深海に住むウナギ6選+3:ウナギとは思えない見た目?

深海生物まとめ
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は「深海に住むウナギ類について知りたい!」
というあなたに、深海ウナギ達を紹介します。

深海に住んでいるウナギ達は
見た目が非常に独特で面白い

ということで結構人気があります。

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海のウナギ①「フクロウナギ」

Watch this eel inflate its head like a balloon

和名:フクロウナギ
分類:脊索動物門フクロウナギ目フクロウナギ科
大きさ:最大 100 cm
生息水深:550〜3,000 m

口が大きく開く「フクロウナギ
いかにも深海魚らしい見た目です。

フクロウナギはフウセンウナギ目の
フウセンウナギ科に属する深海魚。

温帯〜熱帯域の世界中の海に生息し
日本でも太平洋側で結構発見されます。

大きな獲物を食べられそうな口ですが
普段食べているのは小型の甲殻類。
意外と小さいものが好きなようです。

動画野中で口を膨らませる様子を
観察することができます!

スポンサーリンク

深海のウナギ②「フウセンウナギ」

和名:フウセンウナギ
分類:脊索動物門フウセンウナギ目フウセンウナギ科
大きさ:約 60〜160 cm
生息水深:2,000〜4,000 m

続いての深海ウナギは「フウセンウナギ」
こちらも口を大きく膨らませる
ことができるウナギです。

フウセンウナギはフウセンウナギ目
フウセンウナギ科に属する魚の総称。
実は全部で11種類もいます。

フクロウナギよりも比較的深い場所に
生息しており、形も微妙に違います。

背びれの位置も違ったりしますが
なかなかすぐ見分けるのは難しいかも!

スポンサーリンク

深海のウナギ③「シギウナギ」

和名:シギウナギ
分類:脊索動物門ウナギ目シギウナギ科
大きさ:最大 1.4 m
生息水深:300〜2,000 m

続いての深海ウナギは「シギウナギ」
先ほどとは大きく変わって
可愛らしい口を持っている深海魚です。

シギウナギはウナギ目のシギウナギ科に
属しており、よりウナギに近いと言えます。

世界中の暖かい海に生息しており
ゆったりと漂っていることが多いです。

細長い顎をエビなどの甲殻類に引っ掛けて
捕食することが知られています。

体はとても細長いです!

Youtubeではシギウナギを
調理している人もいます。

まるで恐竜時代にいそうな珍しい魚を漁師さんからもらったので食べてみます!!!

深海のウナギ④「ノコバウナギ」

和名:ノコバウナギ
分類:脊索動物門ウナギ目ノコバウナギ科
大きさ:最大 65 cm
生息水深:200〜1,800 m

続いての深海ウナギは「ノコバウナギ」
こちらもかなり細長いウナギです。

ノコバウナギはウナギ目ノコバウナギ科に
属しており、こちらもウナギに近いです。

日本でも普通に見られる深海魚で
シギウナギよりもちょっと怖い顔を
しているウナギです。

その名の通りノコギリのような
歯がズラーっと並んでおり

獲物を捕らえるのに利用します。

深海のウナギ⑥「ヤバネウナギ」

出典:Wikipedia

和名:ヤバネウナギ
分類:脊索動物門ウナギ目タンガクウナギ科
大きさ:約 15 cm
生息水深:800〜2,000 m

続いての深海ウナギは「ヤバネウナギ」
体の後ろが矢羽のようになっている
不思議な形のウナギです。

世界の全海洋に生息しており
日本では九州南東海域と小笠原諸島海域で
捕獲されたという記録があります。

口はクチバシのようになっており
ヤスリ状の小さい歯があります。

生態はほぼ分かっていません
幼生は体がとても高い
不思議な見た目をしています。

深海のウナギ⑥「タンガクウナギ」

出典:Wikipedia

和名:タンガクウナギ
分類:脊索動物門ウナギ目タンガクウナギ科
大きさ:16 cm
生息水深:2,000 m以深

最後の深海ウナギは「タンガクウナギ」
太平洋と大西洋に分布しており
15種類ほどが報告されています。

しかし、どの種も非常に珍しく
情報はほとんどないと言っていいです。

上顎に骨が無いことから
単顎(タンガク)という名前がつきました。

かなり深い場所での捕獲が多く
目はほとんど退化しています。

日本では「オザワタンガクウナ」ギという
種類が報告されていますが
非常に珍しくこちらも情報はほぼ無いです!

ウナギじゃない?「ヌタウナギ」

名前:ヌタウナギ
分類:脊索動物門ヌタウナギ目ヌタウナギ科
大きさ:約 60〜80 cm
生息水深:水深 数百〜1,000 m

続いてはウナギではない「ヌタウナギ」
名前や見た目はウナギに似ていますが
ウナギとはかなり遠い生き物です。

ヌタウナギも深海に住んでおり
死んだ生き物の肉を食べる「スカベンジャー」
クジラの死骸に集まる様子はなんとも恐ろしい。

「ヌタウナギ」は敵に襲われた時に放出する
ヌタが注目されています。
もしかしたら保湿のために美容に使われるかも?

「ヌタウナギ」はよく水族館で見られます!
ほとんど動かないことが多いですが…。

他に「ムラサキヌタウナギ」
  「クロヌタウナギ」
  「ホソヌタウナギ」などもいます!

ウナギじゃない?「ヤツメウナギ」

名前:ヤツメウナギ
分類:脊索動物門ヤツメウナギ目
大きさ:約 13〜100 cm(種類による)
生息水深:深海魚ではない

続いてはウナギではない「ヤツメウナギ」
こちらもウナギとはかなり遠い生き物で
実は深海魚でもありません。

淡水を中心に生息しており
日本には4種類のヤツメウナギがいます。
そのうち「カワヤツメ」と「スナヤツメ」は
食用利用もされています!

しかし、ウナギでは無いので
味はウナギとは全く違います。

ヤツメウナギとヌタウナギ類は顎を持たないため
無顎類と呼ばれ、その特徴から「生きた化石」
と称されることもあります。

ウナギじゃない?「デンキウナギ」

名前:デンキウナギ
分類:脊索動物門デンキウナギ目デンキウナギ科
大きさ:約 2.5 m
生息水深:深海魚ではない

こちらもウナギではない「デンキウナギ」
ウナギと名前に入っていますがこちらも
ウナギとは別の仲間に分類されます。

デンキウナギは知っている人も多いはず。
ワニを感電死させたこともある
非常に恐ろしい生き物だと言えます。

喉からお腹の部分にかけて
皮膚がオレンジ色になっているのが特徴的。

水族館でも良く見られる生き物ですが
じっとしていることが多く
素通りされているところをよく目撃します…。

深海魚に出会える水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
深海魚に出会える水族館がたくさんあります。

ここで紹介したウナギ達の飼育は
まだ難しいですが、ヌタウナギは
結構多くの水族館で飼育されています!

ぜひ実際に訪れて、動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「深海に住んでいるウナギ
というテーマで深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従