「リュウグウノツカイ」:神秘的で大人気の深海魚を解説!

深海生物図鑑

今回は、その神秘的な見た目で大人気の
深海魚「リュウグウノツカイ」について
詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海魚「リュウグウノツカイ」とは?

「リュウグウノツカイ」は
リュウグウノツカイ科に属する深海魚の一種です。
プロフィールはこんな感じ。

和名:リュウグウノツカイ
分類:脊索動物門アカマンボウ目リュウグウノツカイ科
大きさ:3 m(最大 11 m)
生息水深: 200〜1,000 m

発見されるとニュースにもなり
最近はゲームにも採用されているため
どんどん有名になっている深海魚と言えます!

どこに住んでいる?

リュウグウノツカイは太平洋・大西洋など
世界中の海に広く分布しています。
もちろん日本周辺にも生息しています!

生息水深は200〜1,000mなので
ギリギリ光が届くトワイライトゾーン
普段は生活しています。

本来は外洋の深海で生活していますが
ニュースでも見るように、沿岸の浅海に
上がって来ることもあります。

特に稚魚はプランクトンを食べるため
浅場を好みます。
成長するに従って
深海に生息域を移していきます!

どんな生態をしている?

Oarfish: The Real Sea Serpent – Deepsea Oddities

リュウグウノツカイは体をまっすぐに立てて
海の中層で静止していることが多いですが
泳ぐときは体を前傾させるとされています。

基本的に群れを作らず、発見されるときは
いつも一匹で泳いでいます。体が大きいので
群れを作らなくても生きていけます。

非常に大型の魚ですが食べているのは
主にオキアミなどのプランクトンです。

リュウグウノツカイの特徴

リュウグウノツカイの特徴は以下の通りです。
神秘的な見た目が大きな特徴だと言えます!

  • 伝説にもなる神秘的な見た目
  • ウロコ・歯・浮き袋を持っていない
  • 地震とは関係ない

まずは「伝説にもなる神秘的な見た目」です。
リュウグウノツカイの大きな体と赤いヒレは
やはり最も大きな特徴です。

西洋におけるシーサーペント(海の大蛇)などの
伝説の元になったとも言われています。さらに
日本の人魚伝説も彼らが元だという説があります!

続いて「ウロコ・歯・浮き袋がない」という特徴。
リュウグウノツカイにはウロコがなく
皮膚は柔らかくなっています。

また、プランクトン食性なので歯もなく
深海に住んでいるということで
浮き袋も持っていません!

続いて「地震とは関係ない」ということ。
よくリュウグウノツカイが発見されると
地震の予兆だとされることがあります。

しかし、彼らが浅瀬に上がってくることと
地震が起こることとは関係ありません!
ですのでニュースで見ても安心してください。

スポンサーリンク

「リュウグウノツカイ」は食べると美味しい?

結論から言うと「リュウグウノツカイ」の
味は美味しくありません!
水分が多いため
味がほぼなく、歯ごたえもないようです。

なかなか食べる機会に恵まれることは
ないと思いますが、残念ながら
進んで食べるような魚ではないですね…。

以下の動画でリュウグウノツカイの
調理から食レポまで行われているので
気になる方はぜひご覧ください!

リュウグウノツカイ食べてみた!    I tried to eat Giant oarfish
スポンサーリンク

リュウグウノツカイに会える水族館は?

リュウグウノツカイ 海きらら九十九島水族館

リュウグウノツカイは時々ですが
沿岸の浅瀬で発見されます。
その際に生きていることも多いです。

しかし、体が非常に大きいことや
まだ生態が詳しく分かっていないことが理由で
長期飼育には成功していません。

海きらら」が展示に挑戦しましたが
水槽に入れて30分ほどで死んでしまいました。
のとじま水族館」の記録は3時間半です。
今後技術が発達することを期待しましょう。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「リュウグウノツカイ」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従