【まるでブラックホール】光のほぼ100%を吸収する深海魚

深海とは?

先日、スミソニアン博物館の研究チームが
真っ黒な深海魚の光反射について
面白い研究結果を発表しました。

内容としては深海魚の黒い皮膚が
光の99.9%以上を吸収する
というもので
まるでブラックホールのようだと述べています。

スポンサーリンク

「深海魚が99%の光を吸収する」研究結果の概要は?

まず、研究が始まる前のことですが
研究者は黒い深海魚の写真を撮影した際に
細かい部分が上手く撮れないことに気づきました。

カメラの品質は高く、照明の問題でもなかった
ことから深海魚の黒い皮に興味を持ったようです。

そこで黒い深海魚の皮膚を調べたところ
光の約99.5%以上を吸収することがわかりました。
これは黒い紙や新品のタイヤより黒い色です。

研究では、非常に黒い深海魚を16種発見し
最も光を吸収する種類の吸収度は99.9%を
超えていたといいます。

研究者は「まるでブラックホールのようだ」
とその黒さを例えていました。

ですが、深海ってそもそも暗いんじゃないの?
そんなに黒くて意味あるの?
と持った人もいるかもしれません。

なので、黒い紙や新品のタイヤよりも皮膚が黒い
そのメリットを紹介しますが
まず深海の定義から振り返ります。

スポンサーリンク

どこからが深海?光は届くの?

一般に深海というのは水深200mよりも
深い場所のことを言います。
そして
そこで生活する魚を一般的に深海魚と呼びます。

また、深海にも光は届きますが最大1,000mほど。
この深さを超える場所に光は届きません。

しかも今回分析を行った種類の深海魚は
かなり深い場所に住んでいる深海魚ばかり。

こんなに色が黒く、光を吸収することに
意味はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

深海魚が光を吸収するのには大きな意味がある

まず結論から言うと「意味はあります」
その理由は、深海には生物発行を行う生物が
たくさん存在しているから。

生物発光とは、生き物が自分自身あるいは
微生物を利用して光を発することです。

生物発光にはいくつかの理由が
考えられています。

  • 光に寄ってくる生物を捕食する
  • 光を使って敵を見つける
  • 太陽の光をカモフラージュする
  • 仲間とコミュニケーションをとる

このように、様々な要因で
発光を行う生物が深海には多いです。

これらのあらゆる発光から逃れるために
黒くて光を吸収する皮膚が役に立ちます。

生存競争に非常に有利だというわけです。

この特徴によって、どんな光があろうとも
敵に見つかることなく生活することができます!

深海魚はどうやって光を吸収する?

では、深海魚はどうやって
光を吸収しているのでしょうか?

詳しいメカニズムは難しいので
ここでは紹介しませんが、簡単にいうと
光を吸収するメラノソームと呼ばれる色の細胞が
独特の方法で分布していることに由来しています。

メラノソームの配置方法やサイズ、形などが
光を吸収するのにとても効率よく
並べられているというわけです。

この結果は産業に活かすことができる?

今回の結果はウルトラブラックマテリアル
と呼ばれる、超黒色の材料を製造することに
活かせる可能性を秘めています。

光学機器などに用いられるこの材料は
非常にデリケートで製造には
大きなコストがかかります。

深海魚の皮膚にあるような構造を参考にして
より安価に光を吸収できるようになったり
材料が壊れにくくなったり。

生物の持つ特徴を産業に活かして
私たちの生活がさらに豊かに
なっていくかもしれません。

参考Scientists Discover How Deep-Sea, Ultra-Black Fish Disappear

深海魚に出会える水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
深海魚に出会える水族館もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

深海魚に関して、様々なテーマで
まとめているのでこちらからどうぞ!

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従