メンダコ:大人気?味は?水族館で会える?

タキ
タキ

こんにちは、タキです。

今回は、深海ブームの火付け役「メンダコ」について、詳しく解説していきます。

他の深海魚についても画像や動画を交えて紹介しているので、気になる方はぜひチェックしてみてください!

深海生物図鑑
「深海生物図鑑」の記事一覧です。
Sponsored

深海ダコ「メンダコ」とは?

「メンダコ」はタコの仲間で、メンダコ科に属する深海ダコの一種です。

和名:メンダコ
分類:軟体動物門八腕形目メンダコ科
大きさ:約 20 m
生息水深:200 〜 1,000 m

その可愛らしい見た目が話題になり、様々なグッズやイラストで活用されています。

深海魚の代名詞と言ってもいい存在かもしれません。

どこに住んでいる?

メンダコは日本近海の深海に住んでおり、相模湾〜九州の近海で発見されています。生息水深は約200〜1,000mです。

日本の中でよく発見されるのは駿河湾や相模湾です。近くの水族館(主に沼津港深海水族館)で展示されるということもあります。

どんな生態をしている?

メンダコは普通のタコとは違って水を取り込む隙間がかなり小さいので、水を噴射して素速く動き回ったりは出来ません!

水族館でもあまり動かないので、水槽の底でじーっとしていることが多いはずです。泳いでいるメンダコは結構レアです!

これは餌がほとんどない深海で、エネルギーの消費を抑えることにも役立っています。

メンダコ – Flapjack octopus

メンダコはヨコエビなどの小さい甲殻類を食べて生活しています。

人気はとてもありますが、深海性のタコなので生態についてはまだ分かっていないこともたくさんあります。

メンダコの特徴

メンダコの持つ特徴は以下の通りです。タコとは思えない特徴も持っています。

  • 「スミ」を吐かない
  • 脚の半分以上が膜で覆われている

まず一つ目の特徴は「スミを吐かない」ことです。

メンダコはタコなのに墨を吐きません。というかそもそも墨袋を持っていません。

これは、深海という暗い場所ではスミを使う場面が無いからです。ジュウモンジダコもそうですが、深海性のタコは墨袋を持っていない種類が多いです。

続いて「脚の半分以上が膜で覆われている」ことです。

この膜があるせいで脚の自由はあまり効きませんが、代わりに見た目が可愛らしくなっています!

Sponsored

「メンダコ」は食べると美味しい?

結論から言うと「メンダコ」は美味しくないと評判です!

その原因は「におい」です。シンナー系の薬品のようなにおいがして、漁で網にかかるとすぐ分かるほど。身には水分が多く、普段食べているタコのような旨味はほとんどありません…。

食べる機会はほとんどないと思いますが、チャンスがあっても食べなくていいかもしれません。笑

もし詳しい味について知りたい人は、以下の記事を読んでみてください!

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
Sponsored

メンダコに会える水族館は?

メンダコの生息水深は、約200〜1,000mとかなり深くなっています。

そのため、水族館で飼育することはかなり困難です。水族館でメンダコが観られるのはとても珍しいことです。

常設で展示している水族館は今のところありませんが、以下の水族館で展示実績があります。

特に沼津港深海水族館は、卵から孵化させた実績もあります。見られる確率はかなり高いです。

ですが、深海生物の飼育にはまだまだ問題が山積みなので、長期飼育は簡単ではありません。

確実にお目当ての深海魚に出会いたい場合は、事前に水族館に連絡を取ることをオススメします!

とにかく生きた深海魚を観てみたい、という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海ダコ「メンダコ」について詳しく紹介してきました!

ですが、世の中にはまだまだユニークな深海魚がたくさんいます。

様々なテーマで深海魚をまとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は、本を読むのもオススメです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました