イバラヒゲ:釣れる?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、深海魚釣りで獲れる美味しい深海魚「イバラヒゲ」について、詳しく解説します。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「イバラヒゲ」とは?

「イバラヒゲ」はソコダラの仲間で、ソコダラ科に属している深海魚の一種です。

和名:イバラヒゲ
分類:脊索動物門タラ目ソコダラ科
大きさ:約 60 cm
生息水深:約 300〜3,700 m

イバラヒゲはソコダラの中でもかなり美味しい種類です。

ソコダラにはたくさんの種類がいますが、似た見た目をしている「オニヒゲ」という魚もかなり美味しいです!

どこに住んでいる?

イバラヒゲは、日本はもちろんオホーツク海やベーリング海、カリフォルニア沿岸での生息が確認されています。

日本では主に相模湾より北の太平洋側沿岸で発見されます。

生息水深は約300〜3,700mとかなり深いところにまで生息しており、「オニヒゲ」より深いところが好きなようです。

どんな生態をしている?

イバラヒゲは長い尾をゆっくりと振りながら、海底の少し上を遊泳しています。

長い尾の推進力が斜め下の推進力につながり、これが餌を探すのにとても適しています。

主食はイカ類で、オキアミや他の魚エビなども食べることが知られています!

イバラヒゲの特徴

イバラヒゲの特徴は以下の通りです。頭の大きな形と「味」が特徴的です!

  • 大きな頭と長い尻尾
  • 硬いイバラのようなウロコ
  • 非常に美味しい「身」

まずは「大きな頭と長い体」です。

これはソコダラの仲間の大きな特徴で、英語で「Rat tail(ネズミの尻尾)」と表現されます。

このような体の形をしているので食べられる部分は多くありません…。

続いて「硬いイバラのようなウロコ」です。

イバラヒゲにはイバラのようにトゲのある硬いウロコがついています。ウロコがとれにくいので、三枚おろしする際には要注意です!

続いて「非常に美味しい身」です。

イバラヒゲは深海釣りでも釣れる魚で、身は非常に美味しいと有名です!

Sponsored

「イバラヒゲ」は食べると美味しい?

すでに何度か話しましたが、「イバラヒゲ」は非常に美味しいです!

さばく前の見た目はちょっと悪いですが、身は綺麗な白身で臭みもなく非常に食べやすい深海魚です。

なかなか流通することはないので、食べたい人は自分で釣るのがオススメ!

イバラヒゲはぼうずコンニャクさんのHPで、「非常に美味」な魚として紹介されています。

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
Sponsored

イバラヒゲに会える水族館は?

イバラヒゲの生息水深は約300〜3,700mとかなり深いです。

そのため、水族館で飼育することはかなり困難。水族館で観られるのはとても珍しいことで、まだ展示が成功したという記録はありません。

技術が進歩して、イバラヒゲが水族館で観れることを願いましょう。

とにかく深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「イバラヒゲ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました