「ザラビクニン」:ブヨブヨした不思議な深海魚を解説!

深海生物図鑑

今回は、ブヨブヨした不思議な深海魚
「ザラビクニン」について
詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海魚「ザラビクニン」とは?

「ザラビクニン」はクサウオ科の仲間
体がゼリーのようになっている深海魚の一種です。
プロフィールはこんな感じ。

名前:ザラビクニン
分類:脊索動物門カサゴ目クサウオ科
大きさ:約 30 cm
生息水深:200〜800 m

ザラビクニンは尼さんを意味する
比丘尼(びくに)が名前の由来。
見た目が可愛いということで結構人気!

どこに住んでいる?

ザラビクニンは日本海やオホーツク海に
生息している深海魚。

生息水深は約200〜800mで、深海の中では
比較的浅い場所に住んでいると言えます。

そのため、底引き網漁などで
漁獲されることもあります!

どんな生態をしている?

ザラビクニンは幽霊のように
ゆらゆらと泳ぐ深海魚です。
泳ぎは比較的ゆったりしています。

ザラビクニン Zarabikuninn Careproctus trachysoma

ザラビクニンの胸ビレの先と下唇の先には
味を感じられる器官が備わっており
海底で逆立ちしながらエサを探しています。

逆立ちしながら探しているエサは
エビなどの甲殻類やイカなどです。

ザラビクニンの特徴

ザラビクニンの特徴は以下の通りです。
ブヨブヨした体が大きな特徴と言えます!

  • ゼラチンのような「ブヨブヨの体」
  • 「味を感じる」胸ビレと下唇の先

まずは「ゼラチンのようなブヨブヨの体」です。
クサウオ科の魚のほとんどが
同じような体の形と質感を持っています。

このような水分の高い体は
水圧対応に適している体と言えます。

英語ではSnailfish(カタツムリの魚)と
その特徴が分かる名前で呼ばれています!

続いては「味を感じる胸ビレ」です。
ザラビクニンのあごの部分にはいくつかの
ヒゲのような器官があります。

これは胸ビレが発達した器官で
味を感じることができるので、ザラビクニンは
海底にあごをつけながらエサを探します!

スポンサーリンク

「ザラビクニン」は食べると美味しい?

結論から言うと「ザラビクニン」は
美味しいとは言えない…
という評価です。

生息水深がそこまで深くないので
漁獲されることもありますが
基本的には捨てられてしまう深海魚です。

クサウオ科の魚の中には食用利用される
種類もいますが、肉がブヨブヨしていて
基本的にはあまり美味しくないとされています。

もし、美味しい深海魚が知りたい!
という方はこちらの記事をご覧ください。

スポンサーリンク

ザラビクニンに会える水族館は?

ザラビクニンの生息水深は
約200〜800mとそこまで深くありません。

そのためザラビクニンに出会える水族館も
いくつかあります。展示実績があるのは
アクアマリンふくしま」や「魚津水族館

特にアクアマリンふくしまは
ビクニン系の展示が豊富なのでオススメ!

ただ、深海生物は長期飼育が難しいため
必ず出会えるというわけではありません。
その点はご注意ください。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海魚「ザラビクニン」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従