今すぐ「ジンベエザメ」に会える日本の水族館を徹底解説!

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は「ジンベエザメに会える日本の水族館」を詳しく紹介します。

水族館の超人気者であるジンベエザメ、あの雄大に泳ぐ姿はたまりません…!

そんなジンベエザメが観られる水族館は日本に4館だけです!

今回は、その4つの水族館について解説していきます。後半にはジンベエザメの特徴や食べ物についても紹介しています。

Sponsored

ジンベエザメに会える①「のとじま水族館」

まずは石川にある「のとじま水族館」です。

日本海側で最大の総合水族館です!

入場料金は大人1,890円と水族館らしい値段で、必ず満足できる規模感です。展示もかなり豊富です。

のとじま水族館の特徴は様々な人気展示が一気に見れる「お得感」です。

様々な展示を楽しむことができるので「あれも見たい、これも見たい」という人にオススメです。

Sponsored

ジンベエザメに会える②「海遊館」

続いては大阪にある「海遊館」です。

日本で最も有名と言っても過言じゃないです。ジンベエザメも死ぬほど有名ですね。

海遊館には「生物をより自然に近い姿で観察してもらいたい」という考えがあります。

そのため、よく水族館にあるようなショーは無し。イルカショーもアシカショーも無いです。

しかしそのおかげで、動物たちの自然のままの姿を観察できます。独自の良さをぜひ感じてください!

Sponsored

ジンベエザメに会える③「いおワールド かごしま水族館」

続いては鹿児島にある「いおワールド かごしま水族館」です。

「生きる」をテーマにした水族館です。

いおワールドのジンベエザメは他と比べると少し小さめですが、九州にもジンベエザメがいます!

小さい理由は、サイズが大きくなってくると天寿を全うできるよう、海に放流するからです。

これは素晴らしい取り組みだと思います。

大きな海に旅立つ前の小さなジンベエザメを、挨拶するような気持ちで観察してみましょう!

ジンベエザメに会える④「美ら海水族館」

続いては沖縄にある「美ら海水族館」です。

海遊館と並んで大人気の水族館です。

美ら海水族館のジンベエザメは水槽全体で楽しむべき、素晴らしい展示です。未だに初めて観たときの感動が残ってます。

超巨大な水槽を泳ぐジンベエザメは、観ているだけでどんどん時間が経っていきます!

もちろん他の展示も充実しているのでゆったり楽しむことができます。

ジンベエザメの基本情報

ジンベエザメは、世界中の温帯から熱帯の海に生息する世界最大の魚類で、確認されている最大サイズは約19mです!

英語では「Whale shark」と呼ばれます。クジラのように大きいサメということですね。

日本近海には、初夏から秋にかけて回遊します。

体にある白の斑点が陣兵衛羽織(じんべえばおり)に似ていることから、この名前がつきました。

ジンベエザメはプランクトンを食べる?

映画ジョーズのせいで?「サメ」と聞くと「怖い魚」というイメージがあるかもしれません。

しかし、ジンベエザメはとてもおとなしい魚です。

主に小型の甲殻類などプランクトンを食べ、人を襲うということはありません!

実はプランクトンを食べて生活する魚はジンベエザメ以外にもいます。詳しくはこちらの記事をどうぞ!

まとめ:ジンベエザメに会いに、水族館へ!

今回は、ジンベエザメに会える水族館を紹介してきました。

ぜひ実際に行ってみて、彼らの雄大な泳ぎをを生で感じてみてください。

それぞれの水族館の見どころや、一人で水族館に行った際の楽しみ方はこちらにまとめているのでぜひ読んでみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました