シーラカンス:生きた化石?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、3億5000万年も同じ姿が変わらない生きた化石「シーラカンス」について、詳しく解説します。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物まとめ
「深海生物まとめ」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「シーラカンス」とは?

「シーラカンス」はラティメリア科に属しており、この科のなかで唯一まだ絶滅していません。

名前:シーラカンス
分類:脊索動物門シーラカンス目ラティメリア科
大きさ:約 1〜2 m
生息水深:40〜600 m

「生きた化石」としてゲームにも登場し、常に高い人気を誇るシーラカンス。

深海魚としても非常に有名です!

どこに住んでいる?

シーラカンスの生息地として知られるのは主に3ヶ所で、南アフリカ、インドネシア、コモロ諸島(マダガスカルの左にある諸島)です。

アフリカの種類とインドネシアの種類は体色が異なっていますが、形態は同じです。

これらを同一種と考える人もいます。

生息水深は40〜600mほどですが、水深200mほどの海底洞窟が生活の中心です。まさに深海魚と言える生息水深ですね。

どんな生態をしている?

Finding the Coelacanth | DinoFish

シーラカンスは「卵胎生」の魚です。

卵胎生とは、卵を体内で孵化させてから子供を産むという性質のことです。卵胎生は魚類では比較的珍しい生態で、サメの一部やエイの一部にも見られます。

卵は魚卵としてはかなり大きく、直径は10cmを超えます。生まれる仔魚も大きく、こちらは体長が約30cmにもなります!

シーラカンスの特技は「逆立ち」で、逆立ちしながら魚類やイカを捕食します。

シーラカンスの特徴

シーラカンスの特徴は以下の通りです。やはり「生きた化石」と呼ばれる変わらない姿が大きな特徴と言えます!

  • 3億5000万年変わらない姿
  • 脊椎を持っていない
  • 商業目的の取引は禁止

まずは「3億5000万年変わらない姿」です。

シーラカンスの仲間は26に分類されていますが、その多くは絶滅してしまいました。一方で、紹介しているシーラカンスは、非常に長い期間見た目を変えずに生き残りました。これは環境変化の少ない深海に生息している、ということが関係していると考えられています。

続いては「背骨を持っていない」という特徴です。

シーラカンスは硬い背骨の代わりに脊柱というホース状の管を体に持っており、その中は油のような液体が満たされています。

続いては「商業目的の取引は禁止」であることです。

シーラカンスは非常に希少なため、ワシントン条約にリストされています!そのため、商業目的での取引をしてはいけません。

Sponsored

「シーラカンス」は食べると美味しい?

結論から言うと「シーラカンス」の味は美味しくありません!

日本の魚類学者によると「味がなく、歯ブラシのようで水っぽい」とのことで、ほぼ味はないようです。

卵には人が消化できないワックスがあり食べ過ぎはNGです。また、生臭くて到底美味しいとは言えません。

希少な魚なので食べる機会はほぼ100%無いはずですが、あったとしても食べたいとは思えませんね…。

美味しい深海魚について知りたい方は、以下の記事をご覧ください!

Sponsored

シーラカンスに会える水族館は?

シーラカンスは非常に希少な魚です。生きた姿が撮影されるだけでもニュースになるほどです。

現在生きた姿が観られる水族館はありません。しかし、標本が観られる水族館があります!

その水族館は「沼津港深海水族館」と「アクアマリンふくしま」の二つ。

特に沼津港深海水族館には5体展示されています。

とにかく深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「シーラカンス」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました