ツボダイ:見た目は普通?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、見た目は普通でも超美味しい「ツボダイ」について、詳しく解説します。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海魚「ツボダイ」とは?

ツボダイ Japanese boarfish Pentaceros japonicus

「ツボダイ」はスズキ目の魚で、カワビシャ科に属する深海魚の一種です。

和名:ツボダイ
分類:脊索動物門スズキ目カワビシャ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:約 100〜950 m

「ツボダイ」は名前も見た目も、比較的普通の魚です。

本当に深海魚?と思う人もいるかもしれませんが、とても美味しいことが知られています!

どこに住んでいる?

ツボダイは主に太平洋沿岸に生息しており、パラオやハワイでも確認されています。

日本では主に鹿児島県で漁獲されるようです。

生息水深は約100〜950mなので、結構深いところまで潜ることができます。

その中でも比較的多く観られるのは、水深300mほどだと言われています。

どんな生態をしている?

ツボダイは比較的大きな目を持ちます。

深海の中でも200m〜1,000mは、ギリギリ光が届く場所です。この大きな目を使って敵や獲物を探していると考えられています!

そして小さい口を使って獲物を食べます。

ちょこちょこ利用される魚ですが詳しい生態についてはあまり分かってません。

ツボダイの特徴

ツボダイの特徴は以下の通りです。地味な見た目とその美味しさが特徴です!

  • 深海魚らしくない地味な見た目
  • それなのに「とても美味しい」

まずは「深海魚らしくない見た目」です。

ツボダイはれっきとした深海魚ですが、少し目が大きい程度で見た目は地味です…。この見た目が影響して、市場でもあまり目立つことはなく安値で取引されます。

しかし、そのくせに「味は絶品」です。

見つけるのは難しいかもしれませんが、ぜひ手に入れたい深海魚です!

Sponsored

「ツボダイ」は食べると美味しい?

何度も話してきましたが、「ツボダイ」は非常に美味しい深海魚です。

身には旨味としっかりついており、甘みも感じます。

どんな料理にも合いますし、鮮度が良ければ刺身でもいけます!

そんなツボダイですが、市場での流通量はあまり多くありません。「クサカリツボダイ」という別種と混同して販売されることも、かなりあります。

レアものの深海魚です。見かけたら即買いです!

ぼうずコンニャクさんはツボダイを「究極の美味」と紹介しています。

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
Sponsored

ツボダイに会える水族館は?

ツボダイは水深100mほどの割と浅いところにも上がってきます。

そのため水族館では比較的飼いやすいです。

うみの杜水族館」や「美ら海水族館」「竹島水族館」などで展示実績があります!

とにかく深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「ツボダイ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました