ヒウチダイ:味は超ウマイ?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、見た目はちょっと悪いですがめちゃくちゃウマイ「ヒウチダイ 」について、詳しく解説します。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「ヒウチダイ」とは?

「ヒウチダイ 」はキンメダイの仲間で、ヒウチダイ科に属する深海魚の一種です。

和名:ヒウチダイ
分類:脊索動物門キンメダイ目ヒウチダイ科
大きさ:約 20 cm
生息水深:約 350〜950 m

ヒウチダイは何とも深海魚っぽい見た目で、正直ちょっと顔が怖いです。

しかし食べるととんでもなく美味しいんです…。

どこに住んでいる?

ヒウチダイは主に日本に生息しており、茨城から九州の太平洋沿岸で見られます。

ヒウチダイ科まで幅を広げると、太平洋、大西洋、インド洋など世界中に幅広く分布しています。

生息水深は約350〜950 mなので、めちゃくちゃ深いわけではありません。

そのため時々港にも上がります!

どんな生態をしている?

ヒウチダイの顔は非常にゴツゴツしてますが、これは感覚溝が発達しているからです。

この感覚器官で周囲の環境を捉えています。

ヒウチダイは港に水揚げされることもあり、深海魚の中では比較的身近と言えます。

しかし、それでもヒウチダイは深海魚。

まだまだ生態としては、分かっていないことがたくさんあります!

ヒウチダイの特徴

ヒウチダイの特徴は以下の通りです。やはり見た目と味が大きな特徴です!

  • ゴツゴツしてちょっと怖い顔
  • そんな見た目なのに超美味しい

まずは「ゴツゴツした怖い顔」です。

いかにも深海魚らしい顔が大きな特徴ですが、ヒウチダイ科の魚は同じような見た目です。このゴツゴツも大きめの口も、深海で生き延びるための形なんです。

そんな見た目をしているのに、超ウマイのもヒウチダイの特徴です。ぜひ皆さんも一度食べてみてほしい…。

Sponsored

「ヒウチダイ」は食べるとどんな味?

ここまでなんども話してきましたが、「ヒウチダイ 」は非常に美味しいです。

身は甘みも旨味もあって最高。

鮮度が良ければ刺身も美味しいですが、いい出汁が出るので汁物にしてもGOOD。ヒウチダイ は底引き網で漁獲されますが、その量は正直かなり少ないです…。

そのため市場に出回ることは少ないですが、稀に市場で見かけることもあります。

見かけたら絶対買いましょう!

ぼうずコンニャクさんのHPでは「究極の美味」と紹介されています。

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
Sponsored

ヒウチダイに会える水族館は?

ヒウチダイの生息水深は350〜950mなので、比較的浅いところまで上がってきます。

しかし、水族館の展示は行われていません。

ただし、同じヒウチダイ科の「ハシキンメ」という深海魚は、複数の水族館で展示が実現しています。

そのため「ヒウチダイ」が展示される日もそう遠くないと考えられます!技術の進歩を待ちましょう。

とにかく深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「ヒウチダイ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました