深海に光は届く?光が届く最大の深さは?詳しく解説

深海とは?
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

真っ暗で光のないイメージがある深海ですが
「一体どこまで光は届くのか?」
そんな疑問を持つ方も多いはず。

ということで今回は、深海に光は届くのか
という素朴な疑問に答えていきます。

他にも色々な疑問を解消したい人は
こちらの記事をご覧ください!

スポンサーリンク

深海に光は届く!

結論から言うと「深海にも光は届きます」
深海には厳密な定義はありませんが
一般的には水深200m以下の海域のこと。

ということは、水深200mよりも深い場所に
太陽の光は届いているということです。

では一体、何mの深さまで光が届くのか
その限界は「水深 約1,000m」です。
このエリアはトワイライトゾーンと呼ばれます。

スポンサーリンク

トワイライトゾーンとは?

まず、トワイライトの意味ですが
英語で「twilight」を和訳すると「薄明かり」

「薄暗いエリア」ということで
水深200〜1,000mの深海エリアを
トワイライトゾーンと呼びます。

非常に少ない光の量ではありますが
このエリアには太陽光が届いています。

スポンサーリンク

深海では光合成できない?

深海にも光は届いていますが
深海は「光合成できない場所」として
知られています。

これは届いている光の量が非常に少ないから。
トワイライトゾーンに届く光の量では
光合成を十分に行うことができません。

光合成することができない、ということは
植物が生きていくことができない
ということに繋がっていきます。

深海に植物は存在しない

「光が届かず光合成できない」ため
植物は深海で生きていけません。

植物が二酸化炭素と水と光を利用して
光合成を行っていることは
知っている人が多いと思います。

光合成をしない寄生植物もいますが
基本的に植物は光合成をして生きています。

実は、光合成ができるほどの光が届くのは
水深 約200mです。
つまり深海のギリギリ手前まで
植物は生きて行くことができます。

もっと深海について知りたい人へ

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのがオススメ!

他にも様々な深海に関する話が
詳しく描かれています。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

  1. […] 生息水深は200〜1,000mなのでギリギリ光が届くトワイライトゾーンで普段は生活しています。 […]

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従