【深海ザメ】カグラザメとは?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、なんでも食べる深海ザメ「カグラザメ」について、詳しく解説したいと思います。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海ザメ「カグラザメ」とは?

Massive Deep-Sea Shark Checking Out Our Submarine

「カグラザメ」はカグラザメ目カグラザメ科に属する深海ザメの一種です。

和名:カグラザメ
分類:脊索動物門カグラザメ目カグラザメ科
大きさ:約 3〜5 m
生息水深: 0〜2,500 m 以下

カグラザメは深海に住むサメとしては「最大級の大きさ」になる巨大なサメです。

ラブカと同様に、一般的なサメとは少し違った特徴を持つ深海ザメです。

どこに住んでいる?

出典:Wikipedia(Chris_huh)

カグラザメは熱帯から温帯まで、世界的に広く分布しています。

日本近海にも生息しており、駿河湾や相模湾での捕獲が多いですが、青森での発見例もあります。

普段は外敵のいない深海で生活しており、最大水深は約2,000mにも及びます。

しかし、夜になると表層に住むイカやタコなどの餌を求めて、浅い場所に上がってくることが知られています。

どんな生態をしている?

カグラザメはその巨体を維持するために、鋭い歯を使ってなんでも食べます。

深海ではヒラメやカレイに加えてカニなどの底生生物を、浅海ではイカ・タコやその他の魚類を食べています。

場合によってはオットセイなどの海獣類もカグラザメの犠牲になります。

カリフォルニアや南アフリカでは人的被害の記録もありますが、基本的には人を襲わないサメだとされています。

カグラザメの特徴

カグラザメの特徴は以下の通りです。やはり泳ぎまわって何でも食べるのが大きな特徴です!

  • 泳ぎまわって何でも食べる
  • 一般的なサメとは違った特徴

まずは「泳ぎまわって何でも食べる」ことです。

深海には餌が少ないため、深海生物の多くは代謝が遅く、動きもゆったりしたものが多いです。一方でカグラザメは自由気ままに泳ぎまわって、さまざまな獲物に襲いかかります。

続いては「一般的なサメとは違った特徴」です。

カグラザメはラブカと同様に、6対のエラを持っています(一般的なサメは5対)。また、背ビレが1基しかなく、尾ビレの近くについていることも特徴的です。エラの数が多い理由はまだよく分かっていません。

Sponsored

「カグラザメ」は食べるとどんな味?

「カグラザメ」は結構美味しい、と評判の深海ザメです。

身は非常に綺麗な白身で、味はカグラザメの見た目に反して結構上品です。悪く言えば淡白なので、フライにして食べるのがオススメです。

なかなか食べる機会はないと思いますが、チャンスがあれば食べてみたい深海ザメと言えます。

とはいえ、もっと美味しい深海魚がたくさんいるので、カグラザメよりもまずそちらにトライしてみてもいいかもしれません!

Sponsored

カグラザメに会える水族館は?

大洗水族館「生きた化石」カグラザメ展示

カグラザメは水深2,000mほどまで潜る深海ザメです。これは私たち人間からすると途方もない深さです。

夜間には浅瀬に上がってくるとはいえ、水族館で飼育することは困難です。そのため、カグラザメを常設展示している水族館は今のところありません。

しかし、これまでに展示実績がある水族館もあります。

技術が進歩して、カグラザメが水族館で常設展示されるようになることを願いましょう。

とにかく生きた深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海ザメ「カグラザメ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました