ダイオウグソクムシ:大人気の深海ダンゴムシを解説!

深海生物図鑑

今回は、一般的にも大人気の
深海ダンゴムシ「ダイオウグソクムシ」
について詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海ダンゴムシ「ダイオウグソクムシ」とは?

「ダイオウグソクムシ」はフナムシの仲間
スナホリムシ科に属する深海生物の一種です。
プロフィールはこんな感じ。

名前:ダイオウグソクムシ
分類:節足動物門等脚目スナホリムシ科
大きさ:約 40 cm
生息水深:約200〜2,000 m

深海魚好きにも、そうでない人にも
知名度があり人気者のダイオウグソクムシ。
実はダンゴムシよりもフナムシに近い仲間です。

どこに住んでいる?

実はダイオウグソクムシは
日本の周辺には生息していません。

日本にいるのは「オオグソクムシ」の方です。

ダイオウグソクムシはメキシコ湾や
にし大西洋周辺の深海に住んでいます。

生息水深は約200〜1,000mです。
この深さは「トワイライトゾーン」と呼ばれ
ギリギリ太陽光が届く深さでもあります。

ダイオウグソクムシは
その微かな光を感じ取っているはず。

どんな生態をしている?

ダイオウグソクムシは「深海の掃除屋」
と呼ばれています。その理由は、彼らが
生き物の死骸を食べて生活しているから。

深海に落ちてきた魚やクジラなどが
ダイオウグソクムシのエサになります。

とは言え、彼らはとてつもなく少食です!
鳥羽水族館で飼育されていた個体は
5年間何も食べずに生き延びました。

のそのそと海底を歩くイメージがありますが
ダイオウグソクムシは背中を下に向けて
海の中を泳いで移動することができます。

また、ダンゴムシのような見た目ですが
完全に丸くなることはできません!

少しだけ曲げて身を守ることはあります。

ダイオウグソクムシの特徴

メンダコの特徴は以下の通りです。
タコとは思えない特徴もありますね。

  • ダンゴムシのように丸くなれない
  • 何も食べなくても生きていける
  • 漁師に嫌われている?

まずは「ダンゴムシのように丸まれない」こと。
見た目はかなりダンゴムシに近いですが
完全に丸くなることはできません…。

続いて「何も食べなくても生きていける」こと。
先ほども話した通り、ダイオウグソクムシは
5年間も絶食した記録を持っています。

数ヶ月の絶食は珍しいことではなく
深海というエサの少ない場所での
生存戦略に優れていると言えます!

続いて「漁師に嫌われている」という特徴。
ダイオウグソクムシは網にかかった魚たちを
食い散らかすため、漁師に嫌われています…。

スポンサーリンク

「ダイオウグソクムシ」は食べると美味しい?

結論から言うと「ダイオウグソクムシ」
の味はあまり美味しくありません!

体が大きい割に身はかなり少なく
臭みもあるのでお勧めできません。

ただ、一応エビやカニの仲間でもあるので
素揚げにすると甲殻類の風味がして
意外とイケるという人もいます。

食べるなら小さめの「オオグソクムシ 」
にしておいたほうが無難かと思います。笑

もし、美味しい深海魚が知りたい!
という方は以下の記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ダイオウグソクムシに会える水族館は?

ダイオウグソクムシのように
硬い殻に守られた深海生物は(エビやカニも)
圧力の変化に強い傾向にあります。

また、深海魚の人気が高まったこともあり
ダイオウグソクムシが水族館で観られるのは
不思議なことではなくなってきました。

鳥羽水族館」や「竹島水族館」など
多くの水族館で飼育されています!
ぜひ行ってみてください。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海ダンゴムシ「オオグソクムシ 」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従