深海に住むアナゴ5選:細長い深海魚たち

深海魚
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は「深海に住むアナゴ類について知りたい!」
というあなたに、深海アナゴ達を紹介します。

深海に住んでいるアナゴ達は
美味しい種類もいて意外と身近です。
もしかしたら気づかずに食べているかも?

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海のアナゴ①「コンゴウアナゴ」

和名:コンゴウアナゴ
分類:脊索動物門ウナギ目ホラアナゴ科
大きさ:最大 60 cm
生息水深: 365〜2,620m

まず紹介するのは「コンゴウアナゴ」
おちょぼ口がチャームポイントで
キモカワイイ見た目をしているアナゴです。

日本近海を含め、南アフリカ沖や
ハワイでも捕獲されています。

コンゴウアナゴは腐肉食性で
死骸や弱った生き物に群がります。
深海の掃除屋として活躍しています。

食用とされることはほぼありませんが
味はそこまで悪くないようです。
見かけたらトライしてみたいですね!

スポンサーリンク

深海のアナゴ②「ホラアナゴ」

和名:ホラアナゴ
分類:脊索動物門ウナギ目ホラアナゴ科
大きさ:約 1 m
生息水深:290〜2,400m

続いてのアナゴは「ホラアナゴ」
オキアナゴとはうって変わって
深海魚らしい怖い顔つきをしています。

太平洋沿岸などに広く分布しており
アナゴらしくない大きな口を持って
深海の餌に群がっている様子が確認されています。

こんな見た目をしていますが
味は結構いけます。
蒲焼きにすると美味しい
と評判なので機会があれば是非!

スポンサーリンク

深海のアナゴ③「イラコアナゴ」

和名:イラコアナゴ
分類:脊索動物門ウナギ目ホラアナゴ科
大きさ:約 1 m
生息水深: 230〜3,200m

続いて紹介するのは「イラコアナゴ」
ホラアナゴと同じ科に属しており
見た目もほとんど同じですが違う種類です。

こちらもホラアナゴと同様に
蒲焼きにすると美味しいです。

そのためスーパーなどで「穴子の蒲焼き」
として販売されていることもあります。

もしかすると、気づかないうちに
食べているかもしれません!
原材料のところをチェックしてみましょう。

深海のアナゴ④「ミナミアナゴ」

ミナミアナゴ | 魚類 | 市場魚貝類図鑑
「ミナミアナゴ」の生息域や生態などの基本情報から地方名・食べ方・料理方法・料理例・加工品などを写真付きで解説。「市場魚貝類図鑑」は水産物関連著書多数のぼうずコンニャク主宰。掲載種は2500種以上。

↑写真が無かったので
ぼうずコンニャクさんのHPを載せときます!

和名:ミナミアナゴ
分類:脊索動物門ウナギ目アナゴ科
大きさ:約 60 cm
生息水深: 300〜535m

続いて紹介するのは「ミナミアナゴ」
イラコアナゴやホラアナゴより生息水深が浅く
見た目はマアナゴに近い魚です。

千葉県以南の太平洋沿岸に生息し
底引き網漁に混ざってくることがあります。

ですが、産地でも食用とはされておらず
味はあまりよくないようです。
脂が少なく、旨味がないアナゴです。

深海のアナゴ⑤「オキアナゴ」

和名:オキアナゴ
分類:脊索動物門ウナギ目アナゴ科
大きさ:最大 約50cm
生息水村: 150〜830m

最後に紹介するのは「オキアナゴ」
見た目はそこまで深海魚っぽくなく
普通に食べれそうじゃないでしょうか?

日本近海に広く分布しており
底引き網漁などに混ざって獲れる魚。

食用としての認知度は低いですが、食べられます!
ただ、皆さんが普段食べるマアナゴより
小骨が多く、脂が少ないです。

そのため天ぷらなどにして
食べるのが美味しい魚です。

様々な深海生物に出会える水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
「深海魚に出会える水族館」もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「深海に住んでいるアナゴたち
というテーマで深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従