「ラブカ」:TOKIOが捕まえた深海魚?食べると美味しい…?

深海生物図鑑
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は、TOKIOが捕まえたことで
一躍有名になった深海サメ「ラブカ」
について詳しく解説したいと思います。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海魚「ラブカ」とは?

「ラブカ」はサメの仲間
ラブカ科に属する深海ザメの一種です。
プロフィールはこんな感じ。

和名:ラブカ
分類:脊索動物門カグラザメ目ラブカ科
大きさ: 最大約 2 m
生息水深:120 〜 1,280 m

原始的なサメの特徴を持っている
ということで「生きた化石」と呼ばれることも。

「鉄腕!ダッシュ!!」というTOKIOの番組の中で
捕獲され、とても話題になりました。
それぐらい珍しい生き物だということです。

どこに住んでいる?

ラブカの分布域は意外と広く
大西洋・太平洋全域で発見されています。

もちろん日本でも捕獲される魚で
詳しい発見地域は以下の図の通りです。

出典:Wikipedia

日本の中でよく発見されるのは
駿河湾や相模湾。近くの水族館で
展示されるということもしばしば。

どんな生態をしている?

ラブカは基本的には海底付近で生活しますが
日周鉛直運動をすると考えられています。

日周鉛直運動とは1日の間で生息深度を
大きく変化させる運動のこと。昼間は深海に
夜間は浅瀬に上がってくると考えられています。

また、動きは意外とゆったりで
ウナギのように体をくねらせながら泳ぎます。

餌は自分より小さいサメや他の魚たち
駿河湾の個体はイカをよく食べています。

ラブカの特徴

ラブカにはどんな特徴があるのでしょうか?
それは以下の通りです。

  • 妊娠期間が長い
  • 原始的なサメの特徴を持つ
  • 実は以前から漁獲されていた

まずは「妊娠期間が非常に長い」こと。
ラブカの妊娠期間はなんと3年半。
他の脊椎動物と比べてかなり長いです。

そのため、漁獲されすぎてしまうと
資源量が一気に減ってしまう可能性があります。

続いて「原始的なサメの特徴がある」こと。
通常のサメはエラの穴が5対なんですが
ラブカには6対のエラ穴があります。
また、口が前についているのもラブカの特徴。

実はラブカは「以前から漁獲されていました」
しかし、見た目が恐ろしくて縁起が悪い
ということで捨てられていました。

しかし、最近の深海魚ブームによって
深海魚の認知度が高まったことで
標本が集まるようになってきています!

スポンサーリンク

深海魚「ラブカ」は食べると美味しい?

実は「ラブカ」意外と美味しいと評判なんです。
もちろん食べる機会なんてほぼ無いですが
知っておいて損は無い情報だと思います!

こちらの動画では実際にラブカをさばき
身だけでなく肝や他の内臓も調理しています。
ぜひご覧ください!

【深海魚】生きた化石!幻のサメ『ラブカ』をさばいて食べてみた【料理】 How to cook FRILLED SHARK!!

僕がいた研究室の教授も「美味かった」
と言っていたので本当に美味しいはず。
僕もいつか食べてみたいですね…。

スポンサーリンク

ラブカに会える水族館は?

ラブカの生息水深は、約120〜1,280mと
かなり深くなっています。

そのため、水族館で飼育することはかなり困難。
水族館でラブカが観られるのは
とても珍しいことです。

常設で展示している水族館は今のところ
ありませんが、「沼津港深海水族館」や
串本海中公園水族館」で展示実績があります。

とにかく深海魚を観てみたい
という方はこちらの記事をご覧ください!

もっと深海魚が観たい人にオススメ

今回は深海サメ「ラブカ」について
詳しく紹介してきました!
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

様々なテーマで深海魚を
まとめているのでこちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従