!?」と思う様な魚たちがたくさん展示されています。

こういった展示は、非常に個人的ですが、知的好奇心がくすぐられます。

ぜひ多くの方に楽しんでもらいたいと思って紹介しました。ゆったり見ていってください。

見どころ③「赤ちゃん水族館」

続いての見どころは「赤ちゃん水族館」です。このエリアでは様々な生物の赤ちゃんに出会えます。

赤ちゃんって基本的に可愛いですよね?どんなに怖い生き物も赤ちゃんは可愛い。

赤ちゃんばっかり展示されているということで、そりゃもう癒されます。

初めて見る魚の赤ちゃんや、身近な魚の赤ちゃん。赤ちゃんと思うぐらい小さいけど実は大人の魚などなど、終始可愛らしさに癒されるエリアです。

ただ、エリア自体が幼稚園をイメージしていて水槽が低い位置にあったりするので、全部見るにはかなり屈む必要があります。

ショップ・レストランの見どころ

ヨコハマおもしろ水族館には「ショップ」が1ヶ所あります。

レストランはありません。腹ごしらえは中華街で済ませましょう。

お土産売り場

ヨコハマおもしろ水族館オリジナルのグッズが盛りだくさん。

白いダイオウグソクムシ「しろまる」のぬいぐるみなどが目玉です。

気になる細かい情報たち

ヨコハマおもしろ水族館に関する細かい情報をこちらに載せておきます。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って1時間〜1時間半程度で全て回れるぐらいの大きさです。

駐車場はある?

専用の駐車場はありません。中華街周辺の駐車場を利用することになります。

公共交通機関の利用がオススメです。

授乳室はある?

授乳ブースとして利用できる場所が館内に2ヶ所あります。

コインロッカーはある?

コインロッカーは館内にはありません。

ベビーカーのレンタルはしている?

ベビーカーのレンタルは行なっていません。

車イスのレンタルはしている?

車椅子のレンタルは行なっていません。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が結構いると思います。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法をまとめたので、ぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました