深海のイソギンチャク8選:深い海の底にも綺麗な姿が!

深海とは?
タキ
タキ

こんにちは
自称「水族館ジャーナリスト」のタキです。

今回は「深海に住むイソギンチャク類」
について知りたい!というあなたに
深海イソギンチャク達を紹介します。

深海のイソギンチャクと聞いても
あまりイメージが湧かない人も多いはず。
浅い場所のものと違うのか?
確認してみてください!

後半には深海魚兼水族館好きの僕が
深海魚に出会える水族館も紹介しているので
ぜひ水族館にも行ってみてください。

スポンサーリンク

深海のイソギンチャク①「ハエジゴクイソギンチャク」

和名:ハエジゴクイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目クラゲイソギンチャク科
大きさ:約 7〜15 cm
生息水深:1,000〜6,000 m

続いて紹介するのは
「ハエジゴクイソギンチャク」
見た目が食虫植物のようです。

見た目だけではなく捕食の方法も
食虫植物とほぼ同じです。

獲物が来たら大きな触手を閉じて
獲物に毒のトゲを刺して麻痺させます。
そしてゆっくりと獲物を食べていきます!

バハマ沖のクラゲイソギンチャクの仲間は
発光する粘液を放つことができます。
この光で敵を混乱させて撃退します。

この粘液は敵にしっかりと粘着し
明るく輝くので、襲ってきた敵は
自分の敵に見つかりやすくなってしまいます。

スポンサーリンク

深海のイソギンチャク②「ダーリアイソギンチャク」

和名:ダーリアイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目ダーリアイソギンチャク科
大きさ:20〜30 cm
生息水深: 300〜1,000m

まず紹介するのは「ダーリアイソギンチャク」
ダリアの花のような見た目ということで
この名前がつけられました。

深海のイソギンチャクと言えば
ダーリアイソギンチャク。
深海魚本に掲載されることも多いです!

普通のイソギンチャクは岩に固着して
生活していますが、ダーリアイソギンチャクは
岩にくっついたりしません。

深海の深い底で、転がりながら移動します。
なんとも原始的なイソギンチャクです。
体は柔らかくて職種も剥がれやすい。

スポンサーリンク

深海のイソギンチャク③「セトモノイソギンチャク」

和名:セトモノイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目セトモノイソギンチャク科
大きさ:約 20 cm
生息水深: 200 m以深

続いて紹介するのは「セトモノイソギンチャク」
オレンジっぽい色をした深海イソギンチャク。

このイソギンチャクは
ダーリアイソギンチャクとは違って
岩に張り付いて生活を行います。

沼津港深海水族館で飼育されているので
興味がある人は水族館に行きましょう!

深海のイソギンチャク④「フウセンイソギンチャク」

泳ぐイソギンチャクを見てポカーン( ゚д゚)とする魚さん

和名:フウセンイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目セトモノイソギンチャク科
大きさ:約 20 cm
生息水深:200 m以深

続いて紹介するのは「フウセンイソギンチャク」
毛形が瀬戸物に似ているということで
セトモノイソギンチャク科という分類になってます。

フウセンイソギンチャクを水を吸い込み
風船のように膨らむことができるので
この名前がつきました。

ただ、どんな時に水を吸い込むのか
というのはよく分かっていません。

深海のイソギンチャク⑤「ワタゾコイソギンチャク」

種類:ワタゾコイソギンチャク科の一種
分類:刺胞動物門イソギンチャク目ワタゾコイソギンチャク科
生息水深:最大 10,730 m

続いて紹介するのは
「ワタゾコイソギンチャクの一種」
最も深い場所にいるイソギンチャクです。

種類までは不明ですが
ワタゾコイソギンチャクの一種が
水深10,730mで発見されています。

地球上で最も深いのがマリアナ海溝で
約10,900mなので、かなり深い場所に
生息していることが分かります。

深海のイソギンチャク⑥「コイボイソギンチャク」

和名:コイボイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目ウメボシイソギンチャク科
大きさ:約 15 cm
生息水深:100 m以深

続いて紹介するのは「コイボイソギンチャク」
名前の通り小さいイボがついている
深海イソギンチャクです。

このイソギンチャクは食用にもなる
意外と美味しいイソギンチャクです。
日本海の底引き網やカゴ漁で取れます。

島根県や鳥取県の一部で
密かに食べられていましたが
最近は数が減っているそうです。

深海のイソギンチャク⑦「ドフラインイソギンチャク」

和名:ドフラインイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目エクソコエラクティス科
大きさ:約 20 cm
生息水深: 200 m以深

続いて紹介するのは「ドフラインイソギンチャク」
このイソギンチャクは幻のイソギンチャク。

見た目は普通のイソギンチャクと
あまり変わりませんが、110年以上も
発見されていなかったイソギンチャクです。

それだけ珍しいイソギンチャクなので
生態についてはほぼ分かっていません!

深海のイソギンチャク⑧「ヨツバカワリギンチャク」

和名:ヨツバカワリイソギンチャク
分類:刺胞動物門イソギンチャク目
大きさ:約 5 cm
生息水深:約 300 m

最後に紹介するのは「ヨツバカワリギンチャク」
ヨツバのような形で触手が生えている
深海イソギンチャクです。

まだ研究が進んでおらず、どの形態が
典型的なヨツバカワリギンチャクなのか
ということも分かっていません!

様々な深海生物に出会える水族館

深海魚大国かつ水族館大国である日本には
「深海魚に出会える水族館」もあります。

ぜひ実際に訪れて、実際に動き回る姿を観て
楽しんでみてください。
そして水族館の魅力を感じてください。

この中でも特に深海魚で有名なのは
静岡県の「沼津港深海水族館」
愛知県の「竹島水族館」

迷ったらこちらに行ってみてください。
特に沼津港では深海魚を食べることも…。
詳しくはこちらの記事をどうぞ!

深海魚はまだまだ不思議がいっぱい

今回は「深海に住んでいるイソギンチャク
というテーマで深海魚を紹介してきました。
ですが、まだまだ様々な深海魚がいます。

他のテーマについてもまとめているので
こちらからどうぞ。

もっと深海魚について知りたい方は
本を読むのもオススメ。

ぜひ、深海魚をもっと楽しんでみてください。
では、また。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
//スマホ目次追従