今すぐ「シャチ」に会える日本の水族館を徹底解説!

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は「シャチに会える日本の水族館」を詳しく紹介していきます。

水族館の人気者であるシャチですが、日本で観られる水族館は2館だけです!

その2つについて解説していきます。後半ではシャチの特徴や、シャチに似ているイロワケイルカも紹介します。

彼らにもぜひ会いに行ってみて下さい!

Sponsored

シャチに会える①「鴨川シーワールド」

まずは千葉にある「鴨川シーワールド」です。

シャチのショーで有名なので、知っている人も多いかもしれません!

シャチと言えば「鴨川シーワールド」というぐらい、シャチシャチしている水族館です。シャチのショーは絶対に見逃せません。

入場料は大人3,000円とトップクラスの高さですが、この高さでも満足できる施設となっています。

鴨川シーワールドの特徴はやっぱり「ショー」です。シャチだけでなくシロイルカやイルカなど、大迫力のショーを見ることができます。

施設自体が非常に大きく、展示の完成度も高いものばかりです。丸一日時間を取るのがオススメ。

Sponsored

シャチに会える②「名古屋港水族館」

続いては愛知の「名古屋港水族館」です。

こちらは日本で一番お金がかかっている水族館です。その分満足できる展示が充実しています。

名古屋港水族館にもシャチがいます。入ってすぐのどデカイ水槽で優雅に泳ぎ回っている姿は圧巻です。

名古屋港水族館では、鴨川シーワールドのような大規模なショーは行われていませんが、小規模のパフォーマンスが行われます。

入場料金は大人2030円と水族館らしい値段ですが、「もっと出してもいい」と思えるほど巨大で充実した施設です。

名古屋水族館で特徴的なものの一つに「マイワシトルネード」があります。3万匹を超えるマイワシが動き回る様子は本物の竜巻のようです。絶対に見逃せません。

Sponsored

シャチの基本情報を紹介

一般的に冷たい水を好むシャチですが、生息地は世界中の海に渡っています。

日本でも北海道や和歌山で目撃されます。

水族館で観るシャチの仕草は可愛らしく、観ていてとても癒されますが海でのシャチは食物連鎖の頂点です。

シャチの別名は「海のギャング」であり、英語では「Killer whale(殺し屋クジラ)」

自然環境では大きなクジラやアザラシを狩る、ハンターのような一面を持っています。

人を襲うことはありませんが、体が大きいのでただのじゃれあいが被害を与えることもあるので注意が必要です…。

シャチはクジラの仲間?

シャチの話をずっとしてきましたが 、シャチは何の仲間なんでしょうか?

結論から言うとシャチは哺乳類であり、クジラの仲間です。イルカではなくクジラ。

シャチは、日本の水族館で観られる数少ないクジラの一種ということです。

イルカとクジラの違いを知りたい方は、こちらの記事をどうぞ!

シャチに似ている「イロワケイルカ」

シャチの特徴はなんといっても「色」白と黒のコントラストが美しいです。

しかし、白黒で可愛い海の生き物はシャチだけではありません。

実は「イロワケイルカ」というイルカがいます。

シャチよりも小柄なイルカの仲間で、見た目はこんな感じです。

どうですか?とても可愛いですよね。好奇心が旺盛でずっと動き回っています。

イロワケイルカはどこで観れる?

さてイロワケイルカはどの水族館で観れるのか?

日本でイロワケイルカに会える水族館は、現在2つしかありません。どちらも行ってみて下さい!

うみの杜水族館は、東北の豊かな海を再現した展示が人気の水族館です。館内の雰囲気も良く、デートにもオススメ。

鳥羽水族館は飼育種数が日本一です。とにかくいろんな種類の生き物に会いたい、という人にオススメの水族館です。

まとめ:シャチに会いに、水族館へ!

今回は、シャチに会える水族館を紹介してきました。

ぜひ実際に行ってみて、彼らのダイナミックさや可愛さを生で感じてみてください。

それぞれの水族館の見どころや、一人で水族館に行った際の楽しみ方はこちらにまとめているのでぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました