深海に太陽光は届く?光が届く最大水深は何メートル?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

真っ暗で光のないイメージがある深海ですが「一体どこまで太陽光は届くのか?」そんな疑問を持つ方も多いと思います。

ということで今回は、「深海に太陽光は届くのか」という素朴な疑問に答えていきます。

他にも色々な疑問を解消したい人は、こちらの記事をご覧ください!

Sponsored

深海に太陽光は届く!

結論から言うと「深海にも太陽光は届きます」

深海には厳密な定義はありませんが、一般的には水深200m以下の海域のことです。

ということは、「水深200mよりも深い場所に、太陽の光は届いている」ということです。

しかし「何mの深さまで太陽光は届くのか」という疑問も湧いてくると思います。水深200mが光の届く最大水深と思っている人もいるかもしれませんが、それは間違いです。

実は、太陽光が届く限界は「水深 約1,000m」です。このエリアはトワイライトゾーンと呼ばれます。

Sponsored

「トワイライトゾーン」とは?

まず、トワイライトの意味から考えていきましょう!

トワイライトを英語で表すと「twilight」、これを和訳すると「薄明かり」です。

「薄暗いエリア」ということで、水深200〜1,000mの深海エリアをトワイライトゾーンと呼びます。

光の量は非常に少ないですが、このエリアには太陽光が届いています。

しかし、このエリアに植物や植物プランクトンは存在していません…。光は届いているんですが、光合成はできないんです。

Sponsored

深海では光合成できない?

深海にも光は届いていますが、深海は「光合成できない場所」として知られています。

これは届いている光の量が非常に少ないからです。

トワイライトゾーンに届く光の量では、光合成を十分に行うことができません。

光合成することができないということは「植物や植物プランクトンは生きていくことができない」ということです。

深海に植物は存在しない?

「太陽光が届かず光合成できない」ため、植物は深海で生きていけません。

植物が二酸化炭素と水と光を利用して光合成を行っていることは、知っている人が多いと思います。

光合成をしない寄生植物もいますが、基本的に植物は光合成をして生きています。

光合成ができるほどの光が届くのは水深 約200mとされています。つまり深海のギリギリ手前まで、植物は生きて行くことができます。

もっと深海について知りたい人へ

今回は、深海と太陽光の関係について詳しく解説してきました。

深海魚についてもっと詳しく知りたい方は本を読むのがオススメ!

他にも様々な深海に関する話が詳しく描かれています。

コメント

  1. […] 生息水深は200〜1,000mなのでギリギリ光が届くトワイライトゾーンで普段は生活しています。 […]

  2. […] 生息水深は約200〜1,000mです。この深さは「トワイライトゾーン」と呼ばれギリギリ太陽光が届く深さでもあります。 […]

タイトルとURLをコピーしました