ナガタチカマス:幻の深海カマス?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、最高にウマイ幻の深海魚「ナガタチカマス」について、詳しく解説します。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海カマス「ナガタチカマス」とは?

「ナガタチカマス」はスズキ目の魚で、クロタチカマス科に属する深海魚の一種です。

和名:ナガタチカマス
分類:脊索動物門スズキ目クロタチカマス科
大きさ:約 1 m
生息水深:約 400 m以深

ナガタチカマスはなかなか獲れない、一度は食べてみたい幻の深海カマスです。

身には脂が乗っていて最高です!一度は食べて欲しい深海魚です。

どこに住んでいる?

ナガタチカマスは世界中に広く分布しています。

クロタチカマス科の魚は昼間は深海で過ごしますが、夜になると餌を求めて浅海に上がってきます!昼間は水深400m以深で暮らしており、割と深いところにいます。

そのため漁獲されることはほとんどなく、食べられた人はかなりラッキーです。

どんな生態をしている?

ナガタチカマスは知る人ぞ知る深海魚です。

市場に流通することはほぼありません。漁師さんでも食べたことがない人が多いです。

そのため生態についても分かっていないことが多い魚です。

肉食性でイカや他の魚類を食べること、昼間は深海に夜は浅場で過ごしていることなどが知られています!

ナガタチカマスの特徴

ナガタチカマスの特徴は以下の通りです。やっぱり「美味しい」ことが一番の特徴です!

  • 長い体と鋭い「歯」
  • とにかく美味しい

まずは「長い体と鋭い歯」です。

ナガタチカマスは1mを超える長い体に、非常に鋭い歯を持っています。この巨体で素早く泳ぎ、鋭い歯でイカや魚たちを捕まえています!

続いて「とにかく美味しい」ということです。

ナガタチカマスは非常に絶品で、その味は知る人ぞ知っています!甘味のある脂が食欲をそそります。

Sponsored

「ナガタチカマス」はどんな味?

【過去最高希少種】10年に1度の幻の魚がきまぐれクックに届いた

ここまでなんども説明してきましたが、「ナガタチカマス」は非常に美味しい魚です。

綺麗な白身でクセはほとんどなく、甘みのある脂がのっています。

どんな調理法も合うのでお好みで調理しましょう。

とはいえ、ナガタチカマスはほとんど市場に流通しません。もし見かけた場合はすぐに買いましょう…!最高の食事が楽しめるはずです。

他にも美味しい深海魚がたくさんいるので、ぜひトライしてみてください。

Sponsored

ナガタチカマスに会える水族館は?

ナガタチカマのは400m以深に生息していますが、夜間には浅い場所に上がってきます。しかし、展示が実現した水族館はほぼありません。

今のところは「美ら海水族館」のみです。

沖縄では「ナガンジャー」や「ナワキリ」と呼ばれて親しまれています。現在は展示されていないので、今後常設展示が実現することを願いましょう!

とにかく深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「ナガタチカマス」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました