「メンダコ」:深海でダントツの人気者を詳しく解説!

深海生物図鑑

今回は、深海ブームの火付け役「メンダコ」
について詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海ダコ「メンダコ」とは?

「メンダコ」はタコの仲間
メンダコ科に属する深海ダコの一種です。
プロフィールはこんな感じ。

和名:メンダコ
分類:軟体動物門八腕形目メンダコ科
大きさ:約 20 m
生息水深:200 〜 1,000 m

その可愛らしい見た目が話題で
様々なグッズやイラストを見かける
ということもかなりたくさんあります。

どこに住んでいる?

メンダコは日本近海の深海に住んでおり
相模湾〜九州の近海で発見されています。
生息水深は約200〜1,000mです。

日本の中でよく発見されるのは
駿河湾や相模湾。近くの水族館で
展示されるということもあります。

どんな生態をしている?

メンダコは普通のタコとは違って
水を取り込む隙間がかなり小さいので
水を噴射して素速く動き回ったりはしません!

水族館でもあまり動かないので
水槽の底でじーっとしているはず。
泳いでいるメンダコは結構レアです!

これは餌がほとんどない深海で
エネルギーの消費を抑えるためです。

メンダコ – Flapjack octopus

餌としてはヨコエビなどの小さい甲殻類を
食べて生活しています。

メンダコは深海性のタコなので
生態についてはまだ分かっていない
ことがたくさんある状態です。

メンダコの特徴

メンダコの特徴は以下の通りです。
タコとは思えない特徴もありますね。

  • 「スミ」を吐かない
  • 脚の半分以上が膜で覆われている

まずは「スミを吐かない」こと。
メンダコはタコなのに墨を吐きません。
というかそもそも墨袋を持っていません。

これは、深海という暗い場所では
スミを使う場面が無いからです。深海性のタコは
墨袋を持っていない種類が多いです。

続いて「脚の半分以上が膜で覆われている」こと。
この膜があるおかげで脚の自由はあまり効きませんが
代わりに見た目が可愛らしくなっています!

スポンサーリンク

「メンダコ」は食べると美味しい?

結論から言うと「メンダコ」は
美味しくないと評判です!

その原因は「におい」です。
シンナー系の薬品のようなにおいがして
漁で網にかかるとすぐ分かるほど。

身には水分が多く、普段食べているタコのような
旨味はほとんどありません…。とはいえ
食べる機会はほとんどないと思います。笑

もし詳しい味について知りたい人は
以下の記事を読んでみてください!

深海のマスコット 「メンダコ」を食べる
友人から「メンダコあげるよ」というメッセージをもらった。数日後、ガチガチに凍ったジップロックが手元に届いた。 (Monsters Pro Shop / 平坂 寛)
スポンサーリンク

メンダコに会える水族館は?

メンダコの生息水深は、約200〜1,000mと
かなり深くなっています。

そのため、水族館で飼育することはかなり困難。
水族館でメンダコが観られるのは
とても珍しいことです。

常設で展示している水族館は今のところ
ありませんが、「沼津港深海水族館」や
名古屋港水族館」「サンシャイン水族館
などで展示実績があります。

特に沼津港深海水族館では
卵から孵化させた実績もあります。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海ダコ「メンダコ」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従