「ジュウモンジダコ」:ダンボに似ている深海ダコを解説!

深海生物図鑑

今回は、英語でダンボオクトパスと呼ばれる
「ジュウモンジダコ」について
詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海ダコ「ジュウモンジダコ」とは?

出典:JAMSTEC

「ジュウモンジダコ」はタコの仲間
メンダコ科に属する深海ダコの一種です。
プロフィールはこんな感じ。

名前:ジュウモンジダコ
分類:軟体動物門タコ目メンダコ科
大きさ:約 8〜10 cm
生息水深:500〜1,380 m

深海のタコと言えばメンダコがあまりにも有名
ですが、こちらも可愛らしい見た目。
深海魚好きには結構定番の深海ダコです!

どこに住んでいる?

ジュウモンジダコにはたくさんの種類がおり
現在のところ13種類が報告されています。
世界中の深海で発見されているタコです!

一部の種類は7,000mを超える深海でも
発見されており、最も深い場所に住む
タコとして知られています。

和名が「ジュウモンジダコ」の種類は
小笠原諸島周辺の深海で発見されてます。

どんな生態をしている?

ジュウモンジダコは一生のほとんどを
海底近くで漂って生活し、産卵します。
餌としては甲殻類や二枚貝を食べます。

また、8本の触腕(足の部分)を収縮させて
急加速することができるので
サメなどの捕食者から素早く逃げられます!

Ghostly Grimpoteuthis Octopus Glides By ROV Hercules | Nautilus Live

これはゆったりとしか泳ぐことのできない
メンダコとは違う部分です。

ジュウモンジダコはかなり深いところに
住んでいる深海ダコなので、生態については
まだ分かっていないことがたくさんあります。

ジュウモンジダコの特徴

ジュウモンジダコの特徴は以下の通り。
タコとは思えない特徴もありますね。

  • 「スミ」を吐かない
  • ダンボのような2つの耳

まずは「スミを吐かない」こと。
メンダコと同じく、ジュウモンジダコも
タコなのに墨袋を持っていません。

これは、光のない深海ではスミを使う必要が
無いからです。基本的に深海性のタコは
墨袋を持っていません。

続いて「ダンボのような2つの耳」です。
ジュウモンジダコと言えばやはり耳のようなヒレ。
ヒレのおかげでとても可愛い見た目です。

泳ぐ際にはこのヒレもパタパタと
上下させながら泳ぎ回ります!

スポンサーリンク

「ジュウモンジダコ」は食べると美味しい?

出典:JAMSTEC

結論から言うと「ジュウモンジダコ」
味は未だ謎のままです!食べてみた、という
報告がないので味は分かりません…。

漁獲されるということも稀で
標本としての価値が高いので
食べるのはかなり難しいでしょう。

同じ深海ダコである「メンダコ」は
美味しくないと評判です。笑

もしメンダコの味について知りたい人は
以下の記事を読んでみてください!

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
スポンサーリンク

ジュウモンジダコに会える水族館は?

ジュウモンジダコの生息水深は
約500〜1,380mとかなり深いです。

そのため、水族館で飼育することはかなり困難。
水族館でが観られるのはとても珍しいことで
まだ展示されたという記録はありません。

技術が進歩して、ジュウモンジダコが
水族館で観れることを願いましょう。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海ダコ「ジュウモンジダコ」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従