水族館の新しい楽しみ方?「ひとり水族館」のメリットを紹介します!

ひとり水族館
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

皆さんはひとりで水族館に行きますか?
僕は基本的に水族館はひとりで行きます!

しかし「ひとりで水族館なんて絶対無理」
という人も多いはず。僕の周りにもいます。笑

もしかしたら「ひとり水族館」してみたいけど
周りの人にどう思われるのか気になって
行く勇気が出ない、という人もいるかも。

そういう方はこの記事を読んでみれば
ひとり水族館に行ってみたくなるはず!

オススメの水族館も紹介しています。

ひとり水族館を成功させるコツや楽しみ方は
以下の記事をどうぞ。

スポンサーリンク

ひとり水族館は「とにかく自由」

ひとり水族館の醍醐味はなんといっても
「とにかく自由に行動できること」

水族館の楽しみ方は人それぞれです。
僕がざっとまとめただけでもこれぐらい。

  • 癒しを感じる
  • 生き物を観察する
  • 他の水族館と比較する
  • ショーを観る 
  • オリジナル飯を食べる などなど

誰かと一緒に行くと
これらの行動に制限が出てしまいます。

個々人の楽しみ方を見つけて
それを思いっきり楽しむ

それがひとり水族館の醍醐味です。

ここからはそれぞれの楽しみ方について
詳しくお話ししていきます!

スポンサーリンク

一人なら「同じ水槽をずっと観てもいい」

一人で水族館に行った場合
「同じ水槽をいつまででも観てられます」

水族館で水槽を眺めている時
「うわ、この水槽すごい!」と思う時
結構あると思います。

一人で水族館に行けば
誰にも気遣う必要はありません!

心ゆくまで水槽を眺めていてください。

スポンサーリンク

一人なら「何周してもいい」

一人で水族館に行った場合
「何周しても怒られません」

水族館は基本的に1回値段を払えば
その日は何回でもまわる事ができます。

おしゃれな都市型水族館は値段も結構高いです。
それなのに1周で済ませるのはもったいない!

1周目と2周目では違った景色が見られるので
一人で行ったら何回も回ってみてください。

一人なら「写真を撮り続けてもいい」

一人で水族館に行った場合
「いくらでも写真を撮ってられます」

水族館に行ったら可愛い生き物がいたり
大きな水槽があったり、深海魚がいたり
写真を撮りたくなる場面がたくさんあります。

ですが動いている生き物を
一発で綺麗に撮影するのは難しいです。

一人で行けばこの悩みは即解決できます!
納得いく写真が撮れるまで、撮り続けられます。

ひとり水族館にはこんなメリットも。

写真撮影に夢中になりすぎて
他人に迷惑がかからないようにだけ
気をつけましょう!

一人なら「癒しを堪能し続けてもいい」

一人で水族館に行った場合
「ずっと癒しを感じていられます」

「水族館の水槽をみていると
血圧が下がってリラックスできる」

という効果は科学的に根拠があります。

このリラックス効果をずっと感じていたい
人間生きていれば、そんな時もあります。
(僕もそういう時が結構あります笑)

ひとりで水族館に行って
心ゆくまで癒されてみる
そういう経験を一度してみてください!

一人なら「何回ショーを観てもいい」

一人で水族館に行った場合
「何回でもショーを観られます」

水族館というとイルカショーのイメージが
強いかもしれませんが
他にもたくさんのショーがあります。

  • イルカパフォーマンス
  • シャチパフォーマンス
  • アシカパフォーマンス
  • イワシのトルネード
  • ダイバーの魚紹介 など

一つの水族館に4個も5個もショーがあることも
珍しいことではありません。

これらのショーを全部観る
ということも一人なら可能です!

ひとり水族館にオススメの水族館は?

ひとり水族館のメリットを話してきましたが
一体どの水族館に行けばいいのか。

個人的なオススメは
「デートに人気の水族館」です。
例を出すとこんな感じ。

これらの水族館は
・館内が薄暗かったり
・癒しの多いクラゲがいたり
・水の癒しが多かったり
 といった特徴があります。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

まとめ:ひとり水族館はメリットだらけ

僕が思うひとり水族館のメリットを
いくつか紹介してきました。

「まだまだ一人で水族館行くのは恥ずかしい」
という方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、周りの人はあなたのことを
そんなに気にしていません!

もし、少しでも
「ひとり水族館良さそうだな…」
と思った方はぜひ行ってみてください。

僕も一生続けて
世界中の水族館をまわる予定です。笑

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従