エゾイソアイナメ:ドンコ?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、ドンコとして知られている「エゾイソアイナメ」について、詳しく解説します。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「エゾイソアイナメ」とは?

「エゾイソアイナメ」はタラ目の魚で、チゴダラ科に属する深海魚の一種です。

名前:エゾイソアイナメ
分類:脊索動物門タラ目チゴダラ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:10〜300 m

エゾイソアイナメは「ドンコ」という名前がよく知られています。

三陸沖で親しまれており、とても美味しい深海魚です。

どこに住んでいる?

エゾイソアイナメは山口〜青森の日本海沿岸、三重〜岩手県の太平洋沿岸、北海道周辺など日本周辺に広く分布している深海魚です。

生息水深は10〜300mです。普段はかなり浅いところにも住んでおり、産卵期に深場に移動していきます。

そのため、旬の秋から冬の時期にはかなりの漁獲量があります。

どんな生態をしている?

エゾイソアイナメは、普段は浅い場所で生活していますが、産卵期になると深海にも移動していく深海魚です。

年齢を重ねるに従って、オスよりもメスのサイズの方が大きくなっていきます。

また、イソメなどの多毛類や甲殻類、イカや魚類などをエサとしています。

エゾイソアイナメの特徴

エゾイソアイナメの特徴は以下の通りです。その見た目と美味しさが大きな特徴です!

  • 黒くて美味しくなさそうな見た目
  • 実はとても美味しい

まずは「黒くて美味しくは見えない外見」です。

エゾイソアイナメは体が黒みがかっており、あまり美味しそうな見た目ではありません。底引き網漁で上がってくると、浮き袋が膨らんで口からはみ出ている個体もよく見かけます。

ですが「実はとても美味しいんです。」特に旬の時期は肝が最高で、三陸地方では非常に親しまれています。

Sponsored

「エゾイソアイナメ」は食べるとどんな味?

ここまでなんども説明してきましたが、「エゾイソアイナメ」はとても美味しいです!

全体的にクセがなく、身は綺麗な白身です。寒い時期は肝が非常に大きくなり、とても食べ応えがあります!

煮付けや味噌汁にして丸ごといただくのが、個人的なオススメの食べ方です。

他にも美味しい深海魚が知りたい、という方は以下の記事をどうぞ!

Sponsored

エゾイソアイナメに会える水族館は?

エゾイソアイナメは産卵期以外、比較的浅い場所で生活しています。そのため、水族館の展示も比較的簡単です!

うみの杜水族館」や「加茂水族館」などで展示実績があります。特に、うみの杜水族館は三陸の展示が有名です。

ぜひ観に行って、彼らを観察した後は、実際に食べてみることをオススメします。

とにかく生きTA深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「エゾイソアイナメ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました