シンガポール水族館「S.E.A. Aquarium」の見どころ解説

・世界
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回はひとり水族館大好きの僕が
シンガポールにある「S.E.A. Aquarium」
の見どころを紹介。

行く前にポイントを抑えておけば、より一層
シンガポール水族館を楽しむことができるはず。

スポンサーリンク

シンガポール水族館「S.E.A. Aquarium」の基本情報

シンガポールにある「S.E.A. Aquarium」
世界最大の水槽がある大規模な水族館です。

入場料金は大人41シンガポール$
(日本円で3,000円ぐらい)

と日本の水族館の値段を考えるとちょっと高い。

KLOOKというサイトから購入すると10%OFF
なのでこちらから前もって購入するのがオススメ。
サイトに登録が必要になります。(通貨は日本円で)
参考シンガポール水族館チケット

シンガポール水族館はシンガポールのセントーサ島
という場所にあります。リゾート地のような場所
なので一日中遊べる島になっています。
(ユニバーサルスタジオもあります)

さてこのシンガポール水族館ですが
世界最大級の大きさを誇っており
ギネス記録にもなっている大きな水槽があります。

雰囲気も非常に良く、デートスポットとしても。

メルボルンは世界一住みやすい街として有名な街。
観光名所もたくさんあるので非常にオススメ。
「ヴィクトリア美術館」最高でした。

スポンサーリンク

見どころ①「世界最大のアクリルガラス」

最初の見どころは「世界最大のアクリルガラス」
衝撃的な大きさの水槽に出会えます。

この巨大な展示の名前は「オープン・オーシャン」
マンタを含む120種類40,000匹の魚たちが
ゆったりと優雅に泳ぎ回ります。

この水槽は水族館好きなら観ておきたい水槽。
美ら海水族館の「黒潮の海大水槽」も
めちゃくちゃ大きいですがそれを遥かに超えます。

ジンベエザメなどの目玉となる生物はいませんが
海に包まれるこの感覚は病みつきになるはず。
そばに売店もあるので軽食を食べながら過ごせます。

ここで好きなだけ、大きな海を感じてください。

スポンサーリンク

見どころ②「大きな沈没船」

続いての見どころは「大きな沈没船」
水槽の中に船が沈んでいます。

シンガポール水族館に入って
一番最初に出会う水槽がこれです。
展示の名前は「シップレック(沈没船)」

ただただ魚が泳いでいるだけじゃなく
水槽全体が一つの展示として完成されている
こういった展示が好きな方にオススメ。

海にある沈没船なんて普段見られません。
そんな未知の世界を体験できる展示です。

この展示も非常に大きいので
癒されること間違いなしです。

見どころ③「サメだらけの水槽」

続いての見どころは「サメ、サメ、サメ」
とにかく大量にサメがいます。

エリアの名前はシャークシー」
数種類のサメがたくさん泳いでいます。

写真に写っている魚たち
見にくいかもしれませんが全部サメです。

これだけ大量にサメが泳ぎ回っているのは
恐ろしいはずですがなんだか不思議な感覚。

お金を払えば一緒に泳ぐこともできます。
190ドルぐらいかかりますが
勇気のある方はぜひトライしてみては…?

見どころ④「巨大な円柱水槽」

続いての見どころは「巨大な円柱型の水槽」
迫力ある水槽には生きたサンゴと魚たちが。

シンガポール水族館には多種多様な
完成度の高い水槽があり、それぞれが
特徴的な世界観を作り上げています。

その展示たちの途中に大きな円柱型があります。
そこには大きなサンゴと綺麗な魚たちが…。

丸い形をした水槽は中が歪んで見えるので
個人的にはあんまり好きじゃないんですが
この水槽は好きです。

座る場所もあるので
ここでゆっくり休むのも最高ですね。

見どころ⑤「完成度の高い展示」

続いての見どころは「完成度の高い多様な展示」
一つ一つの水槽が綺麗で魅力的です。

シンガポール水族館の水槽は基本的に大きいです。
そしてそれぞれにテーマがあります。

  • REEF CAVE「サンゴの洞窟」
  • CARIBBEAN SEA「カリブの海」
  • RED SEA「紅海」 などなど

どの水槽も綺麗で手入れが行き届いているので
しっかり観てみてください。

他にもゾウギンザメがたくさんいたり
白いガーがいたりと楽しめる場所はいっぱい。

ぜひともシンガポール水族館で
世界の海を楽しんでみてください。

ショップ・レストランの見どころ

シンガポール水族館には
「ショップ」が2つと「レストラン」
「売店」が併設されています。

「ショップ」

ショップは道中と最後に一つずつあります。
規模はそれほど大きくないです。
・SEAAワンダーズ
・SEAAトレジャーズ

シンガポール水族館のグッズが揃っていますが
個人的にグッズはもっと多様にしてほしい…。

この点に関しては正直、日本の同規模の
水族館の方が充実していると思います。

  • オリジナルトートバッグ
  • オリジナルぬいぐるみ
  • オリジナルTシャツ
  • オリジナルタンブラー など

海外らしい派手なものが多かったです。笑

「レストラン」

ギネス記録の水槽の横にレストランがあります。
「オーシャン・レストラン」と言う名前ですが
値段はかなり高めです。(ランチ70ドルぐらい)

僕は値段を見て諦めました。笑
コース料理になっているようです。
結構人気の店らしく、予約する人もいるとか。

巨大な水槽に癒されながらの食事は雰囲気最高
のはずなので、気になる方はぜひ。
ディナーも用意されています。もっと高いけど。

気になる細かい情報たち

シンガポール水族館に関する細かい情報を
こちらに載せておきます。使ってください。

所要時間はどのくらい?

ゆっくり回って2時間〜3時間半ほど
楽しむことのできる大きさです。

授乳室はある?

授乳室は水族館の入り口付近にあります。

ベビーカーのレンタルはしている?

レンタルについては不明ですが
ベビーカーでも観覧は可能です。

車イスのレンタルはしている?

レンタルについては不明ですが
車椅子でも観覧は可能です。

水族館を安く楽しむために…

「水族館は値段がネック」という人が
結構いるはず。

水族館巡りが好きな僕も「高いなー」
と思うことが結構あります。

そんな方のために、水族館を安く楽しむ方法を
まとめたのでぜひコチラの記事をどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従